ユースケース

Lambda@Edge と Amazon CloudFront で何を構築できますか? ユースケースの詳細は、以下を参照してください。

オリジンインフラストラクチャを単純化し、負荷を軽減する

Lambda@Edge は、オリジンの拡張機能として、またはそれに置き換えて使用することができます。これにより、エッジでの単純な HTTP リクエストと応答処理から、ウェブサイトセキュリティ、リアルタイム画像変換、インテリジェントなボットの軽減、検索エンジンの最適化など、より高度な機能に至るまですべてを実行できます。

ウェブサイトセキュリティとプライバシー

Lambda 関数をトリガーして、オリジン上のアプリケーションコードを変更することなく、すべてのオリジン応答に HTTP セキュリティヘッダーを追加できます。これにより、ユーザーやコンテンツプロバイダのセキュリティとプライバシーが向上し、CloudFront を使用して低いレイテンシーでコンテンツを配信することができます。

ブログを読む。 >>

ウェブサイトセキュリティとプライバシー

エッジの動的ウェブアプリケーション

開発者は Lambda@Edge と他の AWS のサービスを組み合わせることで、自動的なスケーリング、バックアップ、データセンターの冗長性に必要なオリジンインフラストラクチャや管理作業なしに、自動的に拡大縮小できる強力なウェブアプリケーションをエッジで構築できます。

エッジの動的ウェブアプリケーション

検索エンジン最適化 (SEO)

Lambda@Edge を使用して、ウェブサイトの検索エンジン最適化 (SEO) を向上させることができます。たとえば、ユーザーエージェントが Googlebot や Bingbot などの検索エンジンのボットである場合、Amazon S3 に格納されている事前レンダリングされた HTML ページを配信するために Lambda 関数をトリガーできます。

ブログを読む。 >>

SEO

オリジンとデータセンターをインテリジェントにルーティング

Lambda@Edge を使用して、さまざまなビューワーの特性に基づいてリクエストをさまざまなオリジンに動的にルーティングすることで、ユーザーのパフォーマンスを向上させながら、オリジンの負荷のバランスを取ることができます。たとえば、ビューワーの位置に基づいて、ホームリージョン内のオリジンにリクエストをルーティングすることができます。

ブログを読む。 >>

AWS-Lambda-at-Edge_Intelligently-Route-Across-Origins-Data-Centers-diagram

エッジでボットを緩和

Lambda@Edge は、不要なボットをエッジでブロックし、許可されたトラフィックを通過させるのに役立ちます。これらの自動化されたプロセスをインテリジェントに軽減することにより、実際のユーザーのパフォーマンスを向上させながら、有用でないウェブクローラーやボットからオリジンインフラストラクチャを保護することができます。

エッジでボットを緩和

ユーザーエクスペリエンスの向上

Lambda@Edge は、パフォーマンスを犠牲にすることなくコンテンツをパーソナライズできるようにすることで、世界中のウェブサイトやウェブアプリケーションのユーザーエクスペリエンスを向上させることができます。

リアルタイム画像変換

ユーザー特性に基づいてオンザフライでイメージを変換することで、ユーザーエクスペリエンスをカスタマイズできます。たとえば、ビューアのデバイスタイプ (モバイル、デスクトップ、タブレット) に基づいてイメージのサイズを変更できます。また、CloudFront エッジロケーションで変換された画像をキャッシュして、画像を配信するときのパフォーマンスをさらに向上させることもできます。

ブログを読む。>>

リアルタイム画像変換

A/B テスト

ブラウザの URL を変更したり変更したりすることなく、ウェブサイトのさまざまなバージョンをテストしてユーザーに提供することができます。 これにより、ウェブサイトのアップデートをシームレスにリリースしてウェブサイトの全体的なエクスペリエンスを向上させ、引き続きユーザーの応答性を高めることができます。

A/B テスト

ユーザーの認証と認可

Lambda@Edge を使用すると、ウェブサイト上のプレミアム有料コンテンツのユーザーを認証および認可し、不正なリクエストがオリジンインフラストラクチャに到達する前に除外することができます。たとえば、Lambda 機能を起動して、Amazon Cognito などの認証およびユーザー管理サービスを呼び出すことによって、各ビューワーのリクエストを認可することができます。

ブログを読む。 >>

ユーザーの認証と認可

ユーザーの優先順位付け

Lambda@Edge は、ユーザーをさまざまなページや経験にルーティングすることによって、ウェブサイトへのアクセスを制御し、優先順位を付けるのに役立ちます。たとえば、ショッピングのセール期間中にトラフィックが急増したときに、コードを実行して e コマースウェブサイトでプレミアムユーザーと有料ユーザーの優先順位付けを行う Lambda 関数を起動することができます。他の買い物客を一時的な「待合室」にリダイレクトすることもできます。待合室はブランディングやマーケティングのやり取りを行う代わりのサイトで、そこでメインの小売サイトにアクセスする順番待ちをすることができます。

ブログを読む。 >>

ユーザーの優先順位付け

ユーザーの追跡と分析

Lambda@Edge と Kinesis を一緒に使用することで、リアルタイムのストリーミングデータを処理できるので、クリックストリームの分析を含め、ウェブサイトやモバイルアプリケーションでグローバルに展開されるユーザーアクティビティを追跡および分析できます。

ブログを読む。>>

ユーザーの追跡と分析
Lambda@Edge ブログ
 
 
AWS Networking and Content Delivery ブログで新しいユースケース、新機能について読んで、ヒントを入手しましょう。
 
Lambda@Edge 導入事例
 
AWS のお客様から、Amazon CloudFront と Lambda@Edge をどのように活用しているかをご覧ください。
 
AWS フォーラム
 

ディスカッションフォーラムで、Amazon CloudFront と Lambda@Edge について他の開発者と交流しましょう。

Lambda@Edge よくある質問
 

よくある質問については、こちらをご覧ください。

Product-Page_Standard-Icons_01_Product-Features_SqInk
Lambda@Edge ドキュメントを見る

ドキュメントで、Amazon CloudFront と Lambda@Edge を使って Edge のコンテンツをカスタマイズする方法の詳細をご覧ください 

詳細はこちら 
Product-Page_Standard-Icons_02_Sign-Up_SqInk
アカウントにサインアップする

AWS コンソールにすぐにアクセスできます。 

サインアップ 
Product-Page_Standard-Icons_03_Start-Building_SqInk
AWS コンソールで構築を開始する

AWS Console で Lambda@Edge を使って構築を始めましょう。

今すぐ始める