Amazon S3 クロスリージョンレプリケーション (CRR)

S3 クロスリージョンレプリケーション (CRR) を使用すると、オブジェクト (およびそのメタデータとオブジェクトタグ) を他の AWS リージョンにレプリケートして、レイテンシーの短縮、コンプライアンス、セキュリティ、災害対策、その他のユースケースに対応できます。 オブジェクトを別の AWS リージョンの 1 つ以上の送信先バケットにレプリケートするように、S3 CRR を単一のソース S3 バケットから設定できます。

Amazon S3 CRR では、さまざまな AWS リージョンのバケット間でデータが自動的にレプリケートされます。CRR を使用すると、バケットレベル、共有プレフィックスレベル、オブジェクトレベルで S3 のオブジェクトタグによってレプリケーションを設定できます。CRR を使用すると、さまざまな地理的地域で低レイテンシーのデータアクセスを実現できます。また、CRR は何百キロも離れた場所にデータのコピーを保存するというコンプライアンス要件がある場合に役立ちます。CRR を使用すると、レプリケートされたオブジェクトのアカウント所有権を変更して、データが誤って削除されるのを防ぐことができます。CRR の詳細については、レプリケーションのデベロッパーガイドを参照してください。

ユースケース

コンプライアンス – Amazon S3 では、データはデフォルトで地理的に離れた複数のアベイラビリティーゾーンに保存されますが、コンプライアンス要件によってデータをさらに離れた場所に保存するよう求められる場合があります。CRR では、離れた AWS リージョン間でデータをレプリケートすることで、この要件を満たすことができます。

レイテンシーのパフォーマンス — 顧客またはエンドユーザーが 1 つ以上の地理的な場所に分散している場合、地理的に顧客に近い AWS リージョンで複数のオブジェクトコピーを維持することにより、データアクセスのレイテンシーを最小限に抑えることができます。

リージョンの効率性 — 同じオブジェクトのセットを分析するコンピューティングクラスターが 2 つ以上の AWS リージョンにある場合、オブジェクトのコピーをそれらのすべての AWS リージョンに維持することを選択できます。

Amazon S3: Cross-Region Replication & Versioning (3:34)

Amazon S3 セイムリージョンレプリケーション (SRR)

Amazon S3 SRR は、同じ AWS リージョン内のバケット間でデータを自動的にレプリケートする S3 の機能です。SRR を使用すると、バケットレベル、共有プレフィックスレベル、オブジェクトレベルで S3 のオブジェクトタグによってレプリケーションを設定できます。SRR を使用すると、同じ AWS リージョン内にデータのセカンドコピーを作成できます。SRR により、オリジナルと同じリージョン内の別の AWS アカウントにデータのコピーが保持されることで、データ所有権限の処理やコンプライアンス要件への対応にも役立ちます。SRR を使用すると、レプリケートされたオブジェクトのアカウント所有権を変更して、データが誤って削除されるのを防ぐことができます。また、SRR を使用すると、リージョン内処理のために異なる S3 バケットからログを簡単に集約したり、テスト環境と開発環境の間でのライブレプリケーションを簡単に設定したりすることもできます。 

ユースケース

単一のバケットにログを集約 — 複数のバケットにログを保存していたり、複数のアカウントをまたいでログを保存していたりする場合に、ログをリージョン内の単一のバケットに簡単にレプリケートできます。これにより、ログの処理を 1 つの場所で簡単に行えるようになります。

デベロッパーアカウントとテストアカウント間のレプリケーション – お客様またはお客様の顧客が同じデータを使用するデベロッパーアカウントとテストアカウントを持っている場合、SRR ルールを実装することで、それらの複数のアカウント間でオブジェクトメタデータを維持したままオブジェクトをレプリケートできます。

データ主権法の遵守 — 多くの場合、お客様は別々の AWS アカウントにデータを保存するように求められており、データを特定のリージョンの外に移動させることは禁じられています。セイムリージョンレプリケーションは、国外へのデータの移動がコンプライアンス規制によって制限されている場合に重要なデータをバックアップするのに役立ちます。

Amazon レプリケーション時間制御

Amazon S3 レプリケーション時間制御では、データレプリケーションに関するコンプライアンス要件 (またはビジネス要件) への対応をサポートします。また、Amazon S3 レプリケーションアクティビティを可視化します。レプリケーション時間制御では、Amazon S3 に「アップロードする」ほとんどのオブジェクトを数秒で、また 99.99% のオブジェクトを 15 分以内でレプリケートできます。 S3 レプリケーション時間制御にはデフォルトで、S3 レプリケーションメトリクスと S3 イベント通知が含まれており、これらを使用することで、レプリケーションを保留している S3 API オペレーションの総数、レプリケーションを保留しているオブジェクトの合計サイズ、最大レプリケーション時間をモニタリングできます。

S3 レプリケーション時間制御では、どの請求月でも 99.9% のオブジェクトが 15 分以内でレプリケートされることが、サービスレベルアグリーメント (SLA) で保証されています。

S3 レプリケーション時間制御の詳細については、S3 レプリケーションのドキュメントページまたは S3 レプリケーションに関するよくある質問を参照してください。

S3 レプリケーション時間制御の仕組み

S3 レプリケーション時間制御の説明

S3 レプリケーションの開始方法

Amazon S3 レプリケーション (CRR、SRR) と S3 レプリケーション時間制御は、S3 のオブジェクトタグを使用して、S3 バケットレベル、共有プレフィックスレベル、オブジェクトレベルで設定できます。さらに、S3 レプリケーション時間制御を 1 つ以上のリージョンペアに対して有効にすることができます。

S3 レプリケーションを開始するには、S3 レプリケーションのよくある質問デベロッパーガイドのレプリケーションのウェブページを参照してください。料金については、S3 レプリケーション機能の料金を参照してください。