AWS Elemental MediaTailor は、コンテンツのパーソナライズと収益化のためのサービスです。このサービスを使用すると、ブロードキャストレベルのサービス品質を維持しつつ、ターゲット広告付きの動画をビューワーに提供できます。このサービスは、 AWS マネジメントコンソールからアクセスでき、標準の広告プロトコルを使用して、お客様の動画ワークフローに合わせて設定できます。スタンドアロンサービスとして使用するか、AWS Media Services と統合して使用することにより、AWS Elemental MediaTailor では、ローカル規模、リージョン規模、グローバル規模で、オンデマンドやライブのイベントをピーク視聴者数にまで自動的にスケールしながら、お客様の動画広告戦略をサポートします。

主な特徴

サーバー側の広告挿入

動画の配信前に広告コンテンツのアップストリームを挿入
AWS Elemental MediaTailor により、配信する前に、リクエストされたストリームの開始位置に広告コンテンツを挿入できます。これにより、動画の再生中にパーソナライズされた広告が挿入されるため、多種多様なクライアントデバイス向けに個別の設定を構築して管理する必要がなくなります。AWS Elemental MediaTailor では、各ビューワーに固有の "マニフェストファイル" が生成および維持されます。これは、個人にパーソナライズされた広告配置を配信するために使用されます。広告コンテンツは、プライマリコンテンツのストリームにシームレスに挿入され、同じソースロケーションから再生できるため、動画の再生中に高いフォーマットやビットレートの変動によって発生するバッファリングのリスクが低減されます。また、広告とその他のコンテンツを区別することが難しくなるため、広告ブロックソフトウェアによる影響も抑えられます。

オンザフライの広告挿入

需要に応じて動画広告アセットを挿入
大規模なビューワーのグループに同じセットの広告のみを配信できるソリューションと異なり、AWS Elemental MediaTailor では、各ビューワーにパーソナライズされた広告コンテンツを特定して配信します。これには、動画配信業者が把握しているビューワーの地理的場所、閲覧履歴、性別などの情報に基づいて、広告決定を通知するクライアントメトリクスを使用します。
 
このサービスでは、広告決定サーバーから広告アセットを要求することで、これを実現します。広告決定サーバーでは、広告の配置とタイミングを決定し、プライマリ動画ストリームの仕様に合わせて広告コンテンツが準備され、視聴デバイスからのリクエストに応じて挿入されます。その結果、従来のブロードキャストテレビのように、OTT (Over The Top) の動画コンテンツで視聴者にシームレスな視聴環境を提供できます。

クライアント側の測定とレポート

正確で詳細な広告インプレッションの測定を取得
インターネット配信された動画広告の正確な測定とレポートにより、すべての広告配置について広告主や動画プロバイダーに確実に還元できます。広告主や Interactive Advertising Bureau (IAB) などの組織は、再生された動画広告の割合に基づいて広告インプレッションを獲得できるように、より細かな再生メトリクスを求めています。多くのサーバー側の広告挿入ソリューションでは、広告リクエストの数のみカウントできますが、AWS Elemental MediaTailor では、視聴デバイスにデプロイされた再生監視 API を使って、クライアント側から広告の測定とレポートを実装することにより、IAB レベルの再生メトリクスを実現しています。さらに、AWS Elemental Media Tailor では、視聴デバイスが変更できない従来のセットトップボックスなどのデバイスについても、IAB の仕様に準拠して、サーバー側の広告メトリクスをレポートできます。

自動スケーリング

視聴者数に応じてリソースを拡大または縮小する
AWS Elemental MediaTailor では、同時視聴者数に応じて自動的にスケールされるため、視聴者数の増減に合わせて、一貫したパフォーマンスとサービス品質を維持しながらインターネット配信の動画コンテンツを提供できます。

選択可能な動画ワークフローのコンポーネント

任意のベンダーとソリューションが利用可能

AWS Elemental MediaTailor では、特定のベンダーまたはソリューションに限定されません。コンテンツ配信ネットワーク (CDN)、広告決定サーバー、オリジンサーバーなど、このサービスで直接運用する動画ワークフローのコンポーネントを選択できます。このサービスは、ほとんどの標準の CDN や広告決定サーバーと連携しています。また、HTTP 経由でアクセス可能なオリジンサーバーとも連携しており、これは一般的な動画ストリーミングプロトコルや適切な広告マーカーを使用して設定できます。

単独での使用または AWS Media Services と組み合わせた使用

組み込みの統合機能の活用、単独でのデプロイ
AWS Media Services の一部である AWS Elemental MediaTailor は、スタンドアロンのサービスとして使用することも、動画のライブエンコーディング、VOD 処理、ジャストインタイムのパッケージング、メディア最適化ストレージのために AWS の各種サービスと統合して使用することもできます。また AWS Elemental MediaTailor は、 Amazon CloudFront CDN などの AWS のその他のサービスとシームレスに相互運用できます。

よくある質問

  • AWS Elemental MediaTailor とは何ですか?

    AWS Elemental MediaTailor は、コンテンツのパーソナライズと収益化のためのサービスです。このサービスを使用すると、動画プロバイダーは、マルチスクリーンの動画アプリケーションでブロードキャストレベルのサービス品質を維持しつつ、ターゲット広告をエンドユーザーに提供できます。AWS Elemental MediaTailor を使用すると、広告が動画の配信前にサーバー側のアップストリームで挿入されるため、継続的なストリームが消費者デバイスに配信され、コンテンツとコマーシャルが区別される可能性がなくなります。広告の収益化を高め、プライマリコンテンツと同じ動画品質を一貫して維持することができ、複数プラットフォーム環境間での管理がシンプルになります。AWS Elemental MediaTailor では、最適なエンドユーザーエクスペリエンスを実現するためにマネージド型の広告コンテンツ変換を提供しています。また、単一のサービス内で標準ベースのクライアント側およびサーバー側広告レポートも利用できます。最高品質の視聴者体験を提供しながら、プレイヤー、オリジン、CDN を完全に制御できます。

  • AWS Elemental MediaTailor の利用対象者は誰ですか?

    AWS Elemental MediaTailor は、あらゆる種類の動画プロバイダーのニーズを満たすように設計されています。中小企業からグローバル企業、政府機関、非営利団体、学校に至るまで、動画の重要性はますます高まっています。AWS Elemental MediaTailor は、動画の運用効率と有効性の向上を目指すあらゆる組織でご利用いただけます。映画やテレビスタジオ、放送ネットワーク、有料 TV のチャネルやシステムオペレーター、番組配信業者、インターネットサービスプロバイダー、オンライン動画プラットフォーム、プロのスポーツリーグやチームなど、メディアやエンターテイメント業界のすべての企業が AWS Elemental MediaTailor を使用したブロードキャスト、ストリーミング、優れた動画サービスを活用できます。


  • AWS Elemental MediaTailor によってどのような問題を解決できますか?

    OTT 動画に広告を挿入する従来のアプローチでは、発行者がコンテンツをさまざまな方法で十分に収益化することに制限がある場合があります。ライブストリーミングのピーク時にスケーリングに失敗したり、一貫性のない広告レポートメトリクスを配信したり、お客様を特定の CDN やオリジンサーバーのベンダーに制限したりすることがあります。別々のネットワークから広告を呼び出すため、クライアント側のソリューションではユーザーの期待する視聴環境に見合ったブロードキャストレベルのサービス品質を提供できないことがよくあります。さらに、広告ブロックによって広告インプレッションも大きく失われてしまいます。AWS Elemental MediaTailor では、広告を視聴者にパーソナライズし、デバイス間での広告インプレッションを正確にレポートして広告ブロッカーの影響を軽減するようにしているため、発行者は OTT 動画の収益化の可能性を最大限に拡大できます。これらを、ハイプロファイルでのライブストリーミングのユースケースにおいて需要に応じたスケーリングを実行しながら、動画の品質を落とさずに実現できます。また、AWS Elemental MediaTailor は HTTP CDN やオリジンサーバーのプロバイダーに依存しないため、お客様にとって柔軟性があるサービスです。事前の支払いや契約は不要で、シンプルな従量課金制の料金モデルを採用しています。

  • AWS Elemental MediaTailor には、他のサーバー側の広告挿入ソリューションと比べてどのような利点がありますか?

    他のサーバー側の広告挿入ソリューションでは、通常、クライアント側の詳細な視聴メトリクスが提供されません。サーバー側のソリューションでは、通常、広告サーバーに対するリクエストの CDN サーバーのログに基づいてレポートが行われます。この場合、広告主が要求するクライアントベースの細かな視聴メトリクスを提供できません。サーバー側でスティッチされたマニフェストを処理するため、SDK や特定のプレーヤーの統合が必要となるソリューションもあります。これに対し、AWS Elemental MediaTailor では、特定のプレーヤーや SDK を統合する必要がありません。さらに、AWS Elemental MediaTailor では、コンテンツと広告の両方で既知の広告配信元ではなく、共通のエンドポイントにコールバックを行います。このため、広告ブロック戦略を回避できます。

    AWS Elemental MediaTailor では、広告決定サーバーと通信するためにクライアントのリクエスト情報をリアルタイムに使用し、パーソナライズされたマニフェストや広告コンテンツを動的に生成します。また、AWS Elemental MediaTailor を使用すると、パーソナライズされたマニフェストの配信に対応するために、オリジンインフラストラクチャを顧客向けにスケールする必要がなくなります。

  • AWS Elemental MediaTailor には、他のクライアント側の広告挿入ソリューションと比べてどのような利点がありますか?

    クライアント側の広告挿入ソリューションは、広告がブロックされやすく、再生品質が低いことがあります。ほとんどのクライアント側の広告ブロッカーは、既知の広告配信ドメイン名が登録されたブラックリストに基づいて機能します。動画クライアントで広告部分を完全にスキップできるため、インターネット配信の動画サービスからの広告収入に依存したビジネスモデルが存続の危機にさらされています。AWS Elemental MediaTailor では、シームレスな視聴環境を提供するため、コンテンツと広告が区別できない方法で配信されます。

    動画プロバイダーは、視聴者に従来のブロードキャストテレビと同様の再生品質で視聴環境を提供することを望んでいます。しかし、広告は独自のエンコーダー、動画処理パイプライン、CDN を備えた外部の広告決定サービスによって提供されるため、クライアント側の広告挿入ソリューションでは、広告とコンテンツのフォーマットを一致させることができません。これは、クライアントがベストエフォートで広告を取得するため、再バッファ率の増加と広告とコンテンツが切り替わる際の不連続な移行につながります。

    さらに、顧客が、音声のラウドネスレベルなど、最新の技術規制に準拠した広告を提供する必要がある場合があります。これらの問題の解決を図るため、プロバイダーは、多数の広告決定サービスと連携するか広告主と直接連携しながら、広告の事前処理や事前ロードを行います。しかし、広告決定サーバー数や広告フォーマットの順列が増加するため、スケーリングの課題が生じます。AWS Elemental MediaTailor では、広告決定サーバーからメザニン品質のアセットを取得し、アセットをオンザフライでプライマリコンテンツのストリームと同じ仕様に変換することで、こういった課題を解決します。その結果、インターネット配信の動画で、従来のブロードキャストテレビのようなシームレスな視聴環境を視聴者に提供できます。

  • AWS Elemental MediaTailor を使用すると、広告ワークフローはどのように簡素化されますか?

    コンテンツと広告の両方で同じ動画処理パイプラインが使用されるため、オリジンサーバー、マニフェスト調整サービス、広告決定サーバーとの間で行われる複雑な広告情報の伝達を調整する必要がなくなります。従来は、新しい動画フォーマット、広告挿入の仕様、コンプライアンス基準が登場すると、顧客がクライアントライブラリの変更をサポート対象のすべてのデバイスで実装する必要がありました。AWS Elemental MediaTailor を使用すると、顧客は同じ広告挿入ワークフローを使用して、あらゆるデバイスに適用できます。このため、新しい基準に対応するためにすべてのクライアントアプリケーションにカスタムの変更を加える必要がなくなります。

  • AWS Elemental MediaTailor でどのようにコンテンツをパーソナライズできますか?

    動画コンテンツの発行者は、エンドビューワーの人口動態プロファイル、視聴傾向、その他の関連データといった OTT 環境の情報を従来のブロードキャストテレビよりもさらに多く入手できます。これにより広告がさらに効果的になります。ただし、従来のサーバー側の広告挿入ソリューションでは通常、広告とコンテンツをつなぎ合わせるとき、クライアントのデバイス情報と通信したり、使用したりしません。2 つの理由があります。第 1 に、これらは独自の拡張子を使用してクライアント情報を広告サーバーに渡すため、異なる実装とサービス間で通信エラーを引き起こします。第 2 に、広告をパーソナライズすることでマニフェストファイルのキャッシュ性能を低下させるだけでなく、マニフェストファイルを書き換えて独自の広告コンテンツをその場で変換するためにコンピューティングリソースを大幅に増加させる必要があります。そのようなソリューションとは異なり、AWS Elemental MediaTailor では、外部の広告サーバーと通信するときに VAST 標準を使用し、マニフェスト操作に備えたコンピューティングリソースのスケーリング、変換、配信は伸縮自在な AWS クラウドを使用して自動的に実行されます。

  • AWS Elemental MediaTailor によって、どのようにデバイス間での視聴行動の正確なレポートが有効になりますか?

    広告主と Interactive Advertising Bureau (IAB) の両方が、エンドビューワーのデバイスから測定された詳細な再生メトリクスを要求します。これによりクライアントは、広告が再生されたときに、外部の広告サーバーによって管理されたトラッキング URL に膨大な HTTP リクエストを実行するように求められます。このビーコン情報によって、再生された広告動画のインプレッションが四分位 (25%、50%、75%) で評価されます。

    AWS Elemental MediaTailor では、デフォルトでサーバー側のこのようなメトリクスをレポートするため、追加で統合する必要はありません。また、AWS Elemental MediaTailor では、クライアントに API エンドポイントを提供するため、広告コンテンツがいつ再生されたかを特定できます。さらにクライアント側の広告レポートの実装、広告時間でのスクラブ再生の無効化、広告再生時間のカウントダウンといった高度な再生機能も使用できます。

  • AWS Elemental MediaTailor によって、どのようにコンテンツの視聴者体験は向上しますか?

    AWS Elemental MediaTailor には、再生中に広告とコンテンツ間を移行するとき、アスペクト比、解像度、ビデオビットレートについて途切れが生じないようにするトランスコードサービスがあります。AWS Elemental MediaTailor では、広告サーバーの標準 VAST と VMAP レスポンスを使用して、高品質の広告アセットを取得し、リアルタイムトランスコーディングとリソースのパッケージ化をプロビジョニングして、コンテンツと同じ動画および音声パラメータにフォーマットします。

  • AWS Elemental MediaTailor はスタンドアロンサービスですか? それとも他のサービスに依存するサービスですか?

    AWS Elemental MediaTailor は、スタンドアロンサービスとしても、他の AWS Media Services を含む広範囲の動画ワークフローの一部としても利用できます。AWS Media Services は、クラウドベースの動画ワークフローの基礎を構成するサービスのファミリーです。このサービスでは、動画を作成、パッケージング、配信するのに必要な機能が用意されています。これらの機能は、すべて AWS マネジメントコンソールからアクセスできます。AWS メディアサービスを他の AWS のサービスとともに使用することで、高いコスト効率と品質を確保しつつ、ライブ動画やオンデマンド動画のコンテンツを処理して世界中の視聴者に配信するための完璧なソリューションを実現できます。

  • AWS Elemental MediaTailor をオンプレミスデプロイで使用することはできますか?

    AWS Elemental MediaTailor のマニフェスト操作と他のサービスは AWS で実行されますが、オンプレミスにホストされた任意のオリジンサーバーを利用することができ、HTTP 経由でアクセスできます。AWS Elemental MediaTailor 自体は AWS クラウドのサービスです。

  • AWS Elemental MediaTailor で独自の CDN を使用できますか?

    はい。AWS Elemental MediaTailor は CDN に依存していません。

  • AWS Elemental MediaTailor で独自のオリジンサーバーを使用できますか?

    はい。AWS Elemental MediaTailor は HTTP 経由でアクセス可能なオリジンサーバーと連携します。また、CUE-IN と CUE-OUT の広告マーカーを加えたマニフェストを作成できます。詳細については、AWS Elemental MediaTailor のドキュメントページを参照してください。

  • AWS Elemental MediaTailor の料金はどのように請求されますか?

    AWS Elemental MediaTailor の料金は、広告の挿入数に基づきます。例えば、1,000 人がストリームを視聴し、その中に 5 つの広告が含まれていた場合、5,000 件の広告挿入に対して料金が課されます。1,000 件の広告挿入につき、10 件の無料広告クリエーティブトランスコードが含まれます。詳細については、AWS Elemental MediaTailor 料金ページを参照してください。

  • AWS Elemental MediaTailor を使用するためにどれくらいのチャネルが必要ですか?

    AWS Elemental MediaTailor によってサポートされるチャネルの数に最小値や上限はありません。料金は、従量料金制で最低料金がなく広告挿入数に基づいているため、1 チャネルしか運営しなかったとしてもペナルティが課されることはありません。また、数百ものチャネルを使用する場合や、同時視聴による大きなピークが予想されるチャネルを使用する場合には、AWS Elemental MediaTailor が自動的にスケールします。