AWS Compute Optimizer はワークロードに最適な AWS リソースを推奨し、機械学習を使って過去の使用率メトリクスを分析することで、コストを削減し、パフォーマンスを向上します。Compute Optimizer のデフォルトバージョンでは、Amazon Elastic Compute Cloud (EC2) インスタンス、Amazon Elastic Block Store (EBS) ボリューム、およびアプリケーションの実行に使用する AWS Lambda 関数の料金と、Amazon CloudWatch モニタリング料金のみをお支払いいただきます。デフォルトの Compute Optimizer のオプションは、過去 14 日間の Amazon CloudWatch メトリクスを分析して、レコメンデーションを提供します。

月次または四半期の使用率パターンをキャプチャする Amazon EC2 または Auto Scaling グループのレコメンデーションを受け取るために、Compute Optimizer の拡張インフラストラクチャメトリクス (有料機能) をアクティブ化できます。この機能をアクティブ化すると、Compute Optimizer は、デフォルトの Compute Optimizer オプションと比較して最大 6 倍の Amazon CloudWatch 使用率メトリクス履歴を取り込み、分析します (14 日間と比較して最大最大 3 か月の履歴)。 拡張インフラストラクチャのメトリクスの費用は、各リソースにつき 1 時間あたり 0.0003360215 USD で、リソースが実行されている 1 か月あたりの時間数に基づいて請求されます。この機能のコストは、1 か月間 31 日フルで稼働するリソースに対して、1 リソースあたり月額 0.25 USD となります。

料金表

EC2 の拡張インフラストラクチャメトリクス 1 か月あたりのリソースの実行時間数に基づく 0.0003360215 USD リソース/時間

料金の例

例 1: お客様は、7 月 15 日に、5 つの EC2 インスタンスの拡張インフラストラクチャメトリクスをアクティブ化します。EC2 インスタンスは、1 か月全体 (744 時間) にわたって実行されています。

7 月15 日に 5 つのリソースで拡張インフラストラクチャメトリクスをアクティブ化したとします。Compute Optimizer は、リソースが実行されている間、これら 5 つのリソースについてのみ、拡張インフラストラクチャメトリクスをアクティブ化したことについての料金を請求します。リソースが 31 日間 (744 時間) 実行されたと仮定すると、Compute Optimizer のその月末の請求額は次のように計算されます。

使用タイプ リソース数 リソースが実行されている時間 請求可能な時間

時間単位の料金

月額料金
拡張インフラストラクチャメトリクス 5 744 744 0.0003360215 USD 5 × 744 × 0.0003360215 USD = 1.25 USD

例 2: お客様は、固定サイズ (4) の Auto Scaling グループについて、拡張インフラストラクチャメトリクスをアクティブ化します。7 月に Auto Scaling グループ内で実行された個別の EC2 インスタンスの数は 5 でした。

固定サイズの 4 インスタンス Auto Scaling グループについて、拡張インフラストラクチャメトリクスをアクティブ化したとします。Compute Optimizer は、その月にその Auto Scaling グループ内で実行されたインスタンスについてのみ、拡張インフラストラクチャメトリクスをアクティブ化したことについての料金を請求します。3 つのリソースが 31 日間 (744 時間) 実行され、2 つが半月 (372 時間) 実行されたと仮定すると、Compute Optimizer の月末の請求額は次のように計算されます。

使用タイプ リソース数 リソースが実行されている時間 請求可能な時間

時間単位の料金

月額料金

拡張インフラストラクチャメトリクス

3 744 744 0.0003360215 USD 3 × 744 × 0.0003360215 USD = 0.75 USD
拡張インフラストラクチャメトリクス 2 372 372 0.0003360215 USD 2 × 372 × 0.0003360215 USD = 0.25 USD
合計 = 1.00 USD

例 3: お客様は、6 月 20 日に、5 つの EC2 インスタンスの拡張インフラストラクチャメトリクスをアクティブ化します。5 つのインスタンスは 15 日間 (360 時間) だけ実行されます。

6 月 20 日に 5 つのインスタンスで拡張インフラストラクチャメトリクスをアクティブ化したとします。Compute Optimizer は、これら 5 つのインスタンスについてのみ拡張インフラストラクチャメトリクスをアクティブ化するための料金を請求し、それらのインスタンスが実行された時間数についての料金を請求します。リソースが 15 日間 (360 時間) だけ実行されたと仮定すると、Compute Optimizer のその月末の請求額は次のように計算されます。

使用タイプ リソース数 リソースが実行されている
時間
請求可能な時間 時間単位の料金 1 か月あたりの
 請求額
拡張インフラストラクチャ
メトリクス
5 360 360

0.0003360215 USD

5 × 360 × 0.0003360215 USD = 0.6048387 USD

料金に関するその他のリソース

AWS 料金計算ツール

AWS の月額料金を簡単に計算

料金に関するサポートを受ける

個別のお見積もりをご希望の場合、AWS のスペシャリストに問い合わせる

Standard Product Icons (Features) Squid Ink
よくある質問で詳細を確認する

よくある質問のページにアクセスしてください。

詳細 
Sign up for a free account
無料のアカウントにサインアップ

AWS 無料利用枠にすぐにアクセスできます。 

サインアップ 
Standard Product Icons (Start Building) Squid Ink
コンソールで構築を開始する

AWS マネジメントコンソールで AWS Compute Optimizer を使った構築を始めましょう。

サインイン