AWS Well-Architected レビュー (ISV)

AWS パートナーがリスクを特定してアーキテクチャを改善できるようにする

ISV 向けの AWS Well-Architected レビューとは何ですか?

AWS Well-Architected レビューは、独立系ソフトウェアベンダー (ISV) が AWS のベストプラクティスを採用して、コストを削減し、セキュリティとパフォーマンスを向上させ、クラウドネイティブアーキテクチャを採用し、業界のコンプライアンスを推進し、トラフィックの需要を満たすようにスケールするのに役立ちます。

AWS Well-Architected レビューを実施し、AWS の基本的な基準を満たすために利用できるレビューメカニズムがいくつかあります。ファンデーショナルテクニカルレビュー (FTR) レンズを使用して AWS Well-Architected レビューを実施することで、ワークロードのリスクを特定して修正することができます。その後 FTR を正常に完了すると、「Reviewed by AWS」ソリューションバッジを獲得して、AWS のお客様にソリューションを宣伝できるようになります。さらに、Software-as-a-Service (SaaS) レンズを活用して、SaaS ワークロードを開発および最適化するためのベストプラクティスを採用することもできます。

AWS Well-Architected レビューのメリットレビューの実施方法、リソース、およびパートナーの成功事例を以下でご覧ください。

AWS Well-Architected

AWS Well-Architected パートナープログラムコミュニケーションの最新情報を入手してください

AWS Well-Architected レビューを実施するメリット

Digital Workplace

ソリューションをスケールする

時間の経過に合わせて製品がスケールできるように最適化するため、運用上の優秀性、セキュリティ、信頼性、パフォーマンス効率、およびコスト最適化全体において AWS のベストプラクティスを使用して、ワークロードとアプリケーションを改善および最適化するためのガイダンスを受け取ります。

Money icon

コスト効率を向上する

アプリケーションのリスクを特定して軽減し、コストを削減し、セキュリティインシデント、アプリケーションの停止、急速に増加するコスト、およびパフォーマンスの問題の可能性を低減します。

100x100_e_training

「Reviewed by AWS」ソリューションバッジを獲得する

AWS Well-Architected ベストプラクティスを活用して、FTR を完了するためのプロセスを合理化します。FTR に合格すると、「Reviewed by AWS」ソリューションバッジを獲得して、AWS のお客様にソリューションを宣伝できます。

AWS Well-Architected レビューを実施する方法

クラウド導入のどの段階でも、すべての ISV は、アプリケーションが AWS のベストプラクティスに確実に沿うように、AWS Well-Architected レビューを実施すべきです。AWS パートナーは、AWS パートナーネットワーク (APN) に登録すると、AWS パートナーセントラルの AWS Well-Architected リソースに直ちにアクセスできます。以下の手順に従って、 AWS Well-Architected レビューを実施します。

  • ステップ 1: AWS ISV パートナーパスに参加する

    まだ会社が APN に登録されていない場合は、AWS パートナーセントラルアカウントを作成して APN にご参加ください。

    • APN に登録するときは、AWS を実行または統合して AWS パートナーセントラルを通じて AWS ISV パートナーパスにすぐにアクセスできるソリューションがあることを必ず示してください。
    • AWS ISV パートナーパスに参加したら、ISV 向けの APN ナビゲートトラックから第一歩を踏み出し、AWS Well-Architected Framework を使用して製品を構築する方法についてステップバイステップのガイダンスを受け取ります。
  • ステップ 2: AWS Well-Architected レビューを実施する

    ISV 向けの APN ナビゲートトラックは、AWS Well-Architected レビューを実施するためのガイドであり、AWS のベストプラクティスに確実に従い、AWS ファンデーショナルテクニカルレビューを正常に完了するために必要なワークロードのリスクを確実に修正できるようにするためのものです。 

    チームの規模と予算に応じて、次の 4 つのメカニズムのいずれかを活用することで、AWS Well-Architected レビューを実施できます。

    1. セルフサービスレビュー: これは、リスクを軽減して FTR を完了するために必要な改善点を理解するための自己評価メカニズムです。チームの技術リーダーとビジネスリーダーは、AWS マネジメントコンソールの FTR レンズを備えた AWS Well-Architected Tool を使用して、このタイプのレビューを実施できます
    2. AWS コンサルティングパートナー主導のレビュー: 認定された AWS Well-Architected コンサルティングパートナーとチームを組み、Well-Architected レビューを実行します。認定された AWS Well-Architected コンサルティングパートナーは、ワークロードレビューを実行し、レビュー中に発見された高リスクの問題 (HRI) に基づいて改善を行う専門知識を持っています。AWS Well-Architected パートナーと協力してレビューを実施し、検出された HRI の 25% を修正すると、AWS 販促クレジットの獲得要件を満たす場合があります。認定された AWS Well-Architected コンサルティングパートナーを見つける »
    3. AWS パートナーの Well-Architected ソリューションで確認する: AWS パートナーの Well-Architected ソリューションを活用して、ワークロードのリスクの発見と特定を自動化します。これらのソリューションは AWS Well-Architected Tool と統合されているため、レビュープロセスを合理化および自動化できます。Well-Architected パートナーソリューションを見つける »
    4. AWS ソリューションアーキテクト主導のレビュー: 専任の AWS ソリューションアーキテクトが割り当てられている場合、FTR レンズを活用して AWS Well-Architected レビューを実行し、チームが解決する必要のある問題を特定できます
  • ステップ 3: ワークロードリスクを修正する

    AWS Well-Architected レビューの結果に基づいて、会社の優先事項に整合的な改善計画を作成することをお勧めします。

    • AWS Well-Architected Tool は、AWS のベストプラクティスに基づいて、ワークロードに存在するさまざまな問題を改善するための手順を提供します
    • FTR レンズを活用して AWS Well-Architected レビューを実施した場合は、お客様の成功に不可欠であり、かつ、FTR を正常に完了するために必要な要素に基づいて優先順位を付けて、修正すべきリスクのリストが提供されます
    • AWS Well-Architected レビューに表示されるさらなる高リスクは、ビジネスの優先順位と FTR を完了するために必要な優先順位に基づいて優先順位を付ける必要があります
  • ステップ 4: AWS ファンデーショナルテクニカルレビューに申し込む

    AWS Well-Architected で高いリスクのある問題を解決したら、AWS パートナーソリューションアーキテクトによる AWS ファンデーショナルテクニカルレビューをリクエストします。

    • FTR を正常に完了し、年間 APN 料金 (2,500 USD) を支払うと、マーケティング資料に表示できる「Reviewed by AWS」ソリューションバッジを獲得します
  • ステップ 5: Well-Architected ISVの資金を申請する

    AWS Well-Architected Tool で AWS Well-Architected Review を実施し、レビュー中に発見した高リスクの問題の 25% を無事改善し、AWS ファンデーショナルテクニカルレビューを無事に終了すると、AWS 販促クレジットを受け取ることができます。

    AWS Well-Architected ISV ファンディングを申請する »

  • ステップ 6: ソリューションの最適化を継続する

    AWS Well-Architected は、継続的な改善のためのメカニズムです。以下のガイダンスに従って、AWS でソリューションを継続的に最適化およびモダナイズしてください。

    • ステップ 2 の 4 つのメカニズムのいずれかを引き続き活用して、AWS Well-Architected レビューを継続的に実施します
    • 最新のアーキテクチャガイダンスに従っていることを確認するために、メジャーアップデートを行うとき、新しいソリューションをローンチするとき、そして定期的に、AWS Well-Architected レビューを実施することをお勧めします
    • AWS Well-Architected Tool の SaaS レンズを活用して、AWS での SaaS ソリューションの提供を加速します。AWS でマルチテナント SaaS ソリューションを構築または最適化する方法について、AWS SaaS エキスパートから規範的なガイダンスを受け取ります。 ソリューションを SaaS にモダナイズすることの価値について詳しく知る »

AWS パートナーと協力して、AWS Well-Architected レビューを実施します

ISV 向けの AWS Well-Architected リソース

継続的な最適化のメカニズムとして AWS Well-Architected フレームワークを適用するのに役立つ利用可能なリソースをご覧ください。

storage-icon2

ホワイトペーパー

クラウドでワークロードを設計および実行するための主要な概念、設計原則、およびアーキテクチャのベストプラクティスについて学習するために、Well-Architected ホワイトペーパーを詳しく確認します。

life-sciences-icon2

ハンズオンラボ

ハンズオンラボを活用して、アプリケーションのニーズに合わせてスケールする設計を実装する方法を学び、アーキテクチャのベストプラクティスを使用して構築するのにお役立てください。

data-and-analytics-icon2

APN ブログ記事

AWS Well-Architected をビジネスに組み込む方法、HRI の優先順位付けなどを学びます。

devops-icon2

AWS Well-Architected Tool

今日、AWS Well-Architected Tool で AWS Well-Architected レビューを実施する方法を学びます。

オンラインセミナー

オンラインセミナー

次のオンラインセミナーのデモで、ISV 向けの AWS Well-Architected レビューの詳細をご覧ください: FTR LensSaaS Lens、および Well-Architected Tool ソリューション

AWS Well-Architected の成功事例

Well-Architected を適用することで ISV がどのように利点を得るかを学びます。