AWS Chatbot は、Slack チャンネルまたは Amazon Chime チャットルームで AWS の ChatOps を簡単にセットアップできるようにするインタラクティブエージェントです。AWS Chatbot を使用すると、アラートの受信、診断情報の取得、AWS リソースの設定、AWS Lambda 関数の呼び出し、インシデントの解決を行うことができるため、チームは協力してイベントに迅速に対応できます。

通知を受信

必要なのは、通知を受信する Slack チャンネルまたは Amazon Chime チャットルームを選択してから、通知をトリガーする Amazon Simple Notification Service (SNS) トピックを選択することだけです。

診断情報を取得し、AWS リソースを設定する

AWS Chatbot は、デスクトップおよびモバイルデバイスの Slack からのほとんどの AWS のサービス向けに AWS Command Line Interface (CLI) コマンドをサポートします。チームは、診断情報を取得し、チャットルームから AWS リソースを設定することで、イベントをより迅速に分析して対応できます。Slack から CLI コマンドを発行して、Amazon Elastic Compute Cloud (EC2) インスタンスを再起動し、Lambda 関数の同時実行制限を引き上げ、Amazon Elastic Container Service (ECS) の Auto Scaling の制限を変更できます。Lambda 関数を呼び出したり、AWS Systems Manager Automation ランブックを実行したり、AWS Support ケースを作成したりして、ワークフローを開始することもできます。AWS Chatbot コマンドは、おなじみの AWS CLI 構文を使用します。AWS Chatbot は、構文の手がかりを提供し、パラメータの入力を求めることで、コマンドを完了するサポートも提供します。

事前定義された AWS IAM ポリシーテンプレート

AWS Chatbot は、AWS Identity Access Management (IAM) を通じてチャットチャネル固有の許可のコントロールを提供します。事前定義済みテンプレートを使用すると、特定のチャネルやチャットルームに関連付ける許可を簡単に選択して迅速に設定できます。

Slack と Amazon Chime のサポート

わずか数クリックで、Slack チャンネルまたは Amazon Chime チャットルームに AWS Chatbot を追加できます。

AWS Chatbot のよくある質問
よくある質問のページにアクセス

AWS Chatbot に関するよくある質問と回答をご覧ください。

詳細 
AWS Chatbot を試す
AWS Chatbot を試す

AWS Chatbot の使用を開始する。

使用開始 
ドキュメントを読む
ドキュメントを確認する

開発者ガイドで AWS Chatbot の詳細を確認できます。

詳細