前のモジュールでは、ゲームの次のアクセスパターンを満たしました。

  • ユーザープロファイルを作成 (書き込み)
  • ユーザープロファイルを更新 (書き込み)
  • ユーザープロファイルを取得 (読み取り)
  • ゲームを作成 (書き込み)
  • オープンゲームを見つける (読み取り)
  • ゲームを見る (読み取り)
  • ユーザーがゲームに参加 (書き込み)
  • ゲームを開始 (書き込み)
  • ユーザーのゲームを更新 (書き込み)
  • ゲームを更新 (書き込み)
  • ユーザー向けのゲームを見つける (読み取り)

これらのパターンを満たすために使用した戦略には次のものがあります。

  • 1 つのテーブルに複数のエンティティタイプを組み合わせた単一テーブルデザイン。
  • 多対多のリレーションシップを可能にする複合プライマリキー。
  • フィールドの 1 つでフィルタリングするためのスパースセカンダリインデックス。
  • 複数のエンティティにわたる複雑な書き込みパターンを処理する DynamoDB トランザクション。
  • 多対多のエンティティの逆ルックアップを可能にする転置インデックス。

次の手順では、このラボで作成したリソースをクリーンアップします。AWS の追加料金が発生しないように、これらのリソースを削除することが重要です。

モジュールの所要時間: 20 分


  • ステップ 1: DynamoDB テーブルを削除する

    クリーンアッププロセスの一環として、このラボで使用した DynamoDB テーブルを削除する必要があります。

    ダウンロードしたコードでは、delete_table.py スクリプトは scripts/ ディレクトリにあります。そのファイルの内容は次のとおりです。

    import boto3
    
    dynamodb = boto3.client('dynamodb')
    
    try:
        dynamodb.delete_table(TableName='battle-royale')
        print("Table deleted successfully.")
    except Exception as e:
        print("Could not delete table. Please try again in a moment. Error:")
        print(e)

    ターミナルで次のコマンドを実行してこのスクリプトを実行し、テーブルを削除します。

    python scripts/delete_table.py

    ターミナルに、テーブルが正常に削除されたことを示すメッセージが表示されます。

  • ステップ 2: AWS Cloud9 環境を削除する

    このラボで使用した AWS Cloud9 環境を削除するには、次の手順を実行します。

    1.  AWS Cloud9 コンソールに移動します。
    2.  DynamoDB Battle Royale 環境を選択し、[Delete] を選択します。
    3.  ダイアログボックスで、ボックスに「Delete」と入力し、[Delete] を選択します。
    Module7-step2

    (クリックして拡大)

    Module7-step2