デジタルエコシステムの構築によるサプライチェーンの回復力の向上

デジタルエコシステムの構築によるサプライチェーンの回復力の向上

Fictiv の共同創業者兼 CEO (最高経営責任者) である Dave Evans 氏との対話

 Fictiv の共同創業者兼 CEO (最高経営責任者) である Dave Evans 氏

サプライチェーンの回復力は、パンデミックが発生した際に経営幹部レベルの問題になりました。それは、Ford で新製品の開発を担当する一方、ベンダーの調達と管理に長時間を費やしていたことに不満を感じ、2013 年に Fictiv を設立したエンジニアの Dave Evans 氏にとって思いがけないことでした。彼が出した答えは、従来の調達方法に比べて 5 倍の速さで部品を供給し、ある場所から別の場所へと瞬時に生産をシフトできるデジタルマニュファクチャリングエコシステムを構築することでした。先日、AWS Industrial Insights のポッドキャストで、Evans 氏は新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) のパンデミックが発生して工場が閉鎖され製品が不足する中で、この俊敏性が Fictiv の顧客にどのように役立ったかを語ってくれました。

AWS Industrial Insights ポッドキャストでインタビューを聞く

引用

パンデミックが発生した際、サプライチェーンの俊敏性は機能的な問題から経営幹部レベルの問題になりました。突然、CEO、CFO、および取締役会のメンバーは、「なぜ収益が上がらないのか?」と尋ね始めました。 それを受け、サプライチェーンのリーダーたちは気付きを得て、エコシステムのトレーサビリティ、透明性、俊敏性を向上させる必要があることに思い至ったのです。」

ウイルスとの戦い

ウイルスとの戦い

パンデミックの際にどのような課題に直面し、どのようにアプローチしましたか?

Dave Evans 氏: Fictiv では、お客様の注文とアイドル状態の製造能力をグローバルに結び付けるソフトウェアを作成しています。中国またはテキサス州の工場に稼働していない機械があると想像してみてください。フェニックスのハネウェルで働くエンジニアが、そのアイドル状態の機械を使用して部品の製造を依頼するにはどうすればよいでしょうか? パンデミックが発生し、アジアパシフィック (APAC) チームがウイルスの脅威に曝された際、当社では、生産の 30% を、中国から、米国、インド、および台湾に移す必要がありました。しかし、当社のデジタルエコシステムのおかげで、このプロセスは非常に効率的で、生産の再開までに要したのは 3 日間だけでした。その後、APAC が元に戻り、米国に影響が生じるという、逆の現象が発生しました。それを受けて、当社は、わずか 1 日のダウンタイムで、その生産を APAC に戻しました。その後、ウイルスはインドを襲いました。当社は、インドにかなりの規模の生産チームを有しています。そこで、当社は、インドから APAC の他の地域に生産を移すことにしました。

製品よりも人々が大切

製品よりも人々が大切

リーダーシップの観点から、このような影響を克服するためにどのような考え方が必要でしたか?

Dave Evans 氏: 創業者でもある私の仲間の多くは、とにかく製品について話します。私は何を作っているのでしょうか? お客様のためにより良い製品を作るにはどうすればよいのでしょうか? 私の念頭には常に人があります。従業員が製品を作り、その製品はお客様の役に立つものです。そのため、当社のビジネス基盤は常に、従業員が当社で働く期間が 1 年であろうと、あるいは 10 年であろうと、どのようにして従業員が最善の仕事をするようにできるだろうか、ということにありました。

引用

「インダストリー 4.0 を実行しなければならない」と言っている従業員よりも、何を変えようとしているのかを理解している従業員の方が良い結果を生み出す場面を何度も目にしてきました」

メトリクスは傾向よりも優れている

どのようにして従業員が最善の仕事をできるようにしましたか?

Dave Evans 氏: 会社を設立する際に、「ここで何を変えようとしているのか?」ということを尋ねました。 そして、2 つの単純なメトリクスに落ち着きました。すなわち、100 倍の速度をもって、10 分の 1 のコストで物事を成し遂げることを目指したのです。これらは単純な運用メトリクスですが、お客様へのサービス提供方法、投資するテクノロジー、およびパートナーネットワークの構築方法に大きな影響を及ぼします。

具体的にどういうことでしょうか?

Dave Evans 氏: 新しい国にオンライン技術をもたらしたい、あるいは特定のテクノロジーに投資したいと考えているとします。私のチームが最初に尋ねる質問は、「従来のソリューションよりも 100 倍速く物事を実行できるようになるか?」、あるいは「10 分の 1 のコストでこれを成し遂げられるか?」です。 「インダストリー 4.0 を実行しなければならない」と言っている従業員よりも、何を変えようとしているのかを理解している従業員の方が良い結果を生み出す場面を何度も目にしてきました。 結局のところ、当社は、飛行機、医療機器、および自動運転車に搭載される部品の配送サービスを提供しています。当社は高い責任感を有しており、明確なメトリクスはこれを具現化するのに役立ちます。

引用

当社のビジネス基盤は常に、従業員が当社で働く期間が 1 年であろうと、あるいは 10 年であろうと、どのようにして従業員が最善の仕事をするようにできるだろうか、ということにありました」

強大な力を生み出すためのプラットフォーム

強大な力を生み出すためのプラットフォーム

逆境に直面したとき、どのようにして運用メトリクスを達成することができましたか?

Dave Evans 氏: 当社は、効率を高めるためにテクノロジーを利用しています。しかし、指をパチンと鳴らせば、テクノロジーがすべての作業を行うわけではありません。ワークフローを合理化するために、これらの標準業務手順書 (SOP) を作成し、テクノロジーを開発する従業員が必要です。私は、最高調達責任者および最高執行責任者にこう言っています。戦略的調達マネージャー、品質エンジニア、および調達スペシャリストで構成されたチームについて考えてみてください。Fictiv にはこれらの人々がいますが、違いは彼らが強大な力を有しているということです。皆さんの担当者が E メールと PowerPoint を使用しているために 5 つのサプライヤーしか管理できない場合、当社のツールでは 500 のサプライヤーを管理できます。そして、当社の技術がそれを可能にしているのです。AWS は、この点で当社にとって素晴らしいパートナーです。ソフトウェアとデジタル会議の製造オペレーションのこのブレンドで、ディスラプションが可能となります。

顧客に確実に提供するために注力していることは何ですか?

Dave Evans 氏: 当社は製造工場を一つも所有していません。当社には、製造パートナーの高度に精査および管理されたネットワークがあり、これを当社のエコシステムと考えています。そのエコシステムは 3 つのコンポーネントで構成されています。1 つ目は、AWS とデータ上で実行される当社のプラットフォームであり、当社が作成するすべてのテクノロジー、および当社が接続するすべてのノードから成っています。2 つ目は、当社のテクノロジーと統合するパートナーであり、利用可能な能力がある場合は、金属またはプラスチック部品の製造を実際に実行します。3 つ目は、従業員です。私はこれが最重要であると考えています。エコシステムは、製造のための設計をモニタリングしたり、当社のパートナーの作業の品質を検査したりする従業員によって運営されています。しかし、これらの従業員には強大な力があります。当社のパートナーとデジタルプラットフォームを多くの機会に活用しているのです。

当社は、品質センターを米国に有しており、そこではチームがすべての製品をお客様に届ける前にチェックを実施していました。当社では、その作業のための SOP を作成しました。当社のエンジニアリングチームは、その一連のプロセス、すなわち品質プロセス全体をデジタル化したのです。同チームは、写真、測定値、データを取得し、航空交通管制塔のように、ダッシュボードですべてをデジタルで実行できるシステムを構築しました。パンデミックの収束後、当社の業務は、その流通センターに戻ると考えていました。しかし、そのテクノロジーの実装により、物理的に検査していたときよりも、納期が短縮され、製品の欠陥が少なくなりました。

変更エージェントになる

変更エージェントになる

あなたが継続しようとしているパンデミック中の変化に関連して、リーダーは次の危機に備えるために何をする必要があるでしょうか?

Dave Evans 氏: パンデミックが発生した際、サプライチェーンの俊敏性は機能的な問題から経営幹部レベルの問題になりました。突然、CEO、CFO、および取締役会のメンバーは、「なぜ収益が上がらないのか?」と尋ね始めました。 サプライチェーンのリーダーたちは気付きを得て、エコシステムのトレーサビリティ、透明性、俊敏性を向上させる必要があることに思い至ったのです。

短期間で多くのイノベーションが見られ、私は大きな喜びを感じ、勇気づけられています。「デジタルに焦点を当て、サプライチェーンに真の回復力をもたらす必要がある」という言葉がこれほど適切に当てはまるタイミングは他にないでしょう。 私は Ford で働いていました。そこでは、役職が何であれ、誰もが常に大きな車輪の小さな歯車です。だからこそ、私は、これを聞いているのが誰であっても、変化のエージェントになることができると思っています。変化のチャンピオンになることこそが最も重要なことなのです。

引用

当社の従業員は、新しいプロジェクトを始めたい場合、投資によってスピードやコスト削減がどのように向上するかを説明する必要があることを知っています」

優先度の高い事項がいくつもある中で、どのようにして変化のチャンピオンになることができるのでしょうか?

Dave Evans 氏: 経済的価値モデルに焦点を当てた優れたホワイトペーパーがいくつかあります。デジタルの採用と回復力の実装が組織に与えるコスト面での影響などが記載されています。当社は、これについてお客様に説明します。当社は、生産ラインでどのような遅延が発生しているか、 チームの規模、 デジタルに移行した場合、どれだけ早く収益を実現できるか、 製品の歩留まりはどの程度増加するか、といったことを尋ねます。 当社は、その答えを出すための議論をお手伝いできます。注目すべきもう 1 つの事項はメトリクスです。組織が変化をもたらすことができると信じている事項を測定するためのメトリクスは何ですか? 当社の従業員は、新しいプロジェクトを始めたい場合、投資によってスピードやコスト削減がどのように向上するかを説明する必要があることを知っています。これらは、従業員のオンボーディングを担当する人事部員からチーフアーキテクトまで、個人が組織の変化を推進するための明確なパラメータになります。

この話を共有する


成功するために必要な人材はそろっています
日本語ガイド | 5 分で読めます
成功するために必要な人材はそろっています
制度に基づく知識と既存の文化的慣習を活用する
続きを読む 
クラウドのスキルに投資して競争力を維持する
日本語ガイド | 5 分で読めます
クラウドのスキルに投資して競争力を維持する
クラウドスキルへの投資は、最も重要と言えるかもしれない
続きを読む 
才能変革のための 10 段階のアクション計画
インフォグラフィック | 2 分で読めます
才能変革のための 10 段階のアクション計画
IT 財務管理の実践を計画、進化、最適化する方法
続きを読む 

ゲストについて

Fictiv、共同創業者兼 CEO、Dave Evans 氏

Dave Evans
Fictiv、共同創業者兼 CEO (最高経営責任者)

Fictiv の CEO である Dave Evans 氏は、世界クラスの製造およびサプライチェーン機能を制約なしにイノベーターが利用できるようにするという会社のビジョンの実現を主導しています。Fictiv を創業する前、Evans 氏は Ford のグローバルリサーチおよびアドバンストエンジニアリング部門に属する Ford のシリコンバレーイノベーションラボに雇用されてそのキャリアを開始しました。Evans 氏は、スタンフォード大学で機械工学を専攻し、B.S. を取得しています。

AWS とつながる

ニュースレター
Executive Insights ニュースレター
AWS 内外のエグゼクティブからの最新の洞察と見解を受信ボックスにお届けします。
ニュースレターを購読する 
ブログ
エンタープライズ戦略ブログ
個人的にクラウドを活用して変革を導いてきたエグゼクティブリーダーから学びます。
ブログを読む 
ソーシャル
AWS Executive Connection
文化、才能、およびリーダーシップを通じたイノベーションと変革の実現についての展望
LinkedIn でフォローする