AWS Lambda のローカルサポート

AWS Greengrass では、AWS Lambda がサポートされています。Greengrass を使用すると、AWS Lambda 関数をデバイス上で直接実行できるため、コードをすぐに実行できます。

AWS IoT の Device Shadow のローカルサポート

AWS Greengrass には、AWS IoT の Device Shadow 機能も含まれています。Device Shadow では、仮想バージョンのようなデバイスの状態、つまり各デバイスの「シャドウ」がキャッシュされます。シャドウでは、デバイスの理想的な状態と比較した現在の状態が追跡され、接続が利用可能になったときにその状態がクラウドに同期されます。

ローカルメッセージング

AWS Greengrass では、ローカルネットワーク上のデバイス間でメッセージングが利用できるため、AWS と接続していない場合でも相互に通信できます。Greengrass を使用すると、ユーザーが定義したビジネスルールに基づいて、メッセージがデバイスで処理され、別のデバイスまたはクラウドに配信されます。

プロトコルのサポートとアダプタ

一般的な産業用プロトコルである OPC-UA を使用して通信するデバイスは、AWS Greengrass プロトコルアダプタフレームワークと、追加設定なしで使用できる OPC-UA プロトコルモジュールによってサポートされています。また、AWS Greengrass プロトコルアダプタフレームワークを使用して、カスタムプロトコル、レガシープロトコル、専用プロトコル向けのサポートも実装できます。

無線によるアップデート

AWS Greengrass では、Greengrass デバイスで Greengrass Core ソフトウェアを更新する機能が提供されています。AWS Greengrass コンソール、API、コマンドラインインターフェイスを使用して、デバイスで実行されている Greengrass Core のバージョンを更新し、セキュリティ更新、バグ修正、新しい Greengrass の機能をデプロイできます。

ローカルリソースアクセス

AWS Greengrass Core にデプロイされている AWS Lambda 関数により、デバイスにアタッチされているローカルリソースにアクセスできます。これにより、シリアルポート、USB 周辺機器 (アドオンセキュリティデバイス、センサー、アクチュエーターなど)、オンボード GPU、ローカルファイルシステムを使用して、ローカルデータにアクセスして処理できるようになります。

ML 推論

ML 推論は Greengrass の機能で、クラウド内に構築されトレーニングされたモデルを使用して、Greengrass デバイスのローカルで機械学習推論を簡単に実行できるようにします。つまり、アプリケーションで機械学習推論を使用する場合、データ転送コストとレイテンシーの増加が発生することはありません。ML 推論の機能を確認してプレビューにサインアップするには、ここをクリックしてください。

ハードウェアエコシステム

AWS は、自社のソフトウェア製品やハードウェア製品に Greengrass を統合している業界トップの IoT シリコンベンダー、オペレーティングシステムパートナー、ゲートウェイパートナーに絶えず幅広い活用方法を提供してきました。これらのパートナーは、アイディア化からプロトタイプ、デプロイまでの迅速な移行を支援しています。Greengrass 対応デバイスの詳細については、よくある質問をご覧ください。

AWS Greengrass 料金の詳細

料金ページを見る
始める準備はできましたか?
サインアップ
ご不明な点がおありですか?
お問い合わせ