開始方法

1. Alexa for Business コンソール で Alexa for Business アカウントを設定します。
2.組織で使用するデバイスを決めて購入します。
3. 管理者ガイドの手順に従い、共有デバイスを設定してユーザーを招待します。

デバイスの設定

Alexa for Business ドキュメントのデバイスの準備を参照して、共有デバイスで Alexa for Business が使用できるように設定します。デバイスに付属する説明書の手順では、Alexa for Business アカウントに接続させることができません。

Echo Plus、Echo、および Echo Dot が、Alexa for Business の共有デバイスに設定できます。招待されたユーザーは、各自の Alexa アカウントに関連付けられているすべての Echo デバイスを使用できます。Echo デバイスの詳細については、Echo & Alexa – Amazon デバイスをご覧ください。

Echo Plus および Echo

統合 AV 機器のない小さな会議室に最適です。Echo はメインのスピーカーデバイスとして機能します。会議に接続して参加させます。Alexa for Business に登録します。

Echo Dot

大きな会議室に最適です。備え付けの統合 AV 機器を Alexa で制御できます。Alexa を使って会議を開始し、機器を制御します。Alexa for Business に登録します。

Echo Show

個人のオフィスや、個人のデスクで使用します。招待を受けたユーザーが、個人用の Alexa アカウントで管理します。Echo Show はデバイスセットアップツールを使用して設定することができません。また、共有デバイスとして使用することができません。

ウェルカムキット

ウェルカムキットには、印刷してユーザーにヘルプを提供するテントカードと、使用開始をサポートする情報カードが含まれます。ウェルカムキットはこちらからダウンロードしてご利用ください。

ベストプラクティスツールキット

ベストプラクティスツールキットには、組織での Alexa の利用を拡大するためのツールとヒントが含まれます。ツールキットはこちらからダウンロードできます。ステッカーやポスターといったすべてのアートワークには、こちらからアクセスできます。

セキュリティとプライバシー

プライバシーは Echo ハードウェアと Alexa サービスに深く組み込まれています。このホワイトペーパーは、Alexa のシステム、Echo ハードウェアのセキュリティ機能、Alexa クラウド内で使用するデータについて説明しています。

コマンドを試す

Alexa for Business では、既に知っている Alexa コマンドが使用できます。Alexa for Business アカウントの設定後、次のコマンドを Alexa に言ってみてください。

Alexa、カレンダーの予定を教えて
Alexa、午後 2 時の会議をキャンセルして
Alexa、ジョンとの会議をスケジューリングして
Alexa、午後 2 時の会議を移動して
Alexa、ジョンに電話して
Alexa、会議を始めて
Alexa、文書の印刷をやることリストに追加して
Alexa、午後 2 時 45 分に文書の印刷をリマインドして

チュートリアルを見る

開発者

Alexa では、音声コマンドによる魅力的な体験をユーザーに届ける機能、「スキル」が提供されています。Alexa Skills Kit は、独自のスキルを簡単に作成するためのセルフサービス API、ツール、ドキュメント、コードサンプルのコレクションです。作成したスキルは、Alexa Skills Store で公開することも、Alexa for Business アカウントに登録して組織内のみで利用することもできます。Alexa for Business で提供される追加 API を使用すれば、プライベートスキルにコンテキストを追加できます。 

Alexa for Business のよくある質問で詳細を確認する

よくある質問のページをご覧ください
始める準備はできましたか?
サインアップ
ご不明な点がおありですか?
お問い合わせ