McDonalds_Customer-Reference_Logo

マクドナルドの導入事例

2016 年

米国のハンバーガーおよびファストフードレストランチェーンであるマクドナルドがサービスを提供する顧客数は、毎日 6,900 万人に達します。アマゾン ウェブ サービス (AWS) を使用してデジタルテクノロジー企業に変貌を遂げました。同社はパフォーマンス目標を 66% 超過し、POS (Point-of-sale) システム経由で毎秒 8,600 件のトランザクションを処理できます。

2016 年、マクドナルドの CTO を務める Tom Gergets 氏は、re:Invent のステージで Andy Jassy 氏とともに、さらに便利な体験をパーソナライズして顧客に提供するモダンで進歩的なハンバーガー企業を作ることについて話しました。また、マクドナルドがスケーラブルで安全なデジタルプラットフォームを構築できるように厳選した AWS と AWS プロフェッショナルサービスについても話しました。

それ以来、マクドナルドはキオスク、デジタルメニューボード、モバイル注文と支払い、配達を通じて、デジタル機能を世界中に拡大してきました。2019 年、マクドナルドは Dynamic Yield を買収し、機械学習や予測アルゴリズムなどの最先端の意思決定エンジン機能を使用して、ドライブスルー店での顧客体験をパーソナライズできるよう支援しています。同社はまた、Amazon RedshiftAmazon Athena、および Amazon EMR を使用して AWS でグローバルデータプラットフォームを構築しており、Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) でパイロットを開始しています。

re:Invent 2016: マクドナルドのクラウド対応型デジタル転換

今すぐ始める

すべての業界のあらゆる規模の企業が、AWS を使用してビジネスを毎日変革しています。AWS のエキスパートにお問い合わせのうえ、今すぐ AWS クラウドジャーニーを開始しましょう。