VPAT/Section 508

概要

VPAT

1998 年、米国議会は、リハビリテーション法を修正し、電子情報技術を障害者に利用しやすくすることを連邦政府機関に義務付けました。技術を利用できないなら、個人が情報をすばやく簡単に入手および使用する能力が妨げられます。第 508 条は、情報技術の障壁をなくし、障害者が新しい機会を利用できるようにし、この目標を達成するための技術の開発を促進するために規定されました。

この法律は、すべての連邦政府機関が電子情報技術を開発、調達、保守、または使用するときに適用されます。第 508 条 (29 U.S.C. ' 794d) では、障害を持たない人に提供されるアクセスと同等の公開アクセスを障害を持つ職員と一般市民にも提供することを連邦政府機関に義務付けています。

第 508 条は連邦および州の要件であり、AWS の政府関連組織のいかなるお客様にも第 508 条のコンプライアンスの要件が適用されます。第 508 条では、連邦政府機関が電子情報技術を開発、調達、保守、または使用する際には、過度の負担がかかる場合を除いて、障害を持つ人が確実にアクセスできるようにする必要があることを義務付けています。障害を持つ連邦政府の従業員および一般市民は、障害を持たない連邦政府の従業員および一般市民と同等に、情報およびサービスにアクセスし、使用できる必要があります。

AWS は、すべての政府基準とコンプライアンスコントロールを遵守することに全力を尽くしています。この取り組みは、AWS のサービスにアクセスして消費するすべての個人に対して、AWS がこれらの基準への現在のコンプライアンスの理解、実施、および保守に重点を置いていることに反映されています。

Voluntary Product Accessibility Template (VPAT) は、AWS Artifact (AWS のコンプライアンスレポートへのオンデマンドアクセス用のセルフサービスポータル) を使用して入手することができます。今すぐ AWS Artifact の使用を開始する

AWS では、SDK、IDE ツールキット、コマンドラインツールなど、複数のインターフェイスを使用できる API をベースにしたクラウドコンピューティングサービスや、AWS リソースの開発および管理を提供しています。AWS では、AWS マネジメントコンソールAWS ElasticWolf Client Console の 2 つのグラフィカルユーザーインターフェイスを提供しています。AWS ElasticWolf Client Console は第 508 条の要件を組み込んでいます。AWS ではこの Console に関する Voluntary Product Accessibility Template (VPAT) を用意しており、その中で Console のアクセシビリティ機能について説明しています。

compliance-contactus-icon
ご質問がありますか? AWS のコンプライアンス担当者にご連絡ください
コンプライアンスの役割についてお知りになりたいですか?
今すぐご登録ください »
AWS コンプライアンスの更新情報をご希望ですか?
Twitter でフォローしてください »