投稿日: Apr 6, 2022

AWS Lambda の新しい機能である Lambda 関数 URL の提供開始をお知らせします。この新機能は、AWS Lambda サービスの組み込み機能として、HTTPS エンドポイントを介して関数を簡単に呼び出せるようにします。コンソールで 1 回クリックするか、AWS CloudFormation または AWS Serverless Application Model を使用して数行で、関数 URL を新規および既存の関数に追加できます。関数 URL は、Lambda でのウェブサービスの構築を開始する場合や、ウェブフックの構築などの一般的なタスクに最適です。

各関数 URL は、単一の Lambda 関数または関数エイリアスをポイントし、デフォルトで AWS Identity and Access Management (IAM) によって保護されています。オプションで、パブリックアクセス用に関数 URL を設定して、認証されていない呼び出しを許可したり、関数のハンドラー内に構築したカスタム承認ロジックを使用したりできます。関数のリソースベースのポリシーは常に有効であり、関数 URL を呼び出すプリンシパルの認証と承認に IAM を使用しないことを選択した場合は、パブリックアクセスを許可するように更新する必要があります。IAM Access Analyzer によって報告された検出結果を確認して、パブリックアクセスを許可する関数 URL を特定できます。関数 URL へのアクセスを制御する方法の詳細については、「Lambda デベロッパーガイド」を参照してください。

Lambda 関数 URL は、Lambda が提供されているすべてのリージョン (AWS 中国リージョンを除く) でご利用いただけるようになりました。この機能を使用するために追加コストはかかりません。関数 URL は、Lambda 関数を呼び出す通常のコストに含まれています。料金の詳細については、AWS Lambda の料金ページにアクセスしてください。詳細については、ブログをお読みいただくか、「Lambda デベロッパーガイド」を参照してください。