紹介を見る

AWS Elemental MediaTailor の紹介

使用を開始するための 5 つのステップ

MediaConvert_step1
ステップ 1: AWS アカウントをセットアップしてログインする

AWS マネジメントコンソールにログインしてアカウントをセットアップします。

MediaConvert_step3
ステップ 2: IAM のアクセス許可をセットアップする

Identity and Access Management (IAM) ロールを作成して適用します。

MediaTailor_step3@2x
ステップ 3: 動画ストリームを準備する

MediaTailor と互換性のある HLS または DASH のマニフェストを作成するために、AWS Elemental MediaPackage などのオリジンサーバーを設定します。

MediaTailor_step4@2x
ステップ 4: 設定を作成する

設定には、オリジンサーバーと広告決定サーバーの動画ソースとマッピング情報が示されています。

MediaTailor_step5@2x
ステップ 5: 動的な広告挿入を有効にしたコンテンツを配信する

Amazon CloudFront などの CDN を使用して、ストリーミング動画を介して視聴者にターゲット広告を提供します。

あらかじめ構築されたソリューション

このワークショップでは、AWS Elemental MediaStore などのストレージのメディア資産と、VMAP 応答を返す Ad Decision Server (ADS) を使用して AWS Elemental MediaTailor の設定を行います。

このモジュールでは、以前に作成した AWS Elemental MediaLive チャネルと AWS Elemental MediaPackage チャネルを使用して Mediatailor の設定を行います。MediaPackage チャネルは、SPEKE リファレンスサーバを使用して暗号化されます。

トレーニングとラボについて調べる

MediaTailor の概要

このコースでは、高品質のサービスを維持しながら、顧客がステッチのサーバーサイド広告挿入を実装できるコンテンツパーソナライゼーションおよび収益化サービスである AWS Elemental MediaTailor について学びます。このコースでは、AWS Elemental MediaTailor の機能と利点を紹介し、ユースケースとお客様事例を説明し、実行中のサービスのデモンストレーションを行います。

収益化ワークフローを理解する

このコースでは、AWS Elemental MediaLive、AWS Elemental MediaPackage、AWS Elemental MediaTailor、Amazon CloudFront を使用してサーバー側の広告挿入を設定することで、ライブ動画コンテンツを収益化する方法を学びます。

詳細