Amazon Web Services ブログ

Category: General

ゲノムエンジニアリングのアプリケーション: クラウドを早期導入

オーストラリア連邦科学産業研究機構 (Commonwealth Scientific and Industrial Research Organization (CSIRO)) から、重要な新しいゲノム編集技術で AWS が活用されている件について寄稿いただきました。– Jeff 最近の分子工学技術ではゲノム編集を正確に行えるようになりました。この CRISPR-Cas9 という新技術は独自の DNA 配列でパターンマッチングを行い、ゲノム内で特定の場所を識別し編集できるようにプログラムすることが可能です。これは研究者にとってパワフルで新しいツールですが、ゲノム全体にわたりターゲットをスキャンし探すということは、これまでにない大規模なコンピューターの使用が必要であることも意味しています。今年始めにアメリカ国立衛生研究所 (US National Institutes of Health (NIH)) はヒトの健康においてこうした技術の使用を承認しました。これはがん治療に革命を起こす可能性を秘め、計算力においてもスピードが重視されることを意味しています。がん治療の新しいアプローチ およそ 5 人に 1 人はがんにかかるといわれている昨今、がん生存率は 2 倍になったといわれていますが、脾臓がんの場合はその確率が 1 % といったように生存率の低い種類のがんはまだあります。その理由は、主に健康な細胞組織に害を加えずに、がん細胞を消滅させる治療的介入を見つけることが困難だからです。従来とは異なる治療法を開発する上で、NIH が新たにトライアル承認した CRISPR-Cas9 はゲノム編集技術において飛躍的な進歩を可能にします。自然にがんと闘う細胞の特異的修飾により、患者は自分の免疫システムを強化させることができます。特定の血液がんや固形がんまたは黒色腫を患う患者を含む、現在行っている研究で幅広い範囲にわたり、この技術は異なる腫瘍に対し効力を発する可能性を持っています。計算に基づいたゲノムエンジニアリングにおけるクラウドサービスヒトの健康を対象としたこの新しいアプリケーションは、臨床ケアの時間的制約に応えるため CRISPR-Cas9 デザインの堅牢性と効率性を必要としています。AWS クラウドサービスをベースにして eHealth プログラム、オーストラリ連邦科学産業研究機構 (CSIRO) は、この問題に取り組むために新型のソフトウェアツール、GT-Scan2 を開発しました。「他の方法に比べて GT-Scan2 は遺伝子位置を高感度かつ特異性をもって特定することができます」と、トランスフォーメーショナルバイオインフォマティクスチームを率いる Dr. Denis Bauer は語っています。 GT-Scan2 はゲノム位置で特定した CRISPR ターゲットの位置を示し、その高アクティビティや低アクティビティを記述するほか、オフターゲットの可能性も表示します。 […]

Read More

週刊 AWS – 2016 年 10 月 31 日

今週の投稿を実現するため、プルリクエストや新しいコンテンツについて内外部 25 名以上の寄稿者にご協力いただきました。皆様からのご協力に感謝申し上げます。 月曜日 10 月 31 日 2016 年 10 月 AWS ホットスタートアップ – Optimizely、Touch Surgery、WittyFeed をご紹介しました。 Amazon Redshift が南米 (サンパウロ) で利用可能になりました。 が 3 つの AWS クイックスタートについてエピソードを公開しました。 が AWS 公共セクターのひと月を振り返る – 10 月を公開しました。 が AWS と TeamCity でのエンドツーエンドの継続的配信およびデプロイパイプラインの構築についてブログを公開しました。 が Amazon RDS for PostgreSQL のトランザクション ID の循環に早期警告システムを実装する方法を公開しました。 Cloud Guru ブログが Amazon Alexa Analytics について投稿しました。 cloudonaut.io […]

Read More

MLB Statcast – David Ortiz、Joe Torre、Dave O’Brien をご紹介

私の同僚に十代の頃からボストンの野球チーム、レッドソックスの大ファンだという人がいます。その彼女が、つい先日レッドソックスの偉大な選手でありハンクアーロン賞も受賞した David Ortiz (別名 “ビッグパピ”) と、殿堂入りした Joe Torre、アナウンサーの Dave O’Brien (ESPN および NESN) と共に、ビッグパピのメジャーリーグ引退を記念した面白いビデオ制作に携わりました。ご覧のようにビッグパピがクオンティファイドセルフをシリアスに受け止め、引退後も競争力が衰えないように AWS を使用した Statcast でさまざまなことを測定しています。 MLB Statcast は高解像度カメラとレーダー装置を使用してボール (20,000 メトリックス/秒) と選手たち (30 メトリックス/秒) の位置をトラックし、1 試合ごとに 7 テラバイトのデータを生成します。そして、これをすべて保存し処理しているのが です。このアプリケーションは 、、、、、、 など複数の AWS サービスを使用しています。アーキテクチャの全体像は次のとおりです。 詳細はこちらのケーススタディ Major League Baseball Fields Big Data, and Excitement, with AWS をご覧ください。 に参加される方は、肩を十分にほぐしてから Statcast 装置万端のバッティングケージにぜひお越しください。メジャーリーグの選手たちと自分の測定比較をすることもできます。

Read More

新機能 – Amazon Simple Email Service (SES) にメトリックスを送信

はメールの到達精度に注目し意図した受信者にメールが無事届くように努めています。以前公開したブログ (Introducing the Amazon Simple Email Service) では、いくつかの要因が到達精度に影響を与える点について説明したほか、複数のインターネットサービスプロバイダー (ISP) との信頼関係や、多数の苦情やバウンスしたメールなどについても取り上げました。 本日、SES 対象の送信メトリックスの新しいセットをリリースしました。この機能には 2 つの側面があります。 イベントストリーム – 重要なイベント (送信、拒否、配信、バウンス、苦情など) が発生するたびに JSON 形式のレコードを に発行するように SES を設定することができます。 メトリックス – にメトリックス集約を発行できるように SES を設定することができます。各メッセージに 1 つまたは複数のタグを追加して CloudWatch ディメンションとして使用することができます。メッセージにタグを追加することで、キャンペーン、チーム、部署に基づいて到達精度をトラッキングできます。この情報はメッセージやメール戦略の微調整に利用できます。 詳しくは のブログ Email Sending Metrics をご覧ください。

Read More

AWS ホットスタートアップ - 2016 年 10 月 – Optimizely、Touch Surgery、WittyFeed

今月も新しいホットスタートアップをご紹介します (Tina Barr からの許可により転載)。 AWS を使用している今月のホットスタートアップをご覧ください。 Optimizely – 世界有名ブランドにウェブとモバイル A/B テストを提供 Touch Surgery – 外科学に携わるコミュニティにテクノロジーを構築 WittyFeed – バイラルコンテンツの作成 Optimizely (サンフランシスコ) Optimizely は有名ブランドにウェブサイトとモバイルの A/B テストやパーソナライズ化を提供、エクスペリエンスの最適化プラットフォームにおいて世界をリードする企業です。使いやすい製品と高速なデプロイを組み合わせたプラットフォームを提供することで、企業がテストを実施したりデータに基づいた判断を下せるようにしています。世界中にわたる何千人もの利用者が Optimizely を使用して、多種多様なチャネルの顧客に優れたエクスペリエンスを提供しています。これまでに Optimizely のユーザーが作成し提供したビジターエクスペリエンスの最適化数は 2750 億件にものぼります。 今日のデジタル世界において、企業は消費者のニーズに合わせるようにパーソナライズ化したエクスペリエンスを提供することが不可欠になっています。Optimizely は 個人化することはすでにオプションではありません。と述べています。同社のウェブをパーソナライズ化する製品は、ブラウザの動作や人口統計データ、文脈上のヒント、ファーストパーティやサードパーティのデータなどを利用することで、企業が顧客にリアルタイムで目的のコンテンツを提供できるようにしています。こうしたポイントは収益の上昇や顧客が戻ってくる理由に上手く作用しています。キャンペーンの結果を知るために分析チームやエンジニアチームに頼る必要はありません。Optimizely は各企業に合わせたテストや意思決定をサポートし業界をリードする統計エンジンを開発しています。Optimizely はさまざまなチャネルに及ぶテスト、対象、パーソナライズ化を可能にするデータインフラストラクチャの主要部分において AWS に大きく依存しています。同社は Amazon S3、Amazon EC2、Amazon EMR、Amazon RDS、Amazon Redshift、Amazon DynamoDB、Amazon ElastiCache などのサービスを使用して、迅速かつ確実にインフラストラクチャをスケールアウトしビジネスの成長をサポートしています。さらに、Optimizely は監査に Amazon Identity and Access Management (IAM) ロール、Amazon Virtual […]

Read More

週刊 AWS – 2016 年 10 月 24 日

AWS にとって今週もまた忙しい 1 週間でした! 本日の投稿には、内外部の 21 名の寄稿者からの投稿に加えて、私の RSS フィード、受信トレイ、および私の身の回りのその他の内容が含まれています。これらをお楽しみいただくには、AWS 関連コンテンツを作成 (または検索) し、プルリクエストを送信してください。 月曜日 10 月 24 日 AWS Server Migration Service を開始しました。 中国 (北京) リージョンで AWS Config を開始しました。 最初の AWS 認定スタディガイドが利用可能になったことを発表しました。 が Amazon ElastiCache for Redis を使用した Hudl のニュースフィードのキャッシュについてブログを公開しました。 が Amazon CloudFront を通じた数百万人のモバイルアプリユーザーへのビデオのストリーミングについてブログを公開しました。 が Amazon Cognito ユーザープール認証フローのカスタマイズ方法についてブログを公開しました。 Werner が Adrian Cockcroft を AWS チームに迎え入れました。 cloudonaut.io […]

Read More

週刊 AWS – 2016 年 10 月 17 日

最近、AWS ではいろいろなことが起こっています! 本日の投稿には、内外部の数多くの寄稿者からの投稿に加えて、私の RSS フィード、受信トレイ、および私の身の回りのその他の内容が含まれています。これらをお楽しみいただくには、AWS 関連コンテンツを作成 (または検索) し、プルリクエストを送信してください。 月曜日 10 月 17 日 米国東部 (オハイオ) リージョンが利用可能になったことを発表しました。 が Amazon ElastiCache for Redis を使用した IoT および時系列データの管理についてブログを公開しました。 がクラウドコンピューティングへのアプローチは慎重に行うようお勧めしました。 が Amazon CloudFront および AWS Certificate Manager を使ってモバイル App Transport Security (ATS) のコンプライアンスを達成する方法を示しました。 がオーバーヘッドを生じさせずにスケーラブルな AWS セキュリティを実装する方法を示しました。 が 2 つのメッセージングプラットフォーム (Apache Kafka および Amazon Kinesis) についてブログを公開しました。 AWS Advent が 2016 年に復活し、お客様の提案をお待ちしております! […]

Read More

AWS 認定のスタディガイド(英語版)を初リリース

今回は私の同僚である Joe Baron がゲスト投稿で彼と同僚達による新書を紹介します。 AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイトの試験勉強をされていますか? つい先日、新刊の「AWS Certified Solutions Architect Official Study Guide: Associate Exam」John Wiley & Sons, Inc., が出版され、Amazon.com で単行本と Kindle 版が購入可能になりました。455 ページで構成したこのスタディガイドは、AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト試験に向けてお手伝いします。この分野に精通する専門家達が集まったチームのメンバー各自が寄稿、見直しを行い、AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイトの試験を考案しました。このガイドには AWS の概要や主要サービスの説明、AWS のセキュリティ、コンプライアンス、構造上のベストプラクティスに関する情報が含まれています。どの章もそのトピックに関する情報、試験に向けてここだけは押さえておきたいポイント、次の章に進む前に復習を目的とした質問 (回答は巻末に記載) などを含んでいます。このガイドは模擬試験やフラッシュカード、各章の復習用テストや評価テストなど、SYBEX のオンラインスタディツールへのアクセスも提供します。 また、新刊のほかに試験準備のお手伝いを目的とした半日のワークショップも設けています。「AWS Certification Exam Readiness Workshop: AWS Certified Solutions Architect – Associate」では試験当日や試験中の注意事項も考慮しています。試験がどのように構成されているのか詳しく説明し、出題の概念を解釈する方法についても教えているので、間違った回答を避けられるようになります。いくつもの模擬試験を通じて概念をテストする機会もあります。クラスを終了すると、オンライン模擬試験を無料で受けられるバウチャーを入手できます。 今年の に参加するのであれば、同会場でソリューションアーキテクト – アソシエイトの試験を受けることも可能です。スタディガイドを購入して今から試験準備を始めてみてはいかがでしょう (今すぐ予約)。 Joe […]

Read More

AWS 予算の更新 – クラウドのコストと使用量

スパイダーマンをはじめアクションヒーローは昔から「大いなる力には、大いなる責任が伴う」と言っています。オンデマンドで従量制のクラウドの世界では、ユーザー自身が確かな情報を備え、責任を持った顧客でなければいけないという意味として、このメッセージを捉えることができると思います。同様に企業環境においては予算と支出に注意する必要があり、実際の支出を予想額の範囲内に抑えなければなりません。そして複数のプロジェクトや部署で AWS を使用していると、こうした点を正確に追跡したり財務予測を立てることが複雑になっていきます。 そこで、この度 AWS の予算機能に重要な更新をいくつか追加しました (詳細は「AWS の新しい予算と予測」をご覧ください)。この機能はファイナンスマネージャー、プロジェクトマネージャー、DevOps のバイスプレジデント達が使用できるように設計されています (ご自分がクラウド予算の担当者でない場合は、適切な人物にこのブログを参考資料としてお知らせするのも良いでしょう)。AWS 予算を使用すれば特定のカテゴリにかかるコストや使用量を統一して見ることができます。また、自動通知を利用してステータスの詳細情報 (予算の上回りまたは下回り) を把握することができるので、潜在的な問題を識別し予算超過を防ぐための対策を講じることもできます。 AWS 予算の更新 1 つの支払いアカウントにつき 20,000 件までの予算を作成することができます。コストやリソースの消費量が頻繁に変わる環境で支出をうまく管理するため、予算は 1 日 4 回にわたり評価されるようになっています。通知はメールまたはプログラム ( メッセージ) で配信されるので、手動や半自動または完全自動の方法で状況に対応できます。これにより、次の状況や社内で発生する他の問題に取り組むことができます。 VP (バイスプレジデント) – 事業単位の予算や企業全体の予算を組み、リージョン別またはその他のカテゴリ別に支出を管理し実際の使用量と予算を比較することで、クラウド全体の支出を最適化できます。プロジェクトマネージャー – 部署内のコスト管理、複数のサービスやタグそしてリージョンを監視することができます。しきい値が超えると関係者にその旨を通知し対応を促します。必要であれば各チームメンバーにリソース予算を提供しそれを考慮して実行するように勧めることも可能です。 ファイナンスマネージャー – 自社のこれまでのコストを分析し、その情報を利用して今後の適切な予算を組むことができます。企業全体または各アカウントや各サービス、事業単位、プロジェクトチーム別にコストを見直すことができます。 予算を組む では 1 つか 2 つ予算を作成してみましょう! [Billing and Cost Management] を開きます。 [Budgets] をクリックします。 AWS 予算を初めて使用する場合は [Create budget] をクリックしてから次のステップに進む前に 24 時間待たなければならない場合もあります。その間、お客様の最初の詳細な請求レポートを準備します。 […]

Read More

週刊 AWS – 2016 年 10 月 13 日

今回の週刊 AWS の作成には AWS 内外から 24 人の寄稿者にご協力いただきました。寄稿にご協力いただける場合は GitHub の AWS Week in Review をご覧ください。寄稿プロセスの簡略化と効率化を実現するためのディスカッションを近く始める予定です。 月曜日 10 月 10 日 より多くのリージョンで X1.16xlarge と X1 の利用が可能になりました。 Atlassian JIRA ソフトウェアと Bitbucket データセンターの AWS クイックスタートをリリースしました。 が週刊 AWS への寄稿プロセスについてエピソードを公開しました。 が AWS Lambda と Amazon API Gateway を使用するモバイルバックエンドサービスについてブログを公開しました。 が Amazon RDS インスタンスの垂直スケーリングや水平スケーリングについてブログを公開しました。 が Amazon S3 でクラウド上にアプリの写真を保存する方法を説明しました。 が分散させたワークロードで Amazon S3 の同時実行レベルを高くするための最適化について説明したブログを公開しました。 Boxfuse […]

Read More