AWS Chatbot は、Slack チャンネルまたは Amazon Chime チャットルームで AWS の ChatOps を簡単にセットアップできるようにするインタラクティブエージェントです。AWS Chatbot を使用すると、アラートを受信することや、診断情報の取得、AWS Lambda 関数の呼び出し、AWS サポートケースの作成を行うコマンドを実行することができ、チームでの共同作業やイベント対応がさらに迅速になります。

通知の受信

AWS Chatbot を使用して、運用アラーム、セキュリティアラート、コンプライアンスの問題、予算の逸脱など、サポート対象のソースから運用上のインシデントなどのイベントに関する通知を受信します。Chatbot コンソールですばやく簡単に通知をセットアップできます。通知を受け取りたいチャンネルまたはチャットルームを選択した後、通知をトリガーする Amazon Simple Notification Service トピックを選択するだけです。

診断情報の取得

AWS Chatbot では、AWS のほとんどのサービスに対する読み取り専用のコマンドをサポートしており、デスクトップやモバイルデバイスの Slack を使って AWS リソースに関する診断情報を簡単に取得できます。チームは、診断情報を 1 か所でリアルタイムに取得できるため、イベントに対してより迅速に分析および対応することができます。また、Slack の簡単なコマンドで、Lambda 関数の呼び出してワークフローを開始することや、AWS サポートケースの作成を行うことができます。AWS Chatbot コマンドでは、既に馴染みのある AWS コマンドラインインターフェイスの構文が使用されます。

事前定義された AWS Identity and Access Management ポリシーテンプレート

AWS Chatbot では、AWS Identity Access Management (IAM) によってチャットルームごとにアクセス許可を管理できます。AWS Chatbot の事前定義済みテンプレートを使用すると、特定のチャンネルやチャットルームに関連付けるアクセス許可を簡単に選択して迅速にセットアップすることができます。

Slack と Amazon Chime のサポート

ほんの数クリックで、Slack チャンネルまたは Amazon Chime チャットルームに AWS Chatbot を追加できます。

Product-Page_Standard-Icons_01_Product-Features_SqInk
よくある質問のページにアクセスする

AWS Chatbot に関するよくある質問と回答をご覧ください。

詳細 
Next-Steps-Icon_Download
AWS Chatbot を試す

AWS Chatbot の使用を開始する。

今すぐ始める 
Next-Steps-Icon_User-guide
ドキュメントを確認する

開発者ガイドで AWS Chatbot の詳細を確認できます。

詳細 
50 以上の製品を無料でお試し
AWS 無料利用枠 ››
ご不明な点がおありですか?
日本担当チームへお問い合わせ ››