クラウドコンピューティングでは、開発者や IT 部門が最も重要なことに焦点を合わせることが可能になり、リソースの調達、メンテナンス、容量の使用計画といったわずらわしい作業から解放されます。クラウドコンピューティングが普及した現在では、いくつかの異なるモデルやデプロイ戦略が出現し、さまざまなユーザーの特定のニーズを満たせるようになっています。それぞれのクラウドサービスやデプロイ戦略は、異なる統制、柔軟性、管理をさまざまなレベルで提供しています。Infrastructure as a Service、Platform as a Service、および Software as a Service の相違点や、利用できるデプロイ戦略について理解することで、自身のニーズに合った適切なサービスの組み合わせを決定できます。

クラウドコンピューティングのタイプ

クラウドコンピューティングには主に 3 つのモデルがあります。各モデルは、クラウドコンピューティングのスタックの異なる側面をその特徴としています。

Infrastructure as a Service

Infrastructure as a Service(IaaS と短縮されることもあります)はクラウドの基本要素から成るもので、通常はネットワーキング機能、コンピュータ(仮想または専用ハードウェア)、データストレージ領域へのアクセスを提供するものです。Infrastructure as a Service では、IT リソースに最高度の柔軟性と管理統制がもたらされると同時に、現在の多くの IT 部門や開発者にとってなじみ深い既存の IT リソースに最も類似するシステムを利用できます。

Platform as a Service

Platforms as a Service を使用すると、基盤となるインフラストラクチャ(通常はハードウェアやオペレーティングシステム)を組織内で管理する必要性がなくなり、アプリケーションのデプロイと管理に集中できるようになります。リソースの調達、容量の使用計画、ソフトウェアメンテナンス、パッチの適用、またはアプリケーションの実行に関連するその他のわずらわしい作業について心配する必要がなくなるため、業務をより効率的に進めることができます。

Software as a Service

Software as a Service では、サービスプロバイダーが実行および管理している完成した製品を利用できます。ほとんどの場合、エンドユーザーアプリケーションを指して Software as a Service という言葉が用いられます。SaaS を使用すると、サービスのメンテナンスや基盤となるインフラストラクチャの管理がどのように行われているかを考えることなく、特定のソフトウェアを使用する方法を考えるだけでよくなります。SaaS アプリケーションの一般的な例の 1 つに、ウェブベースの E メールサービスがあります。このようなサービスでは、メール製品への追加機能を管理することなくメールを送受信することが可能で、メールプログラムを実行しているサーバーやオペレーティングシステムのメンテナンスを行う必要もありません。


クラウドベースのアプリケーションは完全にクラウド上にデプロイされており、アプリケーションのすべての部分はクラウド上で実行されます。クラウド上のアプリケーションはクラウド上で作成されているか、既存のインフラストラクチャから移行されているものであり、これによってクラウドコンピューティングのメリットから恩恵を受けることができます。クラウドベースのアプリケーションは低レベルのインフラストラクチャ上で作成することもできれば、管理、設計、および核となるインフラストラクチャのスケーリング要件からの抽象化を提供する高レベルのサービスを使用することもできます。

ハイブリッドデプロイとは、クラウドベースのリソースと、クラウド上にはない既存のリソースとの間でインフラストラクチャとアプリケーションを接続する方法です。ハイブリッドデプロイの最も一般的な方法は、クラウドと既存のオンプレミスのインフラストラクチャとの間で、クラウドのリソースを社内システムに接続することで組織のインフラストラクチャをクラウドに拡張させ、大きくするというものです。AWS がお客様のハイブリッドデプロイをサポートする方法の詳細については、ハイブリッドのページを参照してください。

オンプレミス

リソースをオンプレミスでデプロイすることや、仮想化およびリソース管理のツールを使用することが、「プライベートクラウド」と呼ばれることがあります。オンプレミスでのデプロイではクラウドコンピューティングのメリットの多くを利用できないものの、専用のリソースを提供することが可能なため、この方法が必要になることもあります。ほとんどの場合、このデプロイモデルは従来の IT インフラストラクチャと同じで、アプリケーション管理や仮想化テクノロジーを使用してリソースの活用を促進します。


次のステップに移るご用意ができましたか? AWS では、AWS について詳しくご理解いただき、ニーズに合った適切なソリューションを見つけられるよう支援いたします。または、日本担当チームをご紹介し、お客様に合った適切なソリューションを見つけるお手伝いをいたします。

アマゾン ウェブ サービスでは、世界で最も広範なクラウドサービスを提供しています。お客様の次のアプリケーションを AWS でデプロイすることのメリットについて詳しくは、AWS についてのページを参照してください。

IT、DevOps、および開発者のためのソリューションとサービスを備える AWS には、お客様の次のプロジェクトを達成するのに役立つ広範なプラットフォームが用意されています。AWS のクラウドで利用可能なソリューションやサービスの詳細については、AWS のソリューションに関するページを参照してください。

AWS の担当者と話すご用意ができましたか?当社のお問い合わせフォームにご記入いただければ、日本の AWS の経験を積んだ担当者からご連絡し、お客様のニーズをお尋ねし、次のプロジェクトをクラウドで運用するサポートをご提供する方法についてご案内させていただきます。


まずは無料で始める »

サインアップは簡単!無料範囲内で対象製品を 12 ヵ月無料でお試しいただけます。
AWS アカウント作成の流れはこちら ≫
AWS 無料利用枠の詳細はこちら ≫

日本担当チームへお問い合わせ

導入に関するご質問、お見積りなどご不明な点は、お気軽に日本担当チームまでご相談ください。

AWS のご利用開始方法 »

アカウント作成方法、Amazon EC2、Amazon S3 のご利用開始方法を動画でわかりやすくご紹介いたします。