インターフェイス VPC エンドポイントを作成して、AWS または AWS のお客様やパートナーによって所有されるサービスへのプライベート接続を確立できます。各アベイラビリティーゾーンに VPC エンドポイントがプロビジョニングされている間、サービスとの関連性のステータスにかかわらず、時間単位の料金が発生します。VPC エンドポイントに対する時間単位の請求は、エンドポイントを削除すると停止されます。また、エンドポイントサービスの所有者がお客様の VPC エンドポイントをサービスにアタッチすることを拒否し、結果としてサービスが削除された場合も請求が停止します。このような VPC エンドポイントは再利用できないため、削除する必要があります。

データ処理料金は、トラフィックの送信元か送信先かにかかわらず、VPC エンドポイントで処理されたデータ量 (ギガバイト単位) に対して請求されます。1 時間未満の VPC エンドポイント使用時間は、1 時間分として請求されます。VPC エンドポイントの関連性のステータスにかかわらず、データを VPC エンドポイントに送信するとデータ転送料金が発生します。

AWS のサービスによっては、サービスに関連するインターフェイス VPC エンドポイントの料金がサービス料金に含まれていますが、請求書でこのようなエンドポイントの料金を直接識別できない場合もあります。このような場合は、各サービスの料金情報で確認できます。

料金に関するその他のリソース

TCO 計算ツール

総所有コスト (TCO) を計算

簡易見積りツール

AWS の月額料金を簡単に計算

エコノミクスリソースセンター

AWS に切り替えるための追加のリソース

AWS PrivateLink の詳細

特徴のページにアクセスする

AWS PrivateLink 経由で利用可能なサービスを見つける

AWS Marketplace にアクセス
構築の準備はできましたか?
AWS の開始方法
ご不明な点がおありですか?
お問い合わせ