Uptime Institute Tiers について教えてください
Uptime Institute

Uptime Institute では、サイトインフラストラクチャの潜在的なパフォーマンスや稼働時間に関してさまざまなデータセンター施設を評価するため、標準的な Tier Classification System を作成しました。Uptime Institute では、他の組織が Tier Classification System でデータセンターを認証することを許可していません。また、データセンターの設計、構築、または運用は行っていません。

AWS は Tier III+ ガイドラインに従ってデータセンターを運営していますが、パフォーマンスの拡大や向上に関して高い柔軟性を備えるため、認定された Uptime Institute ベースの階層化レベルを持たないようにしています。インフラストラクチャのパフォーマンスに対する AWS の手法では、Uptime Institute の階層化ガイドラインを認識し、それをグローバルデータセンターのインフラストラクチャの設計に適用することで、お客様に対する最高レベルのパフォーマンスと可用性を実現しています。次に、AWS は Uptime Institute によって提供されるガイドラインを強化してグローバルオペレーションに対応できるようスケールするとともに、可用性とパフォーマンスについて Uptime Institute の階層化ガイドライン単独で達成できるレベルをはるかに超える運用上の結果を実現します。AWS は階層 4 への準拠は主張していませんが、システムでは自己修正対策が実施され、耐障害性の高いオペレーションのシーケンスを備えていることを確約できます。

AWS は、システムの可用性を維持し、停止の場合にサービスを復元するために必要となる重要なシステムコンポーネントを識別しています。重要なシステムコンポーネントは、複数の個別の場所 (アベイラビリティーゾーン) にわたってバックアップされます。各 Availability Zone は、その独自の、物理的にはっきりと独立したインフラストラクチャ上で稼動しています。また高い信頼性を保つように設計されています。アベイラビリティーゾーンは高速なプライベート光ファイバーネットワーキングで相互に接続されているため、アプリケーションがアベイラビリティーゾーン間で中断なく自動的にフェイルオーバーできるようなアーキテクチャを簡単に設計できます。

はい。AWS のお客様は、複数のアベイラビリティーゾーンでの複数のインスタンスと、データレプリケーションを採用してきわめて高い復旧時間と目標復旧時点を達成するとともに、99.999% 以上のサービスの可用性により、クラウドで復元力が高いシステムを構築することができます。したがって、サービスの可用性は設計の機能となり、アプリケーションの可用性やパフォーマンスが重要なお客様は、同じリージョンの複数のアベイラビリティーゾーンでこれらのアプリケーションをデプロイして、耐障害性や低レイテンシーを実現できます。Amazon S3 など一部の AWS サービスは、リージョン内のすべてのアベイラビリティーゾーンを活用するよう構築されており、99.999999999% の高い耐久性があります。複数のアベイラビリティーゾーンにわたる耐久性の高いストレージや、永続的ボリューム (Amazon EBS) のスナップショットに使用できます。

 

お問い合わせ