AWS Elemental MediaTailor は、コンテンツのパーソナライズと収益化のためのサービスです。このサービスを使用すると、ブロードキャストレベルのサービス品質を維持しつつ、ターゲット広告付きの動画をビューワーに提供できます。このサービスは、 AWS マネジメントコンソールからアクセスでき、標準の広告プロトコルを使用して、お客様の動画ワークフローに合わせて設定できます。スタンドアロンサービスとして使用するか、AWS Media Services と統合して使用することにより、AWS Elemental MediaTailor では、ローカル規模、リージョン規模、グローバル規模で、オンデマンドやライブのイベントをピーク視聴者数にまで自動的にスケールしながら、お客様の動画広告戦略をサポートします。

主な特徴

サーバー側の広告挿入

動画の配信前に広告コンテンツのアップストリームを挿入
AWS Elemental MediaTailor を使用すると、動画の配信前に、リクエストされたストリームの開始位置に広告コンテンツを挿入できます。このため、動画の再生中にパーソナライズされた広告を挿入するために、多種多様なクライアントデバイス向けに個別の設定を構築して管理する必要がなくなります。AWS Elemental MediaTailor では、各ビューワーに固有の "マニフェストファイル" が生成および維持されます。これは、個人にパーソナライズされた広告配置を配信するために使用されます。広告コンテンツは、プライマリコンテンツのストリームにシームレスに挿入され、同じソースロケーションから再生できるため、動画の再生中に高いフォーマットやビットレートの変動によって発生するバッファリングのリスクが低減されます。また、広告とその他のコンテンツを区別することが難しくなるため、広告ブロックソフトウェアによる影響も抑えられます。

オンザフライの広告挿入

需要に応じて動画広告アセットを挿入
大規模なビューワーのグループに同じセットの広告のみを配信できるソリューションと異なり、AWS Elemental MediaTailor では、各ビューワーにパーソナライズされた広告コンテンツを特定して配信します。これには、動画配信業者で把握しているビューワーの地理的場所、閲覧履歴、性別などの情報に基づいて、広告決定を通知するクライアントメトリクスを使用します。
 
このサービスでは、広告決定サーバーから広告アセットをリクエストすることで、これを実現します。広告決定サーバーでは、広告の配置とタイミングを決定し、プライマリ動画ストリームの仕様に合わせて広告コンテンツが準備され、視聴デバイスからのリクエストに応じて挿入されます。その結果、従来のブロードキャストテレビのように、OTT (Over The Top) の動画コンテンツで視聴者にシームレスな視聴環境を提供できます。

クライアント側の測定とレポート

正確で詳細な広告インプレッションの測定を取得
インターネット配信された動画広告の正確な測定とレポートにより、すべての広告配置について広告主や動画プロバイダーに確実に還元できます。広告主や Interactive Advertising Bureau (IAB) などの組織は、再生された動画広告の割合に基づいて広告インプレッションを獲得できるように、より細かな再生メトリクスを求めています。サーバー側の広告挿入ソリューションの多くでカウントできるのは広告リクエストの数のみですが、AWS Elemental MediaTailor では、視聴デバイスにデプロイされた再生監視 API を使って、クライアント側から広告の測定とレポートを実装することにより、IAB レベルの再生メトリクスを実現しています。さらに、AWS Elemental Media Tailor では、視聴デバイスが変更できない従来のセットトップボックスなどのデバイスについても、IAB の仕様に準拠して、サーバー側の広告メトリクスをレポートできます。

自動スケーリング

視聴者数に応じてリソースをスケールする
AWS Elemental MediaTailor では、同時視聴者数に応じて自動的にスケールされるため、視聴者数の増減に合わせて、一貫したパフォーマンスとサービス品質を維持しながらインターネット配信の動画コンテンツを提供できます。

選択可能な動画ワークフローのコンポーネント

任意のベンダーとソリューションが利用可能

AWS Elemental MediaTailor では、特定のベンダーまたはソリューションに限定されません。コンテンツ配信ネットワーク (CDN)、広告決定サーバー、オリジンサーバーなど、このサービスで直接運用する動画ワークフローのコンポーネントを選択できます。このサービスは、ほとんどの標準の CDN や広告決定サーバーと連携しています。また、HTTP 経由でアクセス可能なオリジンサーバーとも連携しており、これは一般的な動画ストリーミングプロトコルや適切な広告マーカーを使用して設定できます。

単独での使用または AWS Media Services と組み合わせた使用

組み込みの統合機能の活用、単独でのデプロイ
AWS Media Services の一部である AWS Elemental MediaTailor は、スタンドアロンのサービスとして使用することも、動画のライブエンコーディング、VOD 処理、ジャストインタイムのパッケージング、メディア最適化ストレージのために AWS の各種サービスと統合して使用することもできます。また AWS Elemental MediaTailor は、 Amazon CloudFront CDN などの AWS のその他のサービスとシームレスに相互運用できます。