AWS Schema Conversion Tool は、ソースデータベーススキーマ、およびビュー、ストアドプロシージャ、関数といったデータベスコードオブジェクトの大部分を自動的にターゲットデータベース互換フォーマットへと変換することにより、異種データベース間の移行を計画的なものにします。自動的に変換できないオブジェクトには、手動で変換して移行を完了するために、明瞭なマークが付けられます。SCT では、埋め込み SQL ステートメントのアプリケーションソースコードをスキャンし、データベーススキーマ変換プロジェクトの一環としてこれらを変換することも可能です。このプロセスにおいて、SCT ではレガシーの Oracle および SQL Server 機能を AWS の同等のサービスに置き換えることでクラウドネイティブのコード最適化が実行され、データベースの移行と同時に、アプリケーションを近代的なものとできます。スキーマの変換が完了すると、SCT は、組み込みのデータ移行エージェントを使用して、さまざまなデータウェアハウスから Amazon Redshift にデータを移行するのをサポートします。

AWS Schema Conversion Tool では、以下の変換がサポートされています。

ソースデータベース Amazon RDS のターゲットデータベース
Oracle Database
Amazon Aurora、MySQL、PostgreSQL、Oracle
Oracle Data Warehouse Amazon Redshift
Azure SQL Amazon Aurora、MySQL、PostgreSQL
Microsoft SQL Server Amazon Aurora、Amazon Redshift、MySQL、PostgreSQL
Teradata Amazon Redshift
IBM Netezza Amazon Redshift
Greenplum Amazon Redshift
HPE Vertica Amazon Redshift
MySQL、MariaDB PostgreSQL
PostgreSQL Amazon Aurora、MySQL
Amazon Aurora PostgreSQL
IBM DB2 LUW Amazon Aurora、MySQL、PostgreSQL
Apache Cassandra Amazon DynamoDB

以下のリンクから適切なプラットフォームの AWS Schema Conversion Tool をダウンロードできます

AWS Database Migration Service の料金についての詳細

料金ページにアクセスする
構築の準備はできましたか?
AWS Database Migration Service の使用を開始する
ご不明な点がおありですか?
お問い合わせ