APN Certification Distinction は、AWS 認定を取得することにより、APN 企業が常にお客様のことを第一に考えていることを示す機会となります。APN パートナーは、取得したアクティブな AWS 認定の合計数を表示することにより、AWS 認定取得者ならではの価値あるサービスを提供できることを顧客に伝えることができます。 

APN パートナーが有する AWS 認定の合計数が 50、100、200、300、400、500 に達するごとに証明書が発行されます。

AWS 認定および APN Certification Distinction について詳しくは下記をご覧ください。 


certified

AWS トレーニングと認定が事業にどのように役立っているかに関する APN パートナーの実際の声をご紹介します。 

600x400_Cloudreach_Logo

Cloudreach では、AWS 認定を取得した社員が数多く在籍していることが、顧客との打ち合わせの際に非常に役立っていると感じています。この動画では、Cloudreach が AWS を利用してきた背景や APN パートナーであることの利点についてご紹介します。

600x400_Logicworks_Logo

Logicworks は AWS トレーニングと認定に多大な投資を行ってきました (現在、社員の半数以上が AWS 認定取得者です)。AWS トレーニングがどのように役立ってきたのかについて、同社のチームからのコメントをご紹介します。 

600x400_Slalom-Consulting_logo

Slalom では、コンサルタントが顧客へのサービス品質を向上するために、AWS トレーニングと認定を活用しています。Slalom のチームが、ビジョンを明確に理解し、何が可能なのかを把握できるようクライアントを助けるという目標について語るコメントをご紹介します。


AWS 認定により、AWS でアプリケーションとインフラストラクチャを設計、デプロイ、運用するための技術スキルと専門知識を有する IT プロフェッショナルであることが証明されます。AWS 認定は AWS クラウドインフラストラクチャに関する専門知識を証明する資格として業界全体で認識されており、パートナーが取得を目指すクラウド関連の認定トップ 10 の中の 1 つに数えられています。

 


APN Certification Distinction は、APN 企業が有するアクティブな AWS 認定の合計数を示すものです。この方法により、APN 企業は、AWS 認定取得者ならではの価値あるサービスを提供できることを顧客に伝えることができます。社内に AWS 認定取得者が増えれば、AWS への移行や AWS 利用の最適化に関して顧客をサポートできる AWS のエキスパートが増えることになります。


ステップ 1: 役割に合った試験を選ぶ。IT プロフェッショナルは、ソリューションアーキテクト、開発者、システム運用管理者などの役割に応じて認定試験を選ぶことができます。また、各試験にはアソシエイトレベルとプロフェッショナルレベルの認定が用意されています。

ステップ 2: APN ポータルから認定試験に申し込む。APN ポータルから AWS 認定試験に申し込むことにより、取得された認定が、組織全体の合計認定数としてカウントされます。 

ステップ 3: AWS 認定試験に向けて準備する。試験要覧、qwikLABS の Exam Prep Quest、模擬試験など、試験の準備に役立つリソースが多数用意されています。

ステップ 4: AWS 認定試験を受験する。AWS 認定試験は、テストセンターまたは re:Invent のオンサイト会場で受験できます。

APN パートナーに在籍する AWS 認定取得者の合計数が一定の人数に達すると、その企業に APN Certification Distinction ロゴが支給されます。申し込みは不要です。

APN Distinction ロゴガイドラインについては、ここをクリックしてご覧ください。