Accenture-AWS-Group_600x400
eBook

組織は、データ駆動型企業への変革を加速するために、クラウドプラットフォームにますます依存するようになります。すべての企業は、データ分析機能を評価し、データ駆動型企業に対する変革の方向性を示すために迅速に行動する必要があります。顧客や市場オポチュニティへの対応を強化し、テクノロジーと市場の性質が急速に変化していることを考えると、より機敏になる上で重要な部分です。


クラウド、AI、分析による高度なイノベーションとビジネスの俊敏性

世界がますますデジタル化されるにつれて、驚異的な量のデータが人、組織、政府機関、そして今では「もの」によって生成されています。 実際、あるレポートによれば、世界中で毎日 5 兆バイトのデータが作成されています。

しかし、企業は競争上の優位性のために自社の顧客データと運用データを効果的に利用しているでしょうか? ほとんどの場合、答えは「いいえ」です。 確かに、組織はデータの価値を認めており、より高度なテクノロジーを使用してデータをとらえています。しかし、Gartner® が指摘しているように、組織ではデータの 97% 近くが未使用状態です。Gartner はまた、87% 以上の組織が、ビジネスインテリジェンスおよび分析機能の観点からして、成熟度レベルが低いと分類されていると報告しています。

この能力不足は、企業の成長を大幅に制限したり、全体的な実行可能性を弱めたりする可能性があるときに生じるものです。これは、データに対する需要が劇的に高まっているのが原因です。Accenture の調査「最後尾から最先端へ」によれば、パフォーマンスの高い組織では、IT 運用と財務だけでなく、ソースから得たデータと分析の需要が大幅に増加していることがわかりました。実際、事業部門全体でデータに対する需要が高まっています。

目標: クラウド対応の洞察を活用したインテリジェントな企業の運営

データ駆動型エンタープライズの力
データ駆動型エンタープライズの力
一部の企業は他の企業よりも効率的にリスク態勢を改善することができます

Accenture の調査では、高性能と、いわゆる「データ駆動型企業」との直接的な相関関係が明らかになりました。データの価値を最大化するための触媒としてクラウドを使用し、その完全性と品質によって差別化された資産として扱うことができます。

このような企業は、人工知能と分析を通じてイノベーション、ビジネスの俊敏性、重要なビジネス上の意思決定の基盤としてデータを使用し、効果を高め、リスクを軽減し、新しい収益源を確保します。データ主導型企業は、クラウドベースのデータと予測分析を中核に組み込んでいます。それらは、最適化、予測、継続的な学習、および洞察に基づく文化によって特徴付けられます。

メリットは重要です。Accenture の経験によれば、データ主導組織は、収益性だけでなく、顧客の獲得と保持といった点でも競合他社を上回っています。

1 つの障害: クラウド上のデータをサポートするための適切なクラウドアーキテクチャを構築する機能 (次の項を参照)。

「クラウド上のデータ」戦略の作成

企業が依然として独自の古いデータソーシングシステムに依存している場合、ビジネスロジックとルールの文書化が不十分になり、ソースからプレゼンテーションに至るまでのデータの準備が遅くなります。その結果、レポートのデータ変換サイクルに数日かかることがあり、売上が減少し、業績が低下します。

これらの制限を克服するために、企業は、従来のデータソーシングおよび統合システムから、将来に備えて近代化されたクラウド上の柔軟でスケーラブルなデータアーキテクチャに移行する必要があります。これにより、リアルタイムでのデータキャプチャが可能になり、処理時間が短縮され (場合によっては、50% 以上)、ビジネスの成果が促進されます。


関連資料

データ主導型の組織になる
eBook
データ主導型の組織になる
一般的なデータの機能不全と、その解決方法
データの資産化と収益化に関する CFO のガイド
Accenture と AWS の eBook
データの資産化と収益化に関する CFO のガイド
投資するデジタル資産のオポチュニティと、優先順位を付ける方法を決める
データ駆動型エンタープライズの触媒としての CFO
Accenture と AWS の eBook
データ駆動型エンタープライズの触媒としての CFO
データを収益化し、高度なイノベーションとビジネスの俊敏性をサポートする

良いリーダーの素質とは

他のリーダーから、変化を推進するためのアプローチについてお聞きください。