AWS FinTech リファレンス・アーキテクチャー日本版

アマゾン ウェブ サービス(以下 AWS )は、これまでに FISC や PCI DSS などの様々な統制やセキュリティ基準への対応をしてきました。現在では、日本のみならず金融機関や FinTech のお客様にグローバルに AWS のサービスをご活用いただいております。AWS はそうした実績を活かし、金融機関で参照される各種のガイドラインの主要な要求事項と技術的検討事項を網羅的に確認し、「AWS FinTech リファレンス・アーキテクチャー 日本版」を作成しました。お客様は、これを活用することにより、 AWS 上に FinTech サービスの環境の構築を迅速に実現する、あるいは、既存環境に関連したセキュリティや統制についての確認を行うことが可能となります。

このリファレンス・アーキテクチャーの取り組みは「AWS FinTech リファレンス・ガイド 日本版」と「AWS FinTech リファレンス・テンプレート 日本版」によって構成されています。「AWS FinTech リファレンス・ガイド 日本版」は、 FISC 安全対策基準、 PCI DSS 、 ISO27001 等の金融機関のお客様によく活用されているセキュリティ関連基準の主要な部分について網羅的に検討しています。それらの要求事項については、 AWS が該当する箇所とその参照情報、ユーザーが該当する箇所と実施事項に区分し、関連する AWS テクノロジーの活用方法を紐づけています。「AWS FinTech リファレンス・テンプレート 日本版」は、そうして検討した要求事項を満たすための AWS サービスや、その構成・設定内容を整理し、 AWS CloudFormation としてテンプレート化したものとなっています。この使用にあたっては、技術的な検討が必要な場合があります。現在は必要に応じて技術的なコンサルテーションを実施の上、個別に提供させていただいております。AWS FinTech リファレンス・テンプレートには、AWS CloudFormation のテンプレートファイル、システム構成図、および、適応にあたっての関連文書が含まれます。

「AWS FinTech リファレンス・ガイド 日本版」と「AWS FinTech リファレンス・テンプレート 日本版」の詳細は担当営業、もしくは下記のフォームからお問い合わせください。
https://aws.amazon.com/jp/contact-us/sales-support/
compliance-contactus-icon
ご質問がありますか? AWS のビジネス担当者と連絡を取る
コンプライアンスの役割について調べますか?
今すぐご登録ください »
AWS コンプライアンスの更新情報をお探しですか?
Twitter でフォローしてください »