電力とエネルギーにおける運用技術 (OT) の変革

送電網間の発電の分散化、バッテリーの低価格化、そして新しいタイプのネットワーク接続型デバイスの登場により、すべての電力会社は送電網の運用方法を一新する必要性に迫られます。AWS には拡張性、伸縮性、セキュリティが備わっており、電力会社はこれらを利用することで IoT と HPC ワークロードを実装することができます。また、堅牢な機械学習機能によって今日の複雑な送電網にも対応できます。信頼されるパートナーで構成される AWS のエコシステムの成長により、アプリケーションの最新化が進み、ダウンタイムなしで既存のアプリケーションとの相互運用性が実現されます。

Enel が IoT と エネルギー管理で AWS をプラットフォームとして利用した様子をご覧ください。

ユースケース

  • 分散型電源管理システム (DERMS)
  • 分散型電源管理システム (DERMS)
  • 分散型電源管理システム (DERMS)

    バッテリーコストの低価格化や自家発電利用者の増加、ネットワーク接続型デバイス、太陽光などの供給が不安定なエネルギー源の登場により、電力会社にはリアルタイムデータに基づいて相互接続された分散型エネルギー源 (DERs) を最適化できる新たなツールが必要になってきます。AWS のビッグデータ解析、機械学習 (ML)、そして IoT 機能を利用することで、企業はさまざまな地域資産、商用資産、およびその他の資産から知見を引き出して送電網の安定性、持続可能性、コスト、安全性を最適化することができます。AWS を活用し、設備を安全に接続して管理することでライフサイクルと分散型電力を最適化することができます。

    product-page-diagram-AWS-for-Power-Utilities_DERMS

開始方法

電力とエネルギー業界の大手企業はすでに AWS を使っています。当社の専門家にお問い合わせいただき、今すぐ AWS クラウドの導入を開始してください。