SAP BusinessObjects BI ソリューションを利用して、基盤となるインフラストラクチャに対する長期間の契約や多額の資本支出を行うことなく、組織全体で事実に基づいた意思決定を行います。アマゾン ウェブ サービス (AWS) では、必要な IT インフラストラクチャの承認、調達、プロビジョニングに通常かかる時間を短縮し、SAP BusinessObjects を導入する価値を見極める時間を大幅に短縮できます。AWS を使用すれば、SAP BusinessObjects を配置するインフラストラクチャを日、週、月単位ではなく、時間単位で完全にデプロイできるようになります。前払い金も長期間の契約も必要ありません。

TCO の削減 - AWS が提供する規模の経済性および効率のメリットを得ることができます。コンピューティングやストレージなどのリソースについて、使った分だけ支払えば済みます。オンプレミスでの実行と比較した場合に最大 71% コストを削減できるインフラストラクチャについて、こちらをお読みください。

設備投資から運用コストへの移行 - AWS では、コンピューティング、ストレージ、ネットワークインフラストラクチャについて前払い金や契約なしに、SAP BusinessObjects の導入やプロジェクトを開始できます。

伸縮性 - ビジネスのニーズに合わせてコンピューティング性能を拡張します。夜間のバッチ処理または月末処理を迅速化するアプリケーションサーバーを追加します。

俊敏性とスピード - 一般的に新しいインフラストラクチャや SAP システムのプロビジョニングには日、週、月単位の時間がかかるところを、数分で完了できます。

セキュリティと耐久性 - 業界が認める資格を持ち、監査に合格している、AWS のセキュアで耐久性ある技術プラットフォームを使用します。

容量計画が不要に - 実質上無制限のコンピューティング、ストレージ、ネットワークキャパシティにオンデマンドでアクセスできます。

既存のデータセンターとの接続も容易 - Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) を活用してデータセンターと AWS クラウド間の接続を作成できます。


AWS Marketplace で SAP BusinessObjects (Decision First Technologies 提供) を使用すると、運用報告、アドホッククエリ、分析、ダッシュボードと可視化、データ調査など、SAP のさまざまな BI ツール一式に数分でアクセスできます。必要な数だけ SAP BusinessObjects ライセンスを購入するか独自に持ち込むオプションにより、クレジットカード情報やライセンスキーを入力するのと同じくらい簡単に自分の SAP BusinessObjects 環境にアクセスしてセットアップできます。詳細はこちら >


AWS では、ホストオペレーティングシステム、仮想化レイヤーから物理インフラストラクチャ、施設に至るまでのコンポーネントを操作、管理、制御します。ゲストオペレーティングシステムと、その上で実行するアプリケーションおよびデータベースはお客様が管理します。

AWS での SAP 環境を実装または管理できない場合や、お客様ご自身で行うことを希望されない場合のために、AWS には SAP と AWS に合わせて調整したサービスを提供している SAP パートナーのネットワークがあります。

AWS パートナーネットワーク (APN) には、AWS プラットフォームで SAP コンサルティングサービスと SAP マネージドサービスの両方を提供する SAP パートナーが参加しており、このコミュニティは拡大を続けています。SAP パートナーは、お客様が AWS での SAP の導入やプロジェクトが価値を生み出すまでの時間を短縮し、AWS プラットフォームで SAP ソリューションを実行する利点を最大化できるよう支援します。

AWS の SAP パートナーが提供するサービスの種類を参照し、AWS の SAP パートナーを見つけるには、SAP パートナーを見つけるをご覧ください。