Amazon Rekognition Image の料金

Amazon Rekognition Image では、機械学習の専門知識を必要とせずに、実績のある高度にスケーラブルな深層学習テクノロジーを使用して、アプリケーションに画像分析を簡単に追加できるようになります。Amazon Rekognition Image では、実際に使用した分のみ料金が発生します。初期費用や最低利用料金はかかりません。Amazon Rekognition Image では、2 種類の料金があります。画像分析の料金と顔メタデータストレージの料金です。

画像分析: Amazon Rekognition 画像は API を使用して画像を分析するたびに料金を請求します。単一の画像に対する複数の API の実行は、複数画像の処理としてカウントされます。使用量は、1 か月あたりに処理された画像の量に関連付けられた段階制価格モデルに基づいて請求されます。Amazon Rekognition Image API は、料金が異なる 2 つのグループに分類されます。

グループ 1: CompareFaces、IndexFaces、SearchFacebyImage、SearchFaces API
グループ 2: DetectFaces、DetectModerationLabels、DetectLabels、DetectText、RecognizeCelebrities、DetectProtectiveEquipment API

顔メタデータのストレージ: 顔検索を有効にするには、Amazon Rekognition が顔の一致を検索できるように、顔メタデータオブジェクトのリポジトリを保存しておく必要があります。ストレージ料金は月ごとに課金され、1 か月未満の料金は日割りで計算されます。

無料利用枠

AWS の無料利用枠の一環として、Amazon Rekognition Image を無料で開始していただけます。無料利用枠は 12 か月ご利用になれます。

画像分析: 無料利用枠期間中は、グループ 1 およびグループ 2 の API で、それぞれ 1 か月に 5,000 枚の画像を無料で分析することができます。

顔メタデータのストレージ: 無料利用枠の期間中、1 か月あたり 1,000 枚の顔メタデータオブジェクトを無料で保存できます。

料金表

画像分析

顔メタデータのストレージ

顔メタデータのストレージ       

1 か月あたり 0.00001 USD / 顔メタデータ*

*ストレージ料金は月ごとに課金され、1 か月未満の料金は日割りで計算されます。

料金の例

料金の例 1 – ベーシックラベル検出

アプリケーションで、ラベル検出の必要な画像が 1 か月に 250 万枚分析されるとします。Amazon Rekognition の DetectLabels API を使用して、この 250 万枚の画像を分析します。

Group 2 API (DetectLabels) で処理される画像の合計枚数は、250万枚です

Group 2 API を使用して 250 万枚を処理するコスト

コストタイプ

料金

使用料金

最初の 1,000,000 ページ

画像あたり 0.0010 USD

1,000,000 枚の画像 × 0.0010 USD/画像 = 1,000 USD

次の 1,500,000 画像

画像あたり 0.0008 USD

1,500,000 枚の画像 × 0.0008 USD/画像 = 1,200 USD

    合計: 2,200 USD
料金の例 2 – 複数の API と顔検出

アプリケーションで、DetectLabels API を使用して、300 万枚の画像が分析されるとします。その後、同月中に、IndexFaces API を使用して 100万個の顔のコレクションを作成し、顔コレクションで SearchFacesbyImage API を使用して 300 万件の検索を行います。

グループ 1 API (IndexFaces、SearchFacesbyImage)で処理される画像の合計数は 400万枚です。

Group 2 API (DetectLabels) で処理される画像の合計枚数は、300万枚です。

Group 1 API を使用して 400 万枚を処理するコスト

コストタイプ

料金

使用料金

最初の 1,000,000 ページ

画像あたり 0.0010 USD

1,000,000 枚の画像 × 0.0010 USD/画像 = 1,000 USD

次の 3,000,000 画像 

画像あたり 0.0008 USD

3,000,000 枚の画像 × 0.0008 USD/画像 = 2,400 USD

顔メタデータストレージのコスト = 100 万個の顔メタデータオブジェクト × 月額 0.00001 USD/顔 = 10 USD。

Group 2 API を使用して 300 万枚を処理するコスト

コストタイプ

料金

使用料金

最初の 1,000,000 ページ

画像あたり 0.0010 USD

1,000,000 枚の画像 × 0.0010 USD/画像 = 1,000 USD

次の 3,000,000 画像 

画像あたり 0.0008 USD

2,000,000 枚の画像 × 0.0008 USD/画像 = 1,600 USD

    合計: 2,600 USD

総費用 = 3,400 USD + 10 USD + 2,600 USD = 6010 USD

料金の例 3 – 複数の API と顔検出

アプリケーションで、1,000 万個の顔のコレクションが作成されるとします。その後、同月中に、作成した顔コレクションで 5,500 万回の検索を実行し、15 日後に削除します。さらにその後、4,000 万枚の画像を分析してラベルを検出し、画像からテキストを抽出します。

このシナリオでは、最初に 1,000 万回の IndexFaces API を行って顔コレクションを作成し、5,500 万回の SearchFaces API コールを実行して顔検索を行います。その後、4,000 万回の DetectLabels API コールを実行してラベルを検索し、4,000 万回の DetectText API コールを実行してテキストを抽出します。

グループ 1 API (IndexFaces、SearchFaces)で処理される画像の合計数は 6,500 万枚です。

グループ 2 API (DetectLabels、DetectText)で処理される画像の合計数は 8,000 万枚です。

Group 1 API を使用して 6,500 万枚を処理するコスト

コストタイプ

料金

使用料金

最初の 1,000,000 ページ

画像あたり 0.0010 USD

1,000,000 枚の画像 × 0.0010 USD/画像 = 1,000 USD

次の 4,000,000 ページ 

画像あたり 0.0008 USD

4,000,000 枚の画像 x 0.0008 USD/画像 = 3,200 USD

次の 30,000,000 ページ 

画像あたり 0.0006 USD

30,000,000 枚の画像 x 0.0006 USD/画像 = 18,000 USD

次の 30,000,000 ページ 

画像あたり 0.0004 USD

30,000,000 枚の画像 x 0.0004 USD/画像 = 12,000 USD

    合計: 34,200 USD

顔メタデータストレージのコスト = 1,000 万個の顔メタデータオブジェクト x 月額 0.00001 USD/顔 x 0.5 か月 = 50 USD。

Group 2 API を使用して 8,000 万枚を処理するコスト

コストタイプ

料金

使用料金

最初の 1,000,000 ページ

画像あたり 0.0010 USD

1,000,000 枚の画像 × 0.0010 USD/画像 = 1,000 USD

次の 4,000,000 ページ 

画像あたり 0.0008 USD

4,000,000 枚の画像 x 0.0008 USD/画像 = 3,200 USD

次の 30,000,000 ページ 

画像あたり 0.0006 USD

30,000,000 枚の画像 x 0.0006 USD/画像 = 18,000 USD

次の 45,000,000 画像 

画像あたり 0.00025 USD

45,000,000 枚の画像 × 0.00025 USD/画像 = 11,250 USD

    合計: 33,450 USD

総費用 = 34,200 USD + 50 USD + 33,450 USD = 67,700 USD

Amazon Rekognition Video の料金

Amazon Rekognition Video には 2 種類の料金があります。

ビデオ分析: Amazon Rekognition Video は、当社の API を使用して実行されたビデオ分析に対して、料金を請求します。ビデオ内の同じセクションに複数の API 呼び出しを行った場合、各 API に対して個別に料金が発生します。Amazon Rekognition は、Amazon S3 に保存されているビデオや、Kinesis Video Streams からライブストリーミングされたビデオを分析することができます。

顔のメタデータのストレージ: 顔検索を有効にするには、Amazon Rekognition が顔の一致を検索できるように、顔メタデータのリポジトリを保存しておく必要があります。ストレージ料金は月ごとに課金され、1 か月未満の料金は日割りで計算されます。

料金表

保存されたビデオの分析

メディア分析

ライブストリーミングビデオ分析

顔メタデータのストレージ       

1 か月あたり 0.00001 USD / 顔メタデータ**

**ストレージ料金は月ごとに課金され、1 か月未満の料金は日割りで計算されます。

無料利用枠

AWS の無料利用枠の一環として、Amazon Rekognition Video を無料で開始していただけます。無料利用枠は 12 か月間ご利用いただけます。ひと月あたり 1,000 分の動画を分析できます。Amazon Rekognition Video の無料利用枠には、ラベル検出、コンテンツのモデレーション、顔検出、顔検索、有名人の認識、テキスト検出、人物の動線の検出が含まれます。

料金例

例 1 – 保存されたビデオの分析

お使いのアプリケーションで、毎月、ラベル検出とショット検出を使って Amazon S3 に保存されている 100,000 分のビデオを、およびコンテンツのモデレーションを使って米国東部 1 リージョンにある 50,000 分のビデオを分析した場合の例です。

特徴

料金

使用料金

ラベル検出

0.10 USD/分

100,000 分/月 x 0.10 USD/分 = 10,000 USD/月 (継続)

ショット検出

0.05 USD/分

100,000 分/月 x 0.05 USD/分 = 5,000 USD/月 (継続)

コンテンツのモデレーション

0.10 USD/分

50,000 分/月 x 0.10 USD/分 = 5,000 USD/月 (継続)

例 2 – ライブストリーミングビデオの分析

お使いのアプリケーションで、顔検索を使って、AWS 米国西部 2 リージョンにある Kinesis Video Streams からライブストリーミングされた 50,000 分のビデオを分析した場合の例です。

特徴

料金

使用料金

顔検索

0.12 USD/分

50,000 分/月 x 0.12 USD/分 = 6,000 USD/月 (継続)

Amazon Rekognition カスタムラベルの料金

Amazon Rekognition カスタムラベルを使用して、ビジネスニーズに合わせた画像の物体やシーンを特定できます。Rekognition カスタムラベルの使用には、2 種類の料金があります。

トレーニング時間
Amazon Rekognition カスタムラベルを使用してカスタムモデルを構築する際には、トレーニング時間あたりの料金が発生します。Amazon Rekognition カスタムラベルは、モデルをもっと高速にトレーニングするために複数のコンピューティングリソースを並行して実行することがあります。つまり、請求される時間数はモデルのトレーニングに費やされた実際の経過時間よりも大きくなる場合があります。モデルのトレーニングに必要なトレーニング時間数は、トレーニングセットの画像数やラベル数、モデルのトレーニングに使用される機械学習アルゴリズムのタイプなどの要因に左右されます。一般論ですが、モデルの 90% のトレーニングは 24 時間未満で終わります。トレーニング時間が 72 時間を超えるモデルは自動的に終了されます。自動終了したトレーニングで請求されることはありません。

たとえば、トレーニングが午後 4:00 に開始し、午後 8:30 に終了し、Amazon Rekognition カスタムラベルが 2 つのリソースを並行使用してモデルのトレーニング時間を短縮したと想定します。請求される合計のトレーニング時間は、9 時間 (4.5 時間の経過時間 x 2 個のリソース) になります。

推論時間
カスタムモデルをトレーニングした各時間に対して、画像処理のために利用できるコストがあります。1 時間に処理できる画像の数は、多くの要素に応じて決まります。たとえば、処理される画像のサイズやカスタムモデルの複雑さなどです。Amazon Rekognition カスタムラベルでは、画像をより迅速に処理するために並行して複数のコンピューティングリソースを実行する場合があります。つまり、請求される時間数はカスタムモデルのトレーニングに費やす実際の経過時間数よりも多い場合があります。

たとえば、午後 2:00 にカスタムモデルの推論を開始し、午後 5:00 に終了し、画像を処理するのに、並行して 2 つのリソースをプロビジョニングするために使用したとします。請求される合計の推論時間は、6 時間 (3 時間の経過時間 x 2 個のリソース) になります。

画像をバッチで処理する場合 (1日1週間または1週間に1回、または日中の予定時刻に)、予定時刻にカスタムモデルをプロビジョニングし、すべての画像を処理してからリソースのプロビジョニングを解除する必要があります。リソースのプロビジョニングを解除しない場合、画像が処理されなくても引き続き請求されます。

無料利用枠

AWS の無料利用枠の一環として、Amazon Rekognition カスタムラベルを無料で開始していただけます。無料利用枠は 3 か月間利用でき、1 カ月あたりトレーニング無料枠を 10 `時間、1 カ月あたり推論無料枠を 4 時間含みます。

料金表

料金の例

料金の例 1 – ウェブサイトの画像のラベリング

あなたがオンラインの休暇のウェブサイトであり、お客様ががあなたの物件を検索しやすくしたいとします。いくつかの関連するラベル (ビリヤード台、ダイニングルーム、海側など) を特定し、画像でこれらの特徴を見つけるためにカスタムモデルをトレーニングする必要があります。カスタムモデルのトレーニングにトレーニングに 10.2 時間がかかるとします。また、サイトが受信するすべての画像を処理するために 1 日あたり推論に 0.5 時間が必要だと仮定します。

コストタイプ

料金

使用料金

10.2 時間のトレーニング時間

1 時間あたり 1 USD

10.2 時間 x 1 USD/時間 = 10.20 USD (1 回のみ)

0.5 推論時間/日

1 時間あたり 4 USD

 

0.5 時間/日 x 4 USD/時間 = 2.00 USD/日 (継続)

料金の例 2 – 製造施設の部品の特定

あなたが製造元であり、特定の機械部品組立ラインを通過する際に特定したいとします。一日中、さまざまな機械部品の画像をキャプチャします。モデルのトレーニングにトレーニングに 11 時間がかかったとします。

1 日を通して画像の流れが安定しているため、モデルは午前 9 時から午後 5 時まで、毎日合計 8 時間連続して実行する必要があります。

コストタイプ

料金

使用料金

11 時間のトレーニング時間

1 時間あたり 1 USD

11 時間 x 1 USD / 時間 = 11.00 USD (1 回のみ)

8 推論時間 / 日

1 時間あたり 4 USD

 

8 時間 / 日 x 4 USD / 時間 = 32.00 USD / 日 (継続)

料金の例 3 – インフルエンサー分析

あなたがクライアントに最適なインフルエンサーを正確かつ迅速に特定するために、数十万人のインフルエンサーを監視しているソーシャルメディアマーケティング代理店だとします。さまざまなソーシャルメディアチャネルから取得した 1 日あたり 450,000 枚のインフルエンサー画像を処理し、カスタムラベルモデルで実行します。1 日あたり 440,000 枚の画像を処理するには、1 日あたりおよそ 44 推論時間が必要だと仮定しましょう。モデルのトレーニングに 9 時間がかかったとします。

1 日あたり 440,000 枚の画像の規模では、ニーズを満たすために少なくとも 2 個の推論リソースを並行して実行する必要があります。

コストタイプ

料金

使用料金

9 時間のトレーニング時間

1 時間あたり 1 USD

9 時間 x 1 USD / 時間 = 9.00 USD (1 回のみ)

44 推論時間 / 日

1 時間あたり 4 USD

44 時間 / 日 x 4 USD / 時間 = 180.00 USD / 日 (継続)

Amazon Rekognition の使用を開始する  

開始方法のページにアクセスする
構築を始めましょう。
AWS Rekognition の開始方法
ご不明な点がおありですか?
お問い合わせ