ローカル処理

AWS Lambda のローカル処理

AWS IoT Greengrass では、AWS Lambda がサポートされています。 AWS IoT Greengrass を使用すると、AWS Lambda 関数をデバイス上で直接実行して、ローカルイベントにすばやく応答し、ローカルリソースと対話し、デバイス上のデータを処理して、IoT データをクラウドに送信するコストを最小限に抑えることができます。

コンテナののローカルサポート

AWS IoT Greengrass デバイスで Docker コンテナをデプロイ、実行、管理できます。Docker イメージは、Amazon Elastic Container Registry (Amazon ECR)、Docker Hub、プライベートな Docker Trusted Registries (DTR) などの Docker コンテナーレジストリに保存できます。

AWS IoT の Device Shadow のローカルサポート

AWS IoT Greengrass には、AWS IoT の Device Shadow 機能も含まれています。Device Shadow では、仮想バージョンのようなデバイスの状態、つまり各デバイスの "シャドウ" がキャッシュされます。シャドウでは、デバイスの理想的な状態と比較した現在の状態が追跡され、接続が利用可能になったときにその状態がクラウドに同期されます。

ローカルメッセージング

AWS IoT Greengrass では、AWS IoT Greengrass SDK を使用して AWS IoT Greengrass Core とデバイスの間のメッセージングをローカルネットワーク上で実行できます。これにより、AWS への接続がない場合でも簡単に通信を行うことができます。AWS IoT Greengrass を使用すると、ユーザーが定義したビジネスルールに基づいて、メッセージがデバイスで処理され、別のデバイスまたはクラウドに配信されます。

ローカルリソースアクセス

AWS IoT Greengrass Core にデプロイされている AWS Lambda 関数により、デバイスにアタッチされているローカルリソースにアクセスできます。これにより、シリアルポート、周辺機器 (アドオンセキュリティデバイス、センサー、アクチュエーターなど)、オンボード GPU、ローカルファイルシステムを使用して、ローカルデータに簡単にアクセスして処理できるようになります。

AWS IoT Greengrass ML 推論

AWS IoT Greengrass ML 推論は AWS IoT Greengrass の機能で、クラウド内に構築されトレーニングされたモデルを使用して、AWS IoT Greengrass デバイスのローカルで機械学習推論を簡単に実行できます。つまり、アプリケーションで機械学習推論を使用する場合、データ転送コストとレイテンシーの増加が発生することはありません。ML 推論機能の詳細については、こちらをクリックしてください。

AWS IoT Greengrass 用 Stream Manager

AWS IoT Greengrass を使用して、IoT デバイスからデータストリームを収集、処理、エクスポートし、デバイスでそのデータのライフサイクルを管理して開発時間を最小限に抑えることができます。AWS IoT Greengrass は、データストリームを処理し、ローカルデータ保存ポリシーを管理し、デバイスデータを Amazon Kinesis や AWS IoT Analytics などの AWS クラウドサービスに送信する標準メカニズムを備えています。

AWS IoT Greengrass コネクタ

AWS IoT Greengrass Connector を使用すると、さまざまなデバイスのプロトコルを理解したり、認証情報を管理したり、外部の API とやり取りしたりしなくても、エッジでアプリケーションとサービスを検出、インポート、設定、デプロイできます。また、共通のビジネスロジックをある AWS IoT Greengrass デバイスから別のデバイスに簡単に再利用できます。利用可能な AWS IoT Greengrass Connector については、AWS のドキュメントを参照してください。 

無線によるアップデート

AWS IoT Greengrass では、AWS IoT Greengrass デバイスで AWS IoT Greengrass Core ソフトウェアを更新する機能が提供されています。AWS IoT Greengrass コンソール、API、コマンドラインインターフェイスを使用して、デバイスで実行されている AWS IoT Greengrass Core のバージョンを更新し、セキュリティ更新、バグ修正、新しい AWS IoT Greengrass の機能をデプロイできます。

セキュリティとハードウェアの統合

ハードウェアエコシステム

AWS は、AWS IoT Greengrass を自社のソフトウェア製品やハードウェア製品に統合している業界トップの IoT シリコンベンダー、デバイス製造元、ゲートウェイパートナーについて絶えず幅広い活用方法をお客様に提供してきました。これらのパートナーは、アイディア化からプロトタイプ、デプロイまでの迅速な移行を支援しています。AWS IoT Greengrass 対応のデバイスの詳細については、AWS Partner Device Catalogを参照してください。

AWS IoT Greengrass Secrets Manager

AWS IoT Greengrass Secrets Manager では、シークレット (認証情報、キー、エンドポイント、設定) をエッジで安全に保存、利用、更新、管理できます。AWS IoT Greengrass の統合を使用すると、AWS IoT Greengrass コネクタにアプリケーションまたはサービスとの認証を行うためのシークレットが必要な場合、コネクタ構成の一部としてシークレットを選択し、AWS IoT Greengrass Core にデプロイできます。 たとえば、AWS IoT Greengrass Secrets Manager を使用して、プライベート Docker コンテナレジストリの認証情報を設定できます。

ハードウェアセキュリティの統合

AWS IoT Greengrass には、デバイスのプライベートキーをハードウェアのセキュアエレメントに保存するオプションが用意されています。AWS IoT Greengrass Secrets Manager を使用してデバイスの機密情報をエッジで保存し、プライベートキーを使用してシークレットを暗号化し、信頼の基点セキュリティを実現できます。対象のハードウェアパートナーのリストについては、AWS パートナーデバイスカタログを参照してください。

AWS IoT Greengrass の料金の詳細

料金ページを見る
始める準備はできましたか?
サインアップ
ご不明な点がおありですか?
お問い合わせ