AWS Greengrass

接続されたデバイスでローカルのコンピューティング、メッセージング、データキャッシュ、同期、ML 推論を行う。

AWS Lambda と AWS IoT Core を使用して AWS クラウドとローカルデバイス全体で IoT アプリケーションをシームレスに実行する。

AWS Greengrass は、接続されたデバイスでローカルのコンピューティング、メッセージング、データキャッシュ、同期、ML 推論機能を安全な方法で実行できるようにするソフトウェアです。AWS Greengrass では、接続されたデバイスで AWS Lambda 関数を実行し、デバイスデータを常に同期させ、他のデバイスと安全に通信できます。これはインターネットに接続していないときでも可能です。Greengrass では、AWS Lambda を使用することで、IoT デバイスがローカルイベントにすばやく対応し、Greengrass Core 上で動作する Lambda 関数を使用してローカルリソースとやり取りし、断続的な接続で動作し、OTA アップデートによって常に最新の状態を維持し、IoT データのクラウドへの送信コストを最小限に抑えることができるようになります。

ML 推論は クラウド内に構築されトレーニングされたモデルを使用して、Greengrass Core デバイスのローカルで機械学習推論を簡単に実行できるようにする、AWS Greengrass の機能です。ML 推論のプレビューにサインアップするには、ここをクリックしてください。

AWS Greengrass では、AWS をデバイスにシームレスに拡張するため、デバイスは管理、分析、および耐久性のあるストレージのためにクラウドを利用しながら、デバイスが生成したデータに基づいてローカルで動作することが可能です。Greengrass では、一般的な言語およびプログラミングモデルを使用して、クラウド上でデバイスのソフトウェアを作成およびテストし、それからデバイスにデプロイできます。また、デバイスデータをフィルタリングして必要な情報のみをクラウドに返すように、プログラミングすることが可能です。AWS Greengrass では AWS IoT Core のセキュリティおよびアクセス管理機能を使用して、すべての接続ポイントでデバイスデータを認証および暗号化します。そのため、証明されたアイデンティティのないデバイスやクラウドと通信するときに、デバイス間でデータが交換されることはありません。

AWS Greengrass の利用を開始するには、ここをクリックしてください。

メリット

ニアリアルタイムのローカルイベントへの応答

AWS Greengrass のデバイスは、デバイスが生成したデータに基づいてローカルで動作することが可能です。したがって、管理、分析、および耐久性のあるストレージのためにクラウドを利用しながら、ローカルイベントにすばやく応答できます。ローカルリソースアクセス機能により、Greengrass Core デバイスにデプロイされた Lambda 関数はカメラ、シリアルポート、GPU などのローカルデバイスリソースを使用できるため、デバイスアプリケーションはローカルデータにすばやくアクセスして処理することができます。

オフラインで動作

AWS Greengrass では、クラウドへの接続が断続的であっても接続されたデバイスは動作します。デバイスが再接続されたときに、Greengrass はデバイスのデータを AWS IoT Core と同期することによって、接続状況にかかわらずシームレスな機能を実現します。

安全な通信

AWS Greengrass では、ローカル通信およびクラウド通信の両方でデバイスデータを認証および暗号化するため、証明されたアイデンティティのないデバイスやクラウドとデータが交換されることはありません。Greengrass では、AWS IoT Core で使い慣れているのと同じセキュリティおよびアクセス管理、相互間のデバイス認証および許可、安全なクラウドへの接続を使用しています。

AWS Lambda を使用した簡単なデバイスプログラミング

AWS Greengrass では、クラウド内で使用しているものと同じ AWS Lambda プログラミングモデルを採用しています。そのため、クラウド内でコードを開発して、それからデバイスにシームレスにデプロイできます。Lambda 関数をローカルで実行できるため、組み込みソフトウェア開発の複雑さを削減できます。

IoT アプリケーションのランニングコストの削減

AWS Greengrass では、デバイスデータをローカルでフィルタリングして、アプリケーションに必要なデータのみをクラウドに送信するようデバイスをプログラミングすることが可能です。これにより、クラウドに送信する raw データの量を減らしてコストを削減することができます。また、クラウドに送信するデータの質が上がるため、低コストで高いインサイトが得られます。

仕組み

AWS Greengrass を使用すると、クラウドおよび相互に接続された多様なデバイスに関する IoT ソリューションを構築できます。ARM アーキテクチャまたは x86 アーキテクチャ対応で Linux を実行しているデバイスの場合は、Greengrass Core をホスティングできます。Greengrass Core では、AWS Lambda のコード、メッセージング、データキャッシュ、およびセキュリティがローカルで実行可能になります。

AWS Greengrass Core を実行しているデバイスは、マイクロコントローラーベースのデバイスや大規模なアプライアンスなど AWS IoT Device SDK がインストールされた他のデバイスと通信できるハブとして機能します。

AWS Greengrass Core のデバイスと AWS IoT Device SDK の有効なデバイスは、Greengrass Group 内で相互に通信するように設定できます。Greengrass Core のデバイスのクラウド接続が途切れた場合でも、Greengrass Group 内のデバイスはローカルネットワーク上で互いに通信を続けられます。Greengrass Group は、建物の 1 つの階、1 台のトラック、または採掘現場全体を表すことがあります。

Diagrams_Greengrass_How_It_Works

AWS の開始方法

icon1

AWS アカウントにサインアップする

AWS 無料利用枠にすぐにアクセスできます。
icon2

10 分間チュートリアルで学ぶ

簡単なチュートリアルで学習します。
icon3

AWS で構築を開始する

詳細手順のガイドで構築を開始することで、 AWS プロジェクトを開始します。

AWS Greengrass の特徴の詳細

特徴ページをご覧ください
始める準備はできましたか?
サインアップ
ご不明な点がおありですか?
お問い合わせ