AWS Resilience Hub

アプリケーションを中断に備えて保護する

アプリケーションの回復力を継続的に検証および追跡して、停止を減らします。

回復目標 (目標復旧時間と目標復旧時点) を評価します。

本番稼働環境で問題が発生する前に、問題を特定して解決します。

復旧コストを削減しながら、ビジネスの継続性を最適化します。

仕組み

AWS Resilience Hub は、AWS 上のアプリケーションの回復力を定義、検証、追跡するための一元的な場所を提供します。
AWS Resilience Hub HIW 図表
 クリックして拡大

特徴

記述する

クロスリージョンスタックやクロスアカウントスタックなど、AWS CloudFormation を使用してアプリケーションを記述します。アプリケーションは、リソースグループを使用して定義することも、Service Catalog AppRegistry で既に定義されているアプリケーションから選択することもできます。

定義する

アプリケーションの回復ポリシーを定義します。これらのポリシーには、アプリケーション、インフラストラクチャ、アベイラビリティーゾーン、およびリージョンの中断に対する RTO および RPO ターゲットが含まれます。

評価する

AWS Resilience Hub の評価では、AWS Well-Architected Framework のベストプラクティスを使用して、アプリケーションのコンポーネントを分析し、潜在的な回復力の弱点を明らかにします。これらは、不完全なインフラストラクチャセットアップ、設定ミス、または設定のさらなる改善が必要な状況が原因となって発生する可能性があります。

推奨する

AWS Resilience Hub は、回復力を改善するための実用的なレコメンデーションを提供します。回復力の評価では、アプリケーションに関する AWS Systems Manager ドキュメントとして復旧手順を作成するのに役立つコードスニペットも生成されます。このドキュメントは、標準作業手順書 (SOP) と呼ばれます。AWS Resilience Hub は、推奨される Amazon CloudWatch モニターとアラームのリストを生成し、デプロイ後に、アプリケーションの回復体制に対する変更をオペレーターがすばやく特定できるようにします。

検証する

アプリケーションと SOP が更新されて回復力の評価のレコメンデーションが組み込まれた後、AWS Resilience Hub を使用して、アプリケーションを本番稼働環境にリリースする前に、目標とする回復力をアプリケーションが達成できることをテストおよび検証できます。AWS Resilience Hub は、カオスエンジニアリングサービスである AWS Fault Injection Simulator (FIS) と統合されており、アプリケーションが定義された回復目標内に回復することを検証するために、実際の障害のフォールトインジェクションシミュレーションを提供します。これには、ネットワークエラーや、データベースに対して開かれている接続が多すぎることが含まれる場合があります。AWS Resilience Hub は API も提供するため、回復力の評価とテストを CI/CD パイプラインに統合して、継続的な回復力の検証を実現できます。回復力の検証を CI/CD パイプラインに統合することは、アプリケーションの基盤となるインフラストラクチャに対する変更によって回復力が損なわれないようにするのに役立ちます。

表示および追跡する

AWS Resilience Hub は、ダッシュボードを通じて、全体のアプリケーションポートフォリオの回復ステータスに関する包括的なビューを提供します。アプリケーションの回復力を追跡するために、AWS Resilience Hub は、Amazon CloudWatch や AWS Fault Injection Simulator などのサービスから、回復イベント (利用できないデータベースやレジリエンス検証の失敗など)、アラート、インサイトを集約して整理します。また、AWS Resilience Hub は、推奨されるレジリエンステスト、アラームおよび復旧 SOP の実装レベルを示すスケールである、レジリエンススコアを生成します。このスコアは、時間の経過に合わせた回復力の向上を測定するために使用することができます。

ユースケース

潜在的な弱点を明らかにする

実際の障害のフォールトインジェクションシミュレーションの使用は、復旧に関する標準作業手順書 (SOP) とアラームの有効性を検証するのに役立ちます。

ミッションクリティカルなアプリケーションを保護する

回復力を向上させるための実用的なレコメンデーションを提供し、復旧手順の作成をサポートします。

契約上および規制上の要件を満たすのをサポートする

計画的および計画外の停止におけるイベントの監査証跡を保持します。これは、コンプライアンスおよび規制要件を満たすのに役立ちます。

開始方法

AWS Resilience Hub の開始方法

アカウントにサインイン »

AWS Resilience Hub を無料で試す

無料利用枠のページにアクセス »

料金の詳細を確認する

料金のページにアクセス »

AWS の詳細を見る