AWS License Manager は、Microsoft、SAP、Oracle、IBM といったベンダーが提供するライセンスの管理を、AWS とオンプレミス環境で簡単に行えるサービスです。これにより、ライセンスに関するより良いコントロール性と透明性が得られ、期限切れライセンスの発生を制限し、コンプライアンス違反や申請ミスに関するリスクを低減できます。

ライセンス条件をルールとして設定

AWS License Manager を使うと、組織内の一元化されたチームにおいて、ソフトウェアライセンス契約の解釈と関連ルールの作成ができます。このルールは、組織全体におけるライセンス使用状況の管理に用います。

ライセンスの追跡を強化

新しい EC2 インスタンスを起動すると、AWS License Manager で作成されたルールがコンソール、CLI、または API を使ってアタッチされます。ルールは、ゴールデン AMI、Amazon EC2 起動テンプレート、AWS CloudFormation テンプレートAWS Service Catalog を使ってインスタンスを作成したときにアタッチされます。ルールがアタッチされると、組織内のエンドユーザーはインスタンスを起動できるようになり、これを AWS License Manager コンソールのダッシュボードから追跡できます。ライセンスと使用状況は、インスタンスのライフサイクル全般を通じて追跡することが可能です。AWS License Manager は、ライセンスルールに対する違反の追跡も行い、先を見越してエンドユーザーやライセンス管理者にアラートを送信します。インスタンスが停止または終了すると、BYOL ライセンスがリリースされ再利用が可能になります。

コンプライアンス違反を積極的に制限

ライセンスの使用状況を管理するハードリミットまたはソフトリミットを設定し、コンプライアンスに違反したインスタンスの新たな起動を防ぎます。これらのリミットは、インスタンスの起動中、またはライセンスルールを既存のインスタンスにアタッチしている最中に評価されます。ライセンスの使用状況がソフトリミットを超えると、AWS License Manager が Amazon Simple Notification Service を使ってライセンス管理者とエンドユーザーに通知を送信します。通知は、E メール、テキストメッセージ、またはアラートとして送信され、インスタンスがコンプライアンスに違反していることを伝えます。ハードリミットの場合、AWS License Manager は、内部に組み込まれている EC2 統合を使って、新規インスタンスの起動をブロックします。

既存ライセンスの自動検出

AWS License Manager では、 AWS Systems Manager を使い既存の EC2 インスタンスで実行されているソフトウェアを検出するためのメカニズムを提供します。ルールはその後 EC2 インスタンスにアタッチされ、そこで検証が行われて、AWS License Manager の中央のダッシュボードを使ってライセンスを追跡することが可能になります。さらに管理者の人が AWS Organizations を使用すると、ワンタイムのマルチアカウントセットアップや、複数の AWS アカウントでの AWS サービスの使用状況を一元管理するポリシー作成などにより、インスタンス上でのソフトウェア使用状況の検出が可能になります。

一元化されたライセンス管理と報告機能

ライセンスルールに基づいて、AWS とオンプレミス全般のライセンスの使用状況を一元的に表示できます。それにより、ライセンスの購入の増分、コンプライアンス、ベンダー監査などを、組織全体で容易に管理することができます。AWS アカウント間でライセンスルールを共有することにより、ライセンスルールを 1 つの AWS アカウントで一元的に作成、修正、削除する、単一のチームを作成できます。

専有ホストが必要なライセンス管理タスクの自動化

専有ホストを必要とする対象ライセンスの管理を簡素化するため、 AWS License Manager では、ホスト割り当てとホストによるキャパシティー使用率を指定するための、専有ホスト管理設定が行えます。この設定により、お客様に代わりこれらのタスクを AWS が受け持つようにできます。事前のホスト割り当てやキャパシティー使用率の管理は必要なく、シームレスにインスタンスの起動が可能です。

AWS 統合の組み込み

ライセンスの使用状況を、AWS リソースのライフサイクル全般を通じてシームレスに追跡します。AWS License Manager は、Amazon EC2、AWS Systems Manager、AWS Organizations、AWS Service Catalog、AWS Marketplace と統合しています。ライセンス管理者は、AWS Service Catalog にルールを追加することができ、それによってすべての AWS アカウントで使用が承認されている IT サービスのカタログを作成、管理できます。AWS Systems Manager および AWS Organizations とのシームレスな統合により、管理者は、組織およびオンプレミス環境のすべての AWS アカウントでライセンスを管理できます。また、AWS Marketplace の購入者は、Marketplace から取得した、自分のライセンスを使用した (BYOL) ソフトウェアの追跡や、全ライセンスの一括表示による管理のために、 AWS License Manager を使用することができます。

ダッシュボードを活用した使用料追跡

AWS License Manager では、AWS とオンプレミス環境の全体に関する使用中ライセンスの追跡を、中央のダッシュボードから行うことができます。ライセンス割り当て、その使用状況、そして対処が必要な警告などを、簡単に表示させることが可能です。これにより、ライセンス購入、コンプライアンス、ベンダーによる監査の管理などが簡単にできます。

詳細は、AWS License Manager ドキュメントをご参照ください。 

Product-Page_Standard-Icons_01_Product-Features_SqInk
AWS License Manager の料金の詳細

AWS License Manager は異なる設定でセットアップできますが、通常は、ルールの定義、ルールの適用、新しいソフトウェアの検出、という 3 つの段階から構成されています。

詳細 
Product-Page_Standard-Icons_02_Sign-Up_SqInk
無料のアカウントにサインアップ

AWS 無料利用枠にすぐにアクセスできます。 

サインアップ 
Product-Page_Standard-Icons_03_Start-Building_SqInk
コンソールで構築を開始する

AWS コンソールで AWS License Manager を使用して構築を開始します。

サインイン