AWS IoT Analytics は、完全マネージド型の IoT 分析サービスで、IoT デバイスデータの大規模な収集、事前処理、強化、保存、分析を行います。コンテナにパッケージ化された独自のカスタム分析コードを持ち込んで AWS IoT Analytics で実行することもできます。

AWS IoT Analytics の料金は従量制です。データ処理、データストレージ、クエリの実行、およびカスタム分析の実行は、別個に課金されます。この方法で、広範なワークロードにわたってコストを低く抑えることができます。料金は、使用した特定の AWS IoT Analytics コンポーネントに対してのみ支払います。

月間の請求額は、AWS IoT Analytics 見積りツールを使って見積もることができます。

料金の概要

以下は、AWS IoT Analytics を使用できるすべての AWS リージョンに該当します。

データ処理

AWS IoT Analytics では、定義したパイプラインを使ってデータを処理します。このパイプラインを使用すると、分析に備えて IoT データをフィルタリング、変換、エンリッチ化できます。ギガバイト単位 (GB) の処理済みデータの量に基づいて料金が発生します。すべてのデータは MB 単位で計算され、すべてのクエリは最低 10 MB 単位で算定されます。

  • 処理済みデータ 1 GB あたり 0.20 USD

データストレージ

AWS IoT Analytics では、2 つの形式のデータストレージが提供されます。

  1. 処理済みデータ (高パフォーマンスのクエリを実現するために最適化された時系列データストアに保存される): 処理済みデータ 1 GB あたり 0.03 USD/月
  2. 未加工データ: Amazon S3 に保存され、標準の S3 の料金で課金されます (Amazon S3 の料金ページをご覧ください)。

クエリの実行

AWS IoT Analytics では、標準の SQL クエリを使用して処理済みのデータを分析できます。クエリの実行については、各クエリでスキャンされたデータ量に基づいてテラバイト単位 (TB) で課金されます。AWS の他のサービスを使用した場合は、追加料金が発生します。

  • スキャンされたデータ 1 TB あたり 6.50 USD

カスタム分析の実行

AWS IoT Analytics では、Analytics Compute Unit (ACU) を使用して、コンテナ内の独自の分析コードを実行できます。1 つの Analytics Compute Unit (ACU) で 4 つの vCPU および 16 GB のメモリーが提供されます。課金は 1 秒単位で行われます。カスタム分析コードの実行に使用した Analytics Compute Units (ACU) の数に基づく時間レートが適用されます。

  • ACU 時間あたり 0.36 USD、秒単位で請求

AWS IoT Analytics では、実行中の分析コンテナを一時的に保存するために、分析あたり最大 40 GB の EBS ストレージも無料で提供しています。より多くの EBS ストレージが必要な場合は、お問い合わせください。

無料利用枠

AWS 無料利用枠として、1 か月あたり以下の使用量までは AWS IoT Analytics を無料で利用できます。無料期間は、AWS のお客様として登録後 12 か月間です。

  • パイプラインで処理されたデータ 100 MB
  • 処理済みデータストレージ 10 GB
  • 未加工データストレージ 10 GB
  • クエリの実行用にスキャンされたデータ 10 GB

この使用量を超える分については、公開されている料金で課金されます。


料金の例

パイプライン

1,000 台のデバイスを所有し、各デバイスで毎月 10 MB の分析用データが生成される場合、まずこのデータをパイプラインに送信し、異常値をフィルタリングして分析用にデータを準備します。料金は以下のとおりです。

  • 1 か月にパイプラインで処理されるデータ (MB) = 1,000 デバイス x デバイスあたり 10 MB/月 = 10,000 MB/月
  • 1 か月にパイプラインで処理されるデータ (GB) = 10,000 MB/月 ÷ 1,024 MB/GB = 9.8 GB/月
  • 月額料金 = 9.8 GB/月 x 0.20 USD/GB = 1.96 USD/月

データストレージ

その後の分析のためにパイプラインで処理した 9.8 GB のデータを保存する場合、処理済みデータストレージの費用は以下のとおりです。

  • 保存されたデータ = 処理済みデータ 9.8 GB = 9.8 GB
  • 月額料金 = 9.8 GB x 1 GB あたり 0.03 USD/月 = 0.29 USD/月

AWS IoT Analytics では、デフォルトで未加工の IoT データを保存できるようになっているため、パイプラインで簡単に再処理できます。未加工データストレージの費用は以下のとおりです。

  • 保存されたデータ = 未加工データ 9.8 GB = 9.8 GB
  • 1 GB あたりの料金/月 = S3 料金 = 1 GB あたり 0.023 USD/月 (米国東部)
  • 月額料金 = 9.8 GB x 1 GB あたり 0.023 USD/月 = 0.225 USD/月

クエリの実行

データを分析するために、1 か月間で 9.8 GB の処理済みデータをスキャンするクエリを 1 つ実行する場合、料金は以下のとおりです。

  • スキャン済みデータ (GB) = 1 か月間のスキャン済みデータ x 処理済みデータ 9.8 GB/月 = 9.8 GB
  • スキャン済みデータ (TB) = 9.8 GB ÷ 1,024 GB/TB = 0.0096 TB
  • 月額料金 = スキャン済みデータ 0.0096 TB x 6.50 USD/TB (スキャン済み) = 0.062 USD

カスタム分析の実行

カスタム分析コンテナを毎日 1 回実行するようにスケジュールし、各実行の完了所要時間は 5 分とします。コンピューティング料金は以下のとおりです。

  • 1 か月のコンピューティング合計時間 (時間単位): (5 分/日 x 30 日) ÷ 60 分/時 = 2.5 時間
  • 月額料金 = 0.36 USD/時 X 2.5 時間 = 0.90 USD/月

合計月額料金

AWS IoT Analytics の合計月額料金は以下のとおりです。

  • 合計月額料金 = 1.96 USD パイプライン料金 + 0.29 USD 処理済みデータストレージ料金 + 0.225 USD 未加工データストレージ料金 + 0.062 USD クエリ実行料金 + 0.90 USD カスタム分析実行料金 = 3.437 USD/月

さらに AWS IoT Analytics のリソースを調べる

ドキュメントページにアクセスする
始める準備はできましたか?
サインアップ
ご不明な点がおありですか?
お問い合わせ