AWS の開始方法

基本的なウェブアプリケーションを構築する

ウェブアプリケーションをデプロイし、API やデータベースとの対話性を追加する

モジュール 5: ウェブアプリケーションに対話性を追加する

このモジュールでは、 API を呼び出し、カスタム入力テキストを表示できるように静的ウェブサイトを変更します。

はじめに

このモジュールでは、モジュール 1 で作成した静的ウェブサイトを更新して、モジュール 3 で作成した REST API を呼び出します。これにより、入力内容に基づいてテキストを表示する機能が追加されます。

学習内容

  • HTML ページから API Gateway API を呼び出す
  • Amplify コンソールにウェブアプリケーションの新しいバージョンをアップロードする

主要な概念

ウェブサイトのデプロイ ユーザーがウェブサイトを利用できるようにします。

環境 「生産」、「開発」、「ステージング」など、アプリケーションまたはウェブサイトを実行できるステージ。

API の呼び出し API にイベントを送信して特定の動作をトリガーします。

 所要時間

5 分

 使用するサービス

実装

アプリケーションのアーキテクチャ

これですべてのモジュールが完成したので、構築したもののアーキテクチャを次に示します。

セットアップしたすべての AWS のサービスは、互いに安全にやり取りできます。ユーザーがウェブアプリケーションのボタンをクリックすると、API が呼び出され、Lambda 関数がトリガーされます。Lambda 関数はデータベースに書き込み、API Gateway を介してクライアントにメッセージを返します。すべてのアクセス権は IAM によって管理されます。

このモジュールは役に立ちましたか?

おめでとうございます。

AWS でウェブアプリケーションを構築できました! 次のステップとして、サーバーレスとデータベースをより詳しく学び、AWS クラウドの知識をさらに深めましょう。