Amazon Rekognition Video とは?

Amazon Rekognition Video は、Amazon S3 に保存されているお客様の動画から、アクティビティを検出し、フレーム内の人々の動きを理解し、人物、オブジェクト、有名人、不適切なコンテンツを判別する、深層学習を利用した動画分析サービスです。結果はタイムスタンプとペアになっているため、インデックスを作成して詳細な動画検索を行うことが簡単にできます。Rekognition Video では、フレーム内での人物や顔の場所を示す境界ボックスの座標を返します。

Amazon Rekognition Video では、お客様が提供した顔データをもとに、Amazon Kinesis Video Steams で作成したライブストリームをモニタリングして、顔の検出と判別を行うこともできます。

主な特徴

ストリーミングビデオのリアルタイムでの解析

Amazon Rekognition Video では、お客様のライブビデオストリーミングをリアルタイムで解析して、顔を検出し、判別できます。Amazon Kinesis Video Streams のストリーミングデータを Rekognition Video に入力し、お客様が提供する最大数千万もの顔データと照らし合わせて、超低レイテンシーでの顔認識を行います。バッチ処理のユースケースとして、Amazon Rekognition Video では Amazon S3 に保存した録画データを解析することもできます。

人物の識別と追跡

Amazon Rekognition Video では、動画内のそれぞれの人物の位置を追跡できます。TrackPersons API は人物を検出し、カメラが動いている最中でもその動きを追跡します。また、顔が何かに遮られたり、フレームから外れたりした場合でも、同じ人物を追跡し続けることができます。TrackPersons API は時間セグメントと信頼性についてのスコアを返します。

顔認識

Amazon Rekognition Video では、お客様が提供する数千万の顔のコレクションに対してリアルタイムで顔検索を実行できます。CreateCollection API を使用すると、お客様が提供するイメージから、顔の特徴を表すベクトル情報を付加した顔のコレクションを簡単に作成できます。Rekognition は提供された顔コレクションの中から、動画全体で視覚的に似ている顔を探します。この機能は、写真共有アプリケーションでの友達の自動認識やアクセスコントロールなどのユースケースで用いることができます。

顔分析

Rekognition Video を使えば、ビデオに現れる顔の位置を特定し、笑っているか、目が開いているか、感情を表しているかといった顔属性を分析できます。DetectFaces API を使えば、Rekognition Video は左目、右目、鼻、口の左端、口の右端などと言ったランドマークポイントを返します。この位置は、タイムスタンプと共に用いてユーザーの感情の時間的経過を追跡するのに使え、また自動顔フレーム、ハイライト、クロップなどの機能と共に自身のフィルターアプリケーションを作成できます。

物体、シーン、動作の検出

Rekognition Video は車両やペットなどの物体、都市、ビーチ、結婚式などのシーン、小包の配達やダンスなどの動作を何千も自動的に認識できます。Rekognition Video は「キャンドルを吹く」や「消火する」など動画内の動きを用いて、複雑な動作を正確に識別します。

不適切な動画の検出

Rekognition Video では露骨な内容、いかがわしい内容を検出して、アプリケーションの要件に基づいて動画をフィルタリングできます。Rekognition は露骨からいかがわしいまでの様々な節度のレベルを設定でき、視聴者に対する適切な節度のレベルを適用できます。

有名人の認識

Rekognition Video を使用すると、よく知られた人物がいつどこでビデオに登場するのかを検出し認識することができます。タイムコード付きの出力には、有名人の名前と一意の ID、有名人の関連コンテンツを指す URL (例: 有名人の IMDB リンク) が含まれます。これで、特定のマーケティングやメディアのニーズに関連するユースケースについて、デジタルビデオライブラリーをインデックス付けして検索することができます。

API、コンソール、コマンドラインを使用した管理

Amazon Rekognition には、Amazon Rekognition API、AWS マネジメントコンソール、および AWS コマンドラインインターフェイス (CLI) を使用してアクセスできます。コンソール、API、CLI では、Rekognition API を使用して、ラベル検出、顔分析、顔照合、顔検索を行えます。AWS Lambda には Rekognition 用の設計図が用意されており、Amazon S3 や Amazon DynamoDB といった AWS データストアでのイベントに基づいて画像分析を簡単に開始できます。

管理セキュリティ

Amazon Rekognition は AWS Identity and Access Management (IAM) に統合されています。IAM ポリシーを使用すれば、Amazon Rekognition API へのアクセスを制御し、アカウントへのアクセス権限をリソースレベルで管理できます。

API の要約

Rekognition API の要約については、Rekognition のドキュメントの.API リファレンスを参照してください。

Amazon Rekognition 料金の詳細

料金ページを見る
構築を始めましょう。
AWS Rekognition の開始方法
ご不明な点がおありですか?
お問い合わせ