Step 1

フレームワークを確認、カスタマイズ、または作成する

AWS マネジメントコンソールに移動して [AWS Audit Manager] を選択します。構築済みのフレームワークと含まれているコントロールを確認し、既存のフレームワークをカスタマイズするか、独自のフレームワークを定義します

Step 2

構築済みのフレームワークまたはカスタムフレームワークを選択します

構築済みのフレームワークを使用するか、カスタマイズしたフレームワークを選択して評価を開始します

Step 3

範囲を定義し、評価を有効にします

範囲内、リージョン内のアカウントやサービスを指定し、評価を有効にして継続的に証拠を収集します

仕組み

仕組み - AWS Audit Manager

動画とオンラインセミナー

AWS の次のステップ: AWS Audit Manager
AWS re:Invent 2020: AWS Audit Manager の紹介
AWS Audit Manager の機能を調べる
AWS Audit Manager の機能を調べる

製品の特徴ページをご覧ください。

詳細 
無料のアカウントにサインアップ
無料のアカウントにサインアップ

AWS 無料利用枠にすぐにアクセスできます。

サインアップ 
コンソールで構築を開始する
コンソールで構築を開始する

AWS マネジメントコンソールで AWS Audit Manager を使った構築を始めましょう。

サインイン