AWS Systems Manager

AWS とオンプレミスのリソースに対する運用面でのインサイトを得る

AWS Systems Manager の 13 の特徴

AWS 無料利用枠で無料に

クラウド、オンプレミス、エッジでの可視性と制御性を向上させます。

運用上の問題を検出し、解決するための時間を短縮します。

パッチ、設定、およびカスタムポリシーに対するインスタンスのコンプライアンスを維持します。

アプリケーションとリソースの設定と継続的な管理を自動化します。

仕組み

AWS Systems Manager は、ハイブリッドクラウド環境のための安全なエンドツーエンドの管理ソリューションです。
product-page-diagram-AWS-Systems-Manager_how-it-works
 クリックして拡大

特徴

AWS Systems Manager は、お客様の AWS アプリケーションとリソースのオペレーションハブであり、4 つのコア機能グループに分かれています。

ユースケース

運用データの一元化

データを単一のコンソールに集約し、Amazon CloudWatchAWS CloudTrailAWS Config などの AWS のサービスやサードパーティーツールから実用的なインサイトを得ることができます。

アプリケーションの問題を自動的に解決

運用データを活用してアプリケーションを容易に管理し、関連する AWS リソースグループ全体の問題を迅速に特定します。

ベストプラクティスの実施

パッチ適用やリソース変更などのプロアクティブなプロセスやリアクティブなプロセスを自動化し、ユーザーに影響を与える前に運用上の問題を迅速に診断、修正します。

セキュリティイベントの修復

セキュリティとコンプライアンスのプロファイルを適応させ、セキュリティイベントを事後的に分析して、将来の再発を防ぎます。

開始方法

AWS Systems Manager の詳細

複数の AWS のサービスにおける運用データを一元化し、AWS リソース全体でタスクを自動化する方法をご紹介します。

Systems Manager の特徴を見る »

AWS Systems Manager を無料で使い始める

AWS 無料利用枠で利用できる 13 の無料機能をお試しください。

料金を払わずに試す »

AWS Systems Manager の仕組みを知る

システム設定、メンテナンスウィンドウ、ソフトウェアコンプライアンスの維持などについてご紹介します。

紹介動画を見る »

AWS の詳細を見る