複数のソースからの運用データを統合する

Amazon DevOps Guru は、Amazon CloudWatch メトリクス、AWS Config、AWS CloudFormation、AWS X-Ray などの複数のソースからの運用データのストリームを継続的に分析および統合し、運用データの異常を検索して視覚化するための単一のコンソールダッシュボードを提供します。これにより、複数のツールを使用する必要性が少くなります。 また、AWS Organizations でマルチアカウントサポートを有効にすると、メンバーアカウントを指定して、組織全体のインサイトを管理できます。 これにより、この委任された管理者は、組織内のすべてのアカウントからのインサイトを表示、並べ替え、およびフィルタリングして、追加のカスタマイズを必要とすることなく、モニタリング対象のすべてのアプリケーションのヘルスに関する組織全体のビューを作成できます。

DevOps Guru ダッシュボード
Amazon DevOps Guru ダッシュボード
 拡大イメージを見る

機械学習を活用した洞察を活用する

Amazon DevOps Guru は、ML を活用した推奨事項を利用することで、アプリケーションの可用性を向上させ、手作業を減らして運用上の問題をより迅速に修正します。メトリック、ログ、イベント、およびトレースを継続的に取り込んで分析し、アプリケーションの動作の通常範囲を確立します。次に、DevOps Guru は通常の動作からの逸脱を探し、異常を集約して、アプリケーションのコンポーネントの関係に基づいて運用上の洞察を作成します。運用上の洞察には、影響を受けるコンポーネントに関する情報、関連する異常の特定、AWS CloudTrail イベントなどのコンテキストデータを使用して修正する方法に関する推奨事項が含まれます。

DevOps Guru Insight の詳細
Amazon DevOps Guru Insight の詳細
 拡大イメージを見る
DevOps Guru Insight の詳細 – グラフ化された異常タブ
Amazon DevOps Guru Insight の詳細 – グラフ化された異常タブ
 拡大イメージを見る
DevOps Guru Dashboard Insights の詳細 – 関連イベント
Amazon DevOps Guru Insight の詳細 – 関連イベント
 拡大イメージを見る
DevOps Guru Insight の詳細 – 推奨事項
Amazon DevOps Guru Insight の詳細 – 推奨事項
 拡大イメージを見る

アラームを自動的に構成する

デベロッパーと運営者は、Amazon DevOps Guru がアプリケーションのアラームを構成および設定できるようにします。アプリケーションが進化し、新しいサービスを採用すると、DevOps Guru は新しいリソースを自動的に認識し、関連する指標を取り込みます。次に、ルールやアラームを手動で更新しなくても、通常の動作パターンから逸脱した場合に警告を発します。

最小限のノイズで最も重大な問題を検出する

Amazon DevOps Guru は、Amazon.com などの高可用性アプリケーションの運用における長年の経験を活用し、AWS の内部運用データでトレーニングされた機械学習モデルを使用して、アプリケーションに影響を与える重大な問題に対し、正確な運用上の洞察を提供します。

DevOps Guru Insights
Amazon DevOps Guru Insights
 拡大イメージを見る

デプロイや管理のための追加のソフトウェアが不要なワンクリックのデプロイ

AWS マネジメントコンソールでワンクリックするか、単一の API コールで、1 つのアカウントで Amazon DevOps Guru を有効にできます。 Amazon DevOps Guru は、AWS Organizations の統合によるマルチアカウントのインサイトの可視化もサポートしています。有効にすると、Amazon DevOps Guru は機械学習を使用して、アプリケーションメトリクス、ログ、イベント、通常の動作パターンから逸脱した動作などのデータを自動的に収集して分析します。デプロイや管理のための追加サービスはありません。

AWS のサービスおよびサードパーティーツールと統合する

Amazon DevOps Guru は、Amazon CloudWatch、AWS Config、AWS CloudFormation、および AWS X-Ray とネイティブに統合して、アプリケーションコンポーネント間の接続と依存関係を検出および追跡します。また、DevOps Guru は、AWS Systems Manager および Amazon EventBridge との統合も行っています。AWS Systems Manager との統合により、DevOps Guru が生成するインサイトごとに OpsCenter で OpsItem を自動的に受け取ることができます。これにより、OpsCenter の機能を活用して、運用上の問題をさらに迅速に表示、調査、および解決できます。 Amazon EventBridge との統合により、どこに通知を送信するかを決定するためのルーティングルールのセットアップ、通知を送信するだけか、事前定義された DevOps Guru パターンに一致するアクションをトリガーするためのそのパターンの使用 (例:「New Insights Open (新しいサイトがオープン)」でのみ送信)、または通知を送信するためのカスタムパターン作成が可能になります。DevOps Guru は、DevOps Guru から SNS 通知を取り込むことができる PagerDuty および Atlassian のサードパーティーインシデント管理ツールとも統合されているため、プラットフォーム内でインシデントを自動的に管理できます。

DevOps Guru 設定
Amazon DevOps Guru 設定ページ
 拡大イメージを見る
Standard Product Icons (Features) Squid Ink
料金の詳細を確認する

料金ページを見る。

詳細 
Sign up for a free account
無料のアカウントにサインアップ

AWS 無料利用枠にすぐにアクセスできます。 

サインアップ 
Standard Product Icons (Start Building) Squid Ink
AWS コンソールで構築を開始する

AWS マネジメントコンソールで、AWS DevOps Guru を使った構築を開始しましょう。

サインイン