AWS CloudTrail では、サポートされている AWS のサービスのすべての管理イベントに対する過去 90 日間のアカウントアクティビティを、無料で表示、フィルタリング、ダウンロードできます。

また、各リージョンの管理イベントの 1 つのコピーを配信する証跡を無料で設定できます。CloudTrail の証跡が設定されると、お客様の使用量に基づいて Amazon S3 の料金が適用されます。すべてのデータイベント、またはそのリージョンで記録された管理イベントの追加コピーについては、料金が発生します。 さらに、証跡で Insights イベントを有効にすることで、CloudTrail Insights を選択できます。CloudTrail Insights の分析では書き込み管理イベントが発生し、そのリージョンで分析されたイベントの数に基づいて請求されます。

管理イベント

データイベント

CloudTrail Insights

料金の例

例 1

AWS アカウントの AWS CloudTrail が未設定であるとします。AWS CloudTrail によって、過去 90 日間のサポート対象の管理イベントアクティビティが記録されます。また、AWS CloudTrail コンソールから、または AWS CLI を使用して、無料で表示と検索を行えます。

例 2

AWS アカウントに CloudTrail 証跡が 1 つあるとします。管理イベントのみを記録するように証跡を設定し、定義した S3 バケットにそれらを配信したとします。これらのイベントに対しては、S3 ストレージの料金のみ支払います。CloudTrail については、管理イベントの最初のコピーが課金対象ではないため、無料です。例 1 と同様、CloudTrail コンソールまたは AWS CLI を使用して、過去 90 日間のイベントについて検索できます。CloudTrail によって S3 バケットに保存されたログを使用することもできます。

例 3

AWS アカウントに CloudTrail 証跡が 1 つあるとします。管理イベントと CloudTrail Insights イベントを記録するように証跡を設定し、定義した S3 バケットにそれらを配信したとします。それぞれのイベントについて、S3 ストレージの料金を支払う必要があります。管理イベントの最初のコピーが課金対象ではないため、管理イベントの費用はかかりません。ただし、CloudTrail Insights イベントのすべてのコピーには料金がかかるため、CloudTrail Insights の場合、証跡で分析される 100,000 件の書き込み管理イベントごとに 0.35 USD を支払います。

例 4

AWS アカウントに CloudTrail 証跡が 2 つあるとします。証跡は両方とも、管理イベントを記録するように設定し、データイベントを記録するようには設定していません。すべてのイベントについて、S3 ストレージの料金を支払う必要があります。CloudTrail については、管理イベントの追加のコピーが課金対象となるため、2 つ目の証跡について管理イベント 10 万件あたり 2 USD の料金が課金されます。

例 5

AWS アカウントに CloudTrail 証跡が 2 つあるとします。証跡は両方とも、管理イベントと CloudTrail Insights イベントを記録するように設定し、どちらもデータイベントを記録するようには設定していません。すべてのイベントについて、S3 ストレージの料金を支払う必要があります。管理イベントの追加のコピーが課金対象となるため、2 つ目の証跡について管理イベント 10 万件あたり 2.00 USD の料金が請求されます。 さらに、CloudTrail Insights では、CloudTrail Insights イベントのすべてのコピーに料金が発生するため、2 つの証跡のそれぞれで分析される 100,000 件の書き込み管理イベントごとに 0.35 USD を支払います。

例 6

AWS アカウントに証跡が 1 つあり、管理イベントとすべてのデータイベントを記録し、定義した S3 バケットに対しそれらを配信するように設定したとします。この場合、それぞれのイベントについて、S3 ストレージの料金を支払う必要があります。管理イベントの最初のコピーが課金対象ではないため、管理イベントについての料金は無料です。ただし、データイベントはすべてのコピーが課金対象となるため、10 万件のデータイベントについて 0.10 USD の料金を支払う必要があります。

例 7

AWS アカウントに CloudTrail 証跡が 2 つあるとします。一方の証跡は管理イベントを記録し、もう一方の証跡はデータイベントのみを記録するとします。どちらの証跡も定義した S3 バケットにイベントを配信するとします。すべてのイベントについて、S3 ストレージの料金を支払う必要があります。管理イベントの最初のコピーが課金対象ではないため、管理イベントについての料金は無料です。ただし、データイベントはすべてのコピーが課金対象となるため、10 万件のデータイベントについて 0.10 USD の料金を支払う必要があります。この例の料金は例 6 の料金と同じになります。

CloudTrail の証跡が設定されると、AWS CloudTrail のログが S3 バケットに配信されるため、使用量に基づいて Amazon S3 の料金が課金されます。Amazon S3 の一般的な料金は、ほとんどのアカウントで、毎月 3 USD 未満です。

オプションで、Amazon SNS トピックを指定して、Amazon S3 への CloudTrail ログファイル配信の通知、CloudWatch Logs への CloudTrail ログの送信、AWS Key Management Service (AWS KMS) を使用した CloudTrail ログの暗号化を実行できます。これらの機能が使用される場合、関連サービスの標準利用料金が適用されます。こうした料金の情報については、各サービスの料金ページを参照してください。

料金に関するその他のリソース

AWS 料金計算ツール

AWS の月額料金を簡単に計算

エコノミクスリソースセンター

AWS に切り替えるためのその他のリソース

AWS CloudTrail の使用を開始する方法を知る

開始方法のページにアクセスする
構築を始めましょう。
AWS CloudTrail の使用を開始する
ご不明な点がありますか?
お問い合わせ