コラボレーション

AWS CodeCommit は、共同でのソフトウェア開発向けに設計されています。コードのコミット、分岐、結合を容易に行えるため、チームのプロジェクト管理を容易に維持できます。CodeCommit では、プルリクエストもサポートされています。これにより、コードの確認をリクエストして共同作業者とコードを検討できます。AWS マネジメントコンソール、AWS CLI、AWS SDK を使用してリポジトリを作成し、Git を使用してリポジトリの操作を開始できます。

暗号化

AWS CodeCommit との間では、お好みに応じて HTTPS または SSH を使ってファイルを転送できます。保存されるリポジトリは、お客様専用のキーを使用して、AWS Key Management Service (AWS KMS) による暗号化も自動的に行われます。

アクセスコントロール

AWS CodeCommit は AWS Identity and Access Management を使用して、誰が、どのように、いつ、どこでデータにアクセスできるかを管理および監視します。CodeCommit は、AWS CloudTrail や AWS CloudWatch を介したリポジトリの監視にも役立ちます。

高可用性と耐久性

AWS CodeCommit は、お客様のリポジトリを Amazon S3 と Amazon DynamoDB に保存します。  暗号化されたデータは、複数の施設にわたって、冗長性を確保して保存されます。このアーキテクチャによって、リポジトリデータの可用性と耐久性が高められています。

無制限のリポジトリ

AWS CodeCommit では、必要なだけ多くのリポジトリを作成でき (デフォルトでは最大 1,000 個まで)、ご要望により制限は解除されます。画像やライブラリなどのアプリケーションアセットを含め、すべての種類のファイルをコードと合わせて保存できます。

簡単なアクセスと統合

AWS マネジメントコンソール、AWS CLI、AWS SDK を使用してリポジトリを管理できます。また、Git コマンドまたは Git グラフィカルツールを使用して、リポジトリのソースファイルを操作できます。AWS CodeCommit はすべての Git コマンドをサポートしており、既存の Git ツールと共に機能します。開発環境のプラグインや継続的インテグレーション/継続的デリバリーシステムを統合できます。

通知とカスタムスクリプト

AWS CodeCommit リポジトリのトリガーを使用すると、Amazon Simple Notification Service (Amazon SNS) によって通知を送信したり HTTP ウェブフックを作成したりすることや、選択したリポジトリイベントに応答して AWS Lambda 関数を呼び出すことができます。

AWS CodeCommit 料金の詳細

料金表のページを見る
構築の準備はできましたか?
AWS CodeCommit の使用を開始する
ご不明な点がありますか?
お問い合わせ