APN テクノロジーパートナー

AWS クラウドでホストまたは AWS クラウドと統合されているハードウェア、接続サービス、ソフトウェアソリューションを提供

APN テクノロジーパートナーは、AWS クラウドでホストまたは AWS クラウドと統合されているハードウェア、接続サービス、ソフトウェアソリューションを提供します。

  • ハードウェアプロバイダーには、相手先商標製品製造会社 (OEM) と半導体メーカーが含まれます。
  • 接続サービスには、ネットワークキャリアが含まれます。
  • ソフトウェアソリューションプロバイダーには、SaaS プロバイダーと独立系ソフトウェアベンダー (ISV) が含まれます。

APN テクノロジーパートナーは、APN と連携して構築、市場投入、販売を行うための幅広いリソース、トレーニング、ツール、サポートを利用できます。APN テクノロジーパートナーのティアが上がるにつれて、より多くの特典とプログラムが利用できるようになります。

apn_logo_new_350x96

APN テクノロジーパートナーの特典と要件


利点

要件

  • APN プログラムの料金

    APN プログラムの料金

    APN セレクトティア

    APN アドバンストティア

    APN プログラムの年間料金

    2,500 USD/年

    2,500 USD/年

  • 知識の要件

    知識の要件 APN セレクトティア APN アドバンストティア

    AWS 技術認定取得者

    1

    4
    最低2 人のプロフェッショナルまたは専門知識の認定取得者

     

  • 経験の要件

    経験の要件 APN セレクトティア APN アドバンストティア
    直接収益または立ち上げ済み収益機会 15,000 USD の直接収益、または
    3 件の立ち上げ済み収益機会の合計 MRR が
    1,500 USD 以上
    350,000 USD の直接収益、または
    20 件の立ち上げ済み収益機会の合計 MRR が
    10,000 USD 以上

    製品掲載

    はい

    はい

    パートナービジネスプラン

     

    はい

    AWS テクニカルベースラインレビュー

     

    はい

  • お客様の成功事例の要件

    お客様の成功事例の要件 APN セレクトティア APN アドバンストティア

    公開リファレンスカスタマー

    1

    2

    顧客満足度 (CSAT) の回答

    5

    20

    前述の要件に関する詳しい条件は、APN パートナーセントラルで確認できます。

APN テクノロジーパートナーになるためのプロセス


APN に登録して、APN テクノロジーパートナーになるためのプロセスを開始しましょう。APN ティアが上がるにつれて、利用可能なリソースを最大限に活用できるようになります。

APN に登録すると、APN パートナーセントラルの認証情報を含む E メールが送信されます。APN パートナーセントラルページに掲載された役立つトレーニング、ウェブキャスト、ベストプラクティスに関するホワイトペーパー、ツール、その他多くのリソースを利用するにはこの認証情報が必要です。これらのリソースは、APN テクノロジーパートナーになるためのプロセスをサポートするものです。

  • ステップ 1: APN に登録する
  • ステップ 2: APN セレクトティアを達成する
  • ステップ 3: APN アドバンストティアを達成する

パートナーの成功事例

APN アドバンストテクノロジーパートナーの歩みをいくつかご紹介します。

APN ブログのパートナーの成功事例を表示する »
APN スポットライトを見る »

AWS ストレージコンピテンシーパートナーの Zadara

ZeroLight の Audi 3D Car Configurator: AWS 産業用ソフトウェアコンピテンシー

Siemens PLM Software の Teamcenter と MindSphere: AWS 産業用ソフトウェアコンピテンシー

Rescale の ScaleX プラットフォーム: AWS 産業用ソフトウェアコンピテンシー

Salesforce

AWS パートナーの事例: Angel MedFlight と Salesforce

Druva

AWS パートナーの事例: ニューオーリンズ港と Druva

RasSystem

RasSystem: IoT と AWS インフラストラクチャを使用した都市部での廃棄物収集

Eseye

SolarNow は、Eseye と AWS を活用して IoT ソリューションを構築し、東アフリカの顧客がソーラーエネルギーへセキュアにアクセスできるようにしています。