Amazon Lightsail で LAMP ウェブアプリケーションをデプロイする

入門ガイド

モジュール 2: リソースをクリーンアップする

このモジュールでは、以前のモジュールでデプロイしたリソースをクリーンアップします

はじめに

このガイドの手順に従って Lightsail をお試しいただき、本番環境に対応したサービスをデプロイしないこととした場合は、AWS アカウントに対して料金が請求されないように、作成したすべてのクラウドベースのリソースを削除することが重要です。

学習内容

  • Amazon Lightsail デプロイによって使用されるすべてのリソースをクリーンアップします。

 所要時間

< 2 分

 モジュールの前提条件

  • 管理者レベルのアクセス権を持つ AWS アカウント**
  • 推奨ブラウザ: Chrome または Firefox の最新バージョン

[**] 過去 24 時間以内に作成されたアカウントは、このチュートリアルに必要なサービスへのアクセス権限がまだ付与されていない可能性があります。

実装

クラウドベースのインフラストラクチャを削除する

Amazon Lightsail を使用すると、1 つのコマンドでインフラストラクチャを簡単に削除できます。 

ターミナルを開いて、次のコマンドを入力します。

aws lightsail delete-instance --instance-name LightsailLampExample

リソースが残っていないことを確認する

すべてのリソースが削除されたことを確認するには、ターミナルを開き、次のコマンドを入力します。

aws lightsail get-instances 

# the command should outputs the following
{
    "instances": []
}

まとめ

おめでとうございます。 Amazon Lightsail で LAMP ウェブアプリケーションをデプロイするの入門ガイドを修了しました。次の手順のセクションに従って、AWS とクラウドジャーニーを続けましょう。

当社のサービスについてご意見をお聞かせください。

フィードバックありがとうございます。
このページがお役に立てれば幸いです。今後の改善のために、追加の詳細情報を共有していただけますか?
閉じる
フィードバックありがとうございます。
このページがお役に立たず申し訳ありません。今後の改善のために、追加の詳細情報を共有していただけますか?
閉じる