Amazon Web Services ブログ

Category: General

AWS グローバルパートナーサミット – re:Invent 2016 のレポート

私の同僚の Dorothy Copeland は、AWS グローバルパートナープログラムのジェネラルマネージャーです。本日、 の AWS グローバルパートナーサミットに参加した彼女から、以下の詳細なレポートがゲスト投稿として送信されてきました。 re:Invent での重要な AWS グローバルパートナーサミットが無事終了しました。この丸 1 日のイベントは、AWS パートナーネットワーク (APN) パートナー限定です。今年は、AWS のシニアリーダーの基調講演で、APN に関するいくつかの発表、マーケットのキートレンド、AWS でお客様の成功をサポートする APN パートナーの事例が紹介されました。次に、APN チームが、いくつかのビジネスセッションおよびテクニカルセッションを主催し、APN パートナーが AWS ベースのビジネスを構築して成功させるために役立つトピックを取り上げました。サミットにおいて、過去 12 か月間に 10,000 を超える新しいパートナーが APN に登録されたことが発表されました。これにより、お客様は、何千という新しい APN テクノロジーパートナーや APN コンサルティングパートナーから、AWS と統合されたソフトウェアとして最適なものを見つけ、AWS でのワークロードやアプリケーションの設計、構築、移行、管理に役立てることができます。今年のグローバルパートナーサミットで APN チームが行った他の発表についても、いくつか紹介します。グローバルパートナーサミットの基調講演で、以下の AWS 幹部から発表がありました。 Terry Wise James Hamilton Dave McCann Mike Clayville Andy Jassy 基調講演では、以下のお客様からも発表がありました。 Dan Zelem、CTO、Johnson […]

Read More

Amazon ECSイベントストリームで、クラスタの状態を監視

今までは、実行中のAmazon ECSクラスタの状態の更新を取得するためには、AWS CLIやSDKを使ってコンテナインスタンスとタスクの状態を定期的にポーリングする必要がありました。新しいAmazon ECSイベントストリーム機能によって、これからはAmazon ECSのタスクとコンテナインスタンスの状態更新を準リアルタイムにイベント駆動で受け取ることが可能になりました。イベントはAmazon CloudWatch Eventsを通して配送され、AWS Lambda関数やAmazon SNSトピックといった、あらゆるCloudWatch Eventsのターゲットに向けることができます。 この記事では、簡単なサーバレスアーキテクチャを作って、イベントストリームの更新を受け取り、処理し、そして保存する方法をお見せします。まず最初にLambda関数を作成し、入ってきた全てのイベントをスキャンして実行中のタスクに関連したエラーが無いかを探し、もしあれば即座にSNSの通知を送ります。その後、関数は全てのメッセージをAmazon Elasticsearch Serviceを使ったElasticsearchのクラスタにドキュメントとして保存することで、皆さんや開発チームの方がKibanaのインタフェースを通じてクラスタの状態を監視したり、ユーザから報告された問題に返答するための診断情報を検索することができます。

Read More

最良のアーキテクチャ、バックワードアプローチを通して前進する

同僚の Philip “Fitz” Fitzsimons は次のゲストポストであの名高い最良アーキテクチャフレームワークに読者を招待します。 バックワードアプローチは私たちのイノベーションプロセスにとても重要な作業です。カスタマーからスタートして何を求めているかを探り、定義付けすることで、取り組みの方向を決めます。2015 年に優れた設計のフレームワークを発表し、そのなかで投稿されたブログ「優れた設計を導入していますか?」で、フレームワークを改善するためのカスタマーからのフィードバックに耳を傾けました。実施したいくつもの改善策のなかでもまず、AWS ソリューションアーキテクトによって集められた数千のレビューの指摘を基にフレームワークを更新しました。また、クラウド上での作業方法についてのさらなるガイダンスを希望するカスタマーに回答する形で、フレームワークに第5番目の柱である運用性へのベストプラクティスの取得を加えました。すべての柱は次のようになります: セキュリティ – リスクの評価と軽減戦略を通して、ビジネス価値を提供しながら、情報、システム、資産を保護する能力です。 信頼性 – インフラストラクチャまたはサービスの障害から復旧したり、必要に応じて動的にコンピューティングリソースを獲得したり、設定ミスや一時的なネットワークの問題などによる障害を軽減したりといったシステムの能力です。 パフォーマンス効率 – システムの要求に合わせてコンピューティングリソースを効率的に使用し、需要の変化や技術の進歩に合わせてこの効率を維持する能力です。 コストの最適化 – 不要なコストや最適でないリソースを回避または排除する能力です。 運用性 – ビジネスの価値をもたらし、サポートプロセスと手順の継続的な向上を実現するために、システムを実行およびモニタリングする能力です。 AWS の最良アーキテクチャのフレームワークホワイトペーパーは、クラウド上の設計についてどのように捉えるかに観点を置いています。このホワイトペーパーでは、柱を達成するベストプラクティスを説明し、ベストプラクティスに見合う行動を取れていることの判断に役立つ自由回答形式の質問集を提供しています。これに加えて、クラウド上で設計する方法についてのアドバイスがもっと具体的であることを希望するカスタマーの声に対応して、それぞれの柱を背景とするクラウドネイティブアーキテクチャの設計方法に対する具体的なアドバイスを含むホワイトペーパーシリーズを作成しました。以上のホワイトペーパーは、最良アーキテクチャへの新しいホームから閲覧でき、私たちの最新の視点についてご覧いただけます。また、最良アーキテクチャの導入に役立つように、無料オンライントレーニングを始めました。AWS 最良アーキテクチャトレーニングコースは、AWS の優れた設計フレームワークとその 5 本の柱を深い理解を提供できるようにデザインされています。バックワードアプローチを通してカスタマーにとって最良のサービスを構築していくことができると信じています。最良アーキテクチャの真髄を表明するベストプラクティスを提供することで、カスタマーのビジネス前進に役立てていきます。– Philip Fitzsimonsリーダー、AWS 最良アーキテクチャチーム

Read More

AWS Mobile Hub を使用したエンタープライズモバイルアプリの構築 – 新規ユーザーの管理と SaaS 統合

を使用すると、AWS のサービスを使用したモバイルアプリケーションの構築、テスト、モニタリングが可能になります。単独の組み込みコンソールを使用して、ユーザー認証、データストレージ、バックエンドロジック、プッシュ通知、コンテンツ配信、分析機能をアプリに追加できますし、カスタマイズの機会も十分にあります。私たちは、エンタープライズモビリティで課題を抱える開発者の数が増え続けているのを見てきました。彼らは、既存のデスクトップアプリと同じくらいパワフルで、柔軟性が高く、安全な B2C (business to consumer) および B2E (business to employee) アプリケーションを構築したいと考えています。また、既存の企業ユーザーディレクトリを使用し、既存の CRM、セールス管理、経理、カスタマーサービス用ツールを利用したいとも考えています。本日、Mobile Hub が新しく SaaS 統合機能をサポートするように拡張されました。上記のようなタイプのアプリを構築している開発者の方々には特に興味を持っていただけると思います。これらの新機能は、最近リリースされた、 関数と エンドポイントを使用してアプリケーションに拡張クラウドロジックを追加しカスタムコネクターを構築するサポートのフォローアップです。どちらの機能も、最近リリースされたエンタープライズユーザー管理機能と一緒に機能し、アプリユーザーを認証します。 エンタープライズユーザー管理 B2C および B2E アプリへのユーザー認証の追加が簡単になる新機能を最近追加しました。B2C 側では に独自のフルマネージドディレクトリを作成し、多要素認証 (MFA) を含むサインアップおよびサインイン機能を追加できます。B2E 側では、ユーザーが既存の社内認証情報を使用してサインインするようにできます。この機能は SAML (セキュリティアサーションマークアップランゲージ) を利用し、Active Directory を含む複数のディレクトリと連携します。詳細は、Introducing Mobile Hub User Authentication Using SAML Federation or Email and Password Sign-in をご覧ください。これらのサインイン機能のいずれかを使用すると、各ユーザーに ロールが自動的に割り当てられます。これらの認証情報を使用して、AWS リソースや次に説明する新しい Mobile Hub コネクターへのアクセスを取得できます。 SaaS 統合 多くの […]

Read More

Human Longevity, Inc. – ゲノム研究で医療を変える ゲノム研究の先端をリードする

Human Longevity, Inc. (HLI) は予防衛生を支持する上で、ヒトゲノムおよび関連性を持つ表現型データや臨床データを蓄える世界最大のデータベースを構築したいと考えています。今回のゲスト投稿では、Yaron Turpaz 氏と Bryan Coon 氏、Ashley Van Zeeland 氏が医学に大きな変化をもたらす努力の一端として生成している大量のデータを保存するため、どのように AWS を使用しているのか語ります。 2013 年に Human Longevity, Inc. を設立した当時から、前途に待ち受ける挑戦を認識していました。ゲノムには生命体を形成し維持する上で必要なすべての情報が詰まっています。ヒトにおいては、30 億もの DNA ベースのペアを含むゲノム全体のコピーが核を持つ全細胞に含まれています。我々の目的は 100 万のゲノムを配列し、その情報と関連付けた健康記録や疾病リスクを研究者や医師に提供することです。研究者や医師はデータを解釈して的を絞った個人の健康管理プランや、癌やその他の深刻な健康リスクにおいて最適な治療を従来より遥かにすばやく提供することができます。従来のように症状が出始めてから医師にかかり、病気を診断されてから治療を始めるモデルではなく、予防衛生やリスク予防を発展させることで医療を変えることが我々の目的です。大規模なコンピューティングを開発し適用、ゲノム研究に機械学習を使用するには Illumina のような企業が提供する DNA 配列技術による大量なデータの収集、分析、保存が必要になります。1 つのゲノムからの生データは約 100 ギガバイトを消耗します。注釈や表現型のソースや分析を含むゲノム情報を調整し、健康上の情報を分析するに伴ってこの数字は上昇します。我々が選ぶコンピューティングとストレージ技術が当社の成功に直接影響することは初めから理解していました。ですから、クラウドを使用することは明らかに最適な選択でした。当社はゲノミクスを専門としているので、IT インフラストラクチャの構築や維持にリソースを使用することは希望していません。そこで、プラットフォームの広さや当社が必要とする優れたスケーラビリティ、そしてビッグデータで展開した専門知識を備えている AWS を選ぶことにしました。また、AWS によるイノベーションのペースも考慮しました。利用者のために可能な限りコストを抑える AWS の手の込んだ策略も、当社のビジョンを実現する上で非常に大切なポイントだと考えました。 広範囲にわたる AWS サービスの活用 現在、当社では広範な AWS サービスを使用して様々な種類のコンピューティングタスクやストレージタスクを行っています。たとえば HLI のナレッジベースは Amazon S3 ストレージと多数の Amazon EC2 ノードで構成される分散システムインフラストラクチャを活用しています。これにより、当社がリソースの分離やスケーラビリティ、迅速なプロビジョニング、ペタバイトスケールのデータベースクエリや動的なコホートビルダーに対し、ほぼリアルタイムの応答時間を可能にすることができました。AWS サービスの柔軟性により、当社のカスタマイズした Amazon […]

Read More

Amazon Simple Queue Service の新機能 – 1 回だけの処理と重複排除機能を備えた FIFO キュー

サービスファミリーの本当に最初のメンバーである は、明らかに時の試練を耐え抜きました。2004 年に、私たちはこのサービスを「分散アプリケーションコンポーネント間でメッセージをバッファリングするための、信頼性が高く、非常にスケーラブルなホストキュー」と説明しました。それからというもの、デッドレターキュー、256 KB のペイロード、SNS の統合、ロングポーリング、バッチオペレーション、遅延キュー、タイマー、CloudWatch メトリクス、メッセージ属性といった多くの機能を追加してきました。 新しい FIFO キュー 現在、私たちは FIFO (先入れ先出し) キューのサポートにより、SQS をさらに強力で柔軟性の高いものにしています。この新しいタイプのキューは、現在 2 つのリージョンで導入中で、2017 年初旬に他の多くのリージョンで利用可能にする計画です。このキューは、メッセージが送信順に 1 回だけ、重複なく処理されることを保証するように設計されています。FIFO キューは財務サービスや e コマースのお客様、メッセージを使ってデータベーステーブルを更新しているお客様にとって特に役立つことを期待しています。こうしたお客様の多くは、送信順にメッセージを受信することを前提にしたシステムをお持ちです。FIFO の順序では、メッセージ A を送信した場合、成功の応答を待機してからメッセージ B を送信し、メッセージ B はメッセージ A の後のキューに入れられてから、適切に配信されます。この順序は、複数の SendMessage 呼び出しを並列で実行する場合には適用されません。SendMessageBatch への呼び出し内の個別のメッセージ、および SendMessageBatch への複数の連続した呼び出しの間では適用されません。1 回だけの処理は、単一のコンシューマーおよび複数のコンシューマーシナリオの両方に適用されます。FIFO キューを複数のコンシューマー環境で使用する場合、現在のメッセージが削除されるか、可視性タイムアウトの有効期限が切れた後でのみ、メッセージを他のコンシューマーに表示するようキューを設定できます。このシナリオでは、最大 1 人のコンシューマーがアクティブにメッセージを処理します。他のコンシューマーは、最初のコンシューマーが終了するか失敗するまで待機します。SQS 外部のネットワーキングの問題により、メッセージ送信者がアクションのステータスを確認できず、呼び出しを再試行するために、重複したメッセージが発生する場合があります。FIFO キューは複数の手法を使用して、重複したメッセージを検出し、排除します。コンテンツベースの重複に加えて、 MessageDeduplicationId を、FIFO キューに対して SendMessage を呼び出すときに含めることができます。ID の長さは最大 128 文字で、存在する場合はコンテンツベースの重複排除よりも優先順位が高くなります。FIFO キューに対して SendMessage を呼び出す場合、 MessageGroupId […]

Read More

AWS ホットスタートアップ – 2016 年 11 月 –

AwareLabs、Doctor On Demand、Starling Bank、VigLink 今月も Tina が注目のスタートアップをご紹介します。 今月は、AWS による 4 つのホットスタートアップを取り上げます。 AwareLabs – 小規模ビジネス用の高度なウェブサイト構築サポート Doctor On Demand – 質の高い医療提供者への迅速かつ簡単で費用効率に優れたアクセスの提供 Starling Bank – 次世代のモバイルバンク VigLink – コンテンツ主導型取引の強化 まだお読みになっていない場合は、10 月のホットスタートアップもぜひご覧ください。 AwareLabs (フェニックス/シャーロット) AwareLabs は、3 人の小さいスタートアップ企業で、多数の統合アプリケーションを通して顧客を取り込もうとするビジネスオーナーの支援に重点を置いています。このスタートアップ企業の誕生は 2011 年 11 月です。ウェブサイト構築ガイドとしてスタートし、最初の数週間で数百の起業家を支援しました。早くから、創立者である Paul Kenjora は、既存のビジネスソリューションでは小規模ビジネスの売上が伸びていないことを認識していました。そして 2013 年、ビジネス中心のウェブサイトビルダーを作る仕事を引き受けました。Paul は AWS セミナーへの参加後、小規模なチームでも資金豊富なハイテク企業と同じように、大規模なインフラストラクチャを設計し、デプロイできることに気が付きました。以前であれば、そのようなスケールに対応できるのは、会社規模や投資額の大きい企業だけでした。AwareLabs の支援があれば、時間と予算が制約された小規模企業でも、自分たちが必要とする高度なウェブサイトを構築できます。AwareLabs チームは AWS を利用して、以前の同じ規模のチームには不可能だったことを実現しています。彼らは資金を調達し、顧客に支持されるソリューションをより短期間で提供してきました。AwareLabs では、クライアントのウェブサイトの運用から、セキュリティで保護された自分たちのコードリポジトリの管理にまで、Amazon EC2 を大いに活用しています。また、Amazon S3 によって、データストレージと信頼性に関する負担が大幅に軽減されました。AwareLabs 開発チームがインフラストラクチャの問題ではなくクライアント向け機能を重視してきた唯一最大の理由はこれでした。Amazon […]

Read More

週刊 AWS – 2016 年 11 月 7 日

先週 AWS で起こったことを見ていきましょう。プルリクエストを提出してくださった 17 名の内外の寄稿者に感謝いたします。 月曜日 11 月 7 日 CloudWatch の更新 – メトリクスから関連するログへを発表しました。 AWS で Microsoft Windows を CI/CD するためのクイックスタートリファレンスデプロイメントを公開しました。 ユーザーは組み込まれたサンプルデータを使用して Amazon Kinesis Firehose をテストドライブできることを発表しました。 Amazon RDS for SQL Server が Microsoft SQL Server 2016 をサポートするようになったことを発表しました。 が現実の世界における AWS のスケーラビリティについて投稿しました。 は Amazon ECS で Swift ウェブアプリケーションを実行する方法を説明しました。 はMicrosoft SQL Server Enterprise のワークロードを Amazon RDS に移行するシリーズのパート 1 […]

Read More

ゲノムエンジニアリングのアプリケーション: クラウドを早期導入

オーストラリア連邦科学産業研究機構 (Commonwealth Scientific and Industrial Research Organization (CSIRO)) から、重要な新しいゲノム編集技術で AWS が活用されている件について寄稿いただきました。– Jeff 最近の分子工学技術ではゲノム編集を正確に行えるようになりました。この CRISPR-Cas9 という新技術は独自の DNA 配列でパターンマッチングを行い、ゲノム内で特定の場所を識別し編集できるようにプログラムすることが可能です。これは研究者にとってパワフルで新しいツールですが、ゲノム全体にわたりターゲットをスキャンし探すということは、これまでにない大規模なコンピューターの使用が必要であることも意味しています。今年始めにアメリカ国立衛生研究所 (US National Institutes of Health (NIH)) はヒトの健康においてこうした技術の使用を承認しました。これはがん治療に革命を起こす可能性を秘め、計算力においてもスピードが重視されることを意味しています。がん治療の新しいアプローチ およそ 5 人に 1 人はがんにかかるといわれている昨今、がん生存率は 2 倍になったといわれていますが、脾臓がんの場合はその確率が 1 % といったように生存率の低い種類のがんはまだあります。その理由は、主に健康な細胞組織に害を加えずに、がん細胞を消滅させる治療的介入を見つけることが困難だからです。従来とは異なる治療法を開発する上で、NIH が新たにトライアル承認した CRISPR-Cas9 はゲノム編集技術において飛躍的な進歩を可能にします。自然にがんと闘う細胞の特異的修飾により、患者は自分の免疫システムを強化させることができます。特定の血液がんや固形がんまたは黒色腫を患う患者を含む、現在行っている研究で幅広い範囲にわたり、この技術は異なる腫瘍に対し効力を発する可能性を持っています。計算に基づいたゲノムエンジニアリングにおけるクラウドサービスヒトの健康を対象としたこの新しいアプリケーションは、臨床ケアの時間的制約に応えるため CRISPR-Cas9 デザインの堅牢性と効率性を必要としています。AWS クラウドサービスをベースにして eHealth プログラム、オーストラリ連邦科学産業研究機構 (CSIRO) は、この問題に取り組むために新型のソフトウェアツール、GT-Scan2 を開発しました。「他の方法に比べて GT-Scan2 は遺伝子位置を高感度かつ特異性をもって特定することができます」と、トランスフォーメーショナルバイオインフォマティクスチームを率いる Dr. Denis Bauer は語っています。 GT-Scan2 はゲノム位置で特定した CRISPR ターゲットの位置を示し、その高アクティビティや低アクティビティを記述するほか、オフターゲットの可能性も表示します。 […]

Read More

週刊 AWS – 2016 年 10 月 31 日

今週の投稿を実現するため、プルリクエストや新しいコンテンツについて内外部 25 名以上の寄稿者にご協力いただきました。皆様からのご協力に感謝申し上げます。 月曜日 10 月 31 日 2016 年 10 月 AWS ホットスタートアップ – Optimizely、Touch Surgery、WittyFeed をご紹介しました。 Amazon Redshift が南米 (サンパウロ) で利用可能になりました。 が 3 つの AWS クイックスタートについてエピソードを公開しました。 が AWS 公共セクターのひと月を振り返る – 10 月を公開しました。 が AWS と TeamCity でのエンドツーエンドの継続的配信およびデプロイパイプラインの構築についてブログを公開しました。 が Amazon RDS for PostgreSQL のトランザクション ID の循環に早期警告システムを実装する方法を公開しました。 Cloud Guru ブログが Amazon Alexa Analytics について投稿しました。 cloudonaut.io […]

Read More