このモジュールでは、このラーニングパス全体で作成したリソースのすべてを終了するステップを説明します。ここでは、Amazon S3 バケット、Amazon Cognito ユーザープール、AWS Lambda 関数、IAM ロール、DynamoDB テーブル、REST API、および CloudWatch Log を終了します。不要な料金を発生させないためにも、使用しなくなったリソースを削除することがベストプラクティスです。

モジュール修了時間: 10 分

削除されるサービス: AWS Lambda、Amazon API Gateway、Amazon S3、Amazon DynamoDB、Amazon Cognito、AWS CloudWatch


以下のステップバイステップ手順に従って、各モジュールで作成した AWS リソースを削除します。各ステップの番号をクリックして、セクションを展開してください。

  • ステップ 1.Amazon S3 バケットを削除する

    モジュール 1 を完了するために指定の AWS CloudFormation テンプレートを使用した場合は、AWS CloudFormation コンソールを使用してスタックを削除するだけです。それ以外の場合は、モジュール 1 で作成した Amazon S3 バケットを削除します。


    1. AWS マネジメントコンソールで [サービス] を選択してから、「ストレージ」にある [S3] を選択します。

    2. モジュール 1 で作成したバケットを選択します。

    3. [バケットを削除する] を選択します。

    4. 確認のプロンプトが表示されたら、バケットの名前を入力し、[確認] を選択します。

  • ステップ 2.Amazon Cognito ユーザープールを削除する

    モジュール 2 を完了するために指定の AWS CloudFormation テンプレートを使用した場合は、AWS CloudFormation コンソールを使用してスタックを削除するだけです。それ以外の場合は、モジュール 2 で作成した Amazon Cognito ユーザープールを削除します。


    1. AWS コンソールで [サービス] をクリックしてから、「モバイルサービス」にある [Cognito] を選択します。

    2. [ユーザプールの管理] を選択します。

    3. モジュール 2 で作成した WildRydes ユーザープールを選択します。

    4. ページの右上隅にある [プールの削除] を選択します。

    5. スペースに delete と入力して 、確認のプロンプトが表示されたら [プールの削除] を選択します。

  • ステップ 3.サーバーレスバックエンドを削除する

    モジュール 3 で作成した AWS Lambda 関数、IAM ロール、および Amazon DynamoDB テーブルを削除します。


    Lambda 関数

    1. AWS マネジメントコンソールで [サービス] をクリックしてから、「コンピューティング」にある [Lambda] を選択します。

    2. ドロップダウンリストから RequestUnicorn 関数を選択します。

    3. [アクション] ドロップダウンから、[関数の削除] を選択します。

    4. 確認のプロンプトが表示されたら、[削除] を選択します。

    IAM ロール

    1. AWS マネジメントコンソールで [サービス] をクリックしてから、「セキュリティ、アイデンティティ、コンプライアンス」にある [IAM] を選択します。

    2. ナビゲーションメニューから [ロール] を選択します。

    3. 検索ボックスに WildRydesLambda と入力します。

    4. モジュール 3 で作成したロールを選択します。

    5. [ロールアクション] ドロップダウンから [ロールの削除] を選択します。

    6. 確認のプロンプトが表示されたら、[はい、削除します] を選択します。

    DynamoDB テーブル

    1. AWS マネジメントコンソールで [サービス] をクリックしてから、「データベース」にある [DynamoDB] を選択します。

    2. ナビゲーションメニューで [テーブル] を選択します。

    3. モジュール 3 で作成した Rides テーブルを選択します。

    4. [アクション] ドロップダウンから [テーブルの削除] を選択します。

    5. [このテーブルに対応するすべての CloudWatch アラームを削除します] のチェックボックスをオンにした状態で [削除] を選択します。

  • ステップ 4.REST API を削除する

    モジュール 4 で作成した REST API を削除します。Amazon API Gateway コンソールで API を選択すると、[アクション] ドロップダウンに [API の削除] が表示されます。


    1. AWS マネジメントコンソールで [サービス] をクリックしてから、「アプリケーションサービス」にある [API Gateway] を選択します。

    2. モジュール 4 で作成した API を選択します。

    3. [アクション] ドロップダウンを展開して、[API の削除] を選択します。

    4. プロンプトが表示されたら API の名前を入力して、[API の削除] を選択します。

  • ステップ 5.CloudWatch ログを削除する

    AWS Lambda は、関数ごとに Amazon CloudWatch Logs 内に新しいロググループを作成し、関数が呼び出される時にログを書き込みます。RequestUnicorn 関数のロググループを削除するようにしてください。また、CloudFormation スタックを起動した場合は、スタック内のカスタムリソースに関連付けられたロググループが存在する場合があり、これらを削除する必要があります。


    1. AWS コンソールで [サービス] をクリックしてから、「管理ツール」にある [CloudWatch] を選択します。

    2. ナビゲーションペインで [ログ] を選択します。

    3. /aws/lambda/RequestUnicorn ロググループを選択します。アカウント内に多数のロググループがある場合は、 /aws/lambda/RequestUnicorn を [フィルタ] テキストボックスに入力すると、このロググループを簡単に見つけることができます。

    4. [アクション] ドロップダウンから [ロググループの削除] を選択します。

    5. 確認のプロンプトが表示されたら、[はい、削除します] を選択します。

    6. モジュールを完了するために CloudFormation テンプレートを起動した場合は、 /aws/lambda/wildrydes-webapp で始まるすべてのロググループに対して手順 3~5 を繰り返します。

Serverless_Web_App_LP_assets-badge

おめでとうございます。アマゾン ウェブ サービス (AWS) を使用してサーバーレスウェブアプリケーションを構築して終了しました。

さらに学ぶ

アマゾン ウェブ サービス (AWS) でのサーバーレスコンピューティングに関する機能、コンポーネント、およびユースケースについての概要を取得します。 サーバーレスコンピューティングにアクセスする »

さらに追求

デプロイメントと運営サイクルを短縮するための API Gateway と AWS Lambda を使用したサーバーレス多層アーキテクチャについて検討します。 ホワイトペーパーを読む »

ワークフローの構築

AWS からの CI/CD ツール を使って AWS Lambda で実行されるサーバーレスアプリケーションのデプロイメントを自動化するための方法について学びます。 オンラインセミナーを視聴する »