Amazon Web Services ブログ

Tag: opentelemetry

カスタムリソースで指定された構成設定に基づく、ADOT Collector のライフサイクル

AWS Distro for OpenTelemetry の Amazon EKS アドオンを使用したメトリクスとトレースの収集

この記事は Metrics and traces collection using Amazon EKS add-ons for AWS Distro for OpenTelemetry (記事公開日: 2022 年 4 月 22 日) を翻訳したものです。 イントロダクション Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) は、Kubernetes のコントロールプレーンを管理するという負担の大きい作業を、ユーザーからオフロードするマネージドサービスです。これにより、ユーザーはデータプレーン上のアプリケーションワークロードを管理するために必要なツールを、柔軟にインストールできます。しかし、多くのお客様は、クラスターのいわゆる Day-2 オペレーションに不可欠なこれらのツールのいくつかを、AWS が管理することを望んでいます。これには、Amazon VPC CNI のようなクラスターネットワーキング用のツールや、ワークロードを監視するためのツールが含まれます。こうした運用ソフトウェアのライフサイクル管理を提供するために、2020 年 12 月に EKS アドオンが導入されました (日本語翻訳)。アドオンは EKS クラスターにおいて運用機能を提供するソフトウェアであり、ユーザーがプロダクショングレードのクラスターを安定して安全に運用することを容易にします。

Read More

re:Invent 2021 .NET セッション

AWS での.NET アプリケーションの実行はかつてないほど素晴らしいものであり、今年の re:Invent でのセッションは、その興奮を反映しています。すべてのセッションは、アプリケーションにすぐに適用できる実際の洞察とコーディング例を求めているビルダーを対象としています。ラスベガスに行けない人のためのバーチャルオプションもあります。今年は AWS 上の .NET にとって素晴らしい年になるでしょう!

Read More

Amazon Managed Service for Prometheus を使用して EC2 環境を監視する

2021年4月16日追記:この記事は、Prometheus サーバーでの AWS Signature Version 4 サポート によって導入された変更を反映するように更新されました。 先日、Prometheus メトリクスの取り込み、クエリ、保存を行うフルマネージドでセキュアな Prometheus 互換環境を作成できるAmazon Managed Service for Prometheus (AMP) を発表しました。AWS Management & Governance の以前のブログ記事で、コンテナ化された環境を監視するためにAMPをセットアップする方法を説明しました。いくつかのクリティカルなユースケースでは、コンテナ化はずっと先のことだったり、時には不可能な場合があります。 この記事では、Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) またはオンプレミス環境で稼働しているシステムでどのように AMP を使うのかを説明します。

Read More
Pre-built dashboard in console

Amazon ECS と Amazon EKS での AWS Distro for Open Telemetry と CloudWatch Container Insights の Prometheus サポートのご紹介

この記事は Introducing CloudWatch Container Insights Prometheus Support with AWS Distro for OpenTelemetry on Amazon ECS and Amazon EKS (記事公開日: 2021 年 8 月 24 日) を翻訳したものです。 CloudWatch Container Insights を使用して、コンテナ化されたアプリケーションやマイクロサービスを監視、トラブルシューティング、アラームすることができます。Amazon CloudWatch は、CPU、メモリ、ディスク、ネットワークデータなどのコンピュート使用率情報を収集、集約、要約します。また、コンテナの再起動失敗などの診断情報を提供することで、問題を切り分け、迅速に解決するのにも役立ちます。Container Insights は、Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) 、Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) 、AWS Fargate、スタンドアロンの Kubernetes などの、コンテナ管理サービスからのインサイトを提供します。 AWS は、Cloud Native Computing Foundation (CNCF) […]

Read More
.NET on AWS

AWSで.NET 5を利用する

AWSには長い間.NETでの開発に携わってきた者が多数在籍しており、私たちは.NET 5がGAリリースされたことに大きい喜びを感じています。2020年夏に.NET Conf 2020で発表されたベンチマーク結果によると、旧バージョンの.NET Core 3.1に比べ特に性能改善に力が注がれたことがよく分かります。この記事では、AWSが.NET 5での開発をサポートするためにどんなサービスやツールをご用意しているか、コンピューティング・ネットワーク・開発者ツール・データベースといった4つの領域に分けて解説していきたいと思います。これらの情報をもとに、皆様がAWS上で.NETを最大限活用できれば幸いです。

Read More

Fluent Bit for Amazon EKS on AWS Fargate をリリース

本投稿は、Akshay Ram, Prithvi Ramesh, Michael Hausenblas による寄稿を翻訳したものです。   Container roadmap 上の issue 701 では、 EKS on Fargate 利用時の CNCF Fluent Bit を利用したログルーターのサポートについて議論していました。このブログ記事では、EKS on Fargete利用時におけるいくつかの設定ステップによってCloudWatch へ直接ログを送信する事が出来る新しい機能とそれを利用する流れをみていきましょう。 以前は、AWS Fargate 上で動くAmazon EKS の Pod から コンテナログを送信するためには サイドカーコンテナを動かす必要がありましたが、組み込みのログルーターを利用出来るようになりました。これはサイドカーをインストールしたり維持する必要が無いという事を意味しています。ユーザーはデータの送信先を選択するだけで、ログは選択した送信先にルーティングされます。 私たちは、2つの設計原則を維持しながらこの機能を構成しました。 一貫性:必要に応じて、ネイティブの Kubernetes オブジェクトを利用して、コンピューティングタイプ(EC2、マネージドノードグループ、Fargate)に渡った一貫したインターフェイスをお客様に提供する シンプル:お客様のインフラストラクチャーや add-ons をさらに管理する この設計原則に従う事で、Fluent Bit 設定言語と Kubernetes Config Map を、プライマリインターフェイスとして選択し、 Kubernetes クラスターにおける標準的な方法としてロギングを設定する様にしました。Fluent Bit をプラットフォームの中に含める事で、Fluent Bit のライフサイクル管理をシンプルにしました。ログを何処に送るかを指定するだけで、後はAWSによって管理されます。   […]

Read More