AWS SDK for .NET を使用して、AWS の使用を迅速に開始します。この SDK は、Amazon S3、Amazon EC2、Amazon DynamoDB などの AWS サービス向けの .NET API を提供するため、コーディングの複雑さが軽減されます。この SDK は NuGet からダウンロードできます。または、MSI パッケージを使用してインストールすることもでき、これには AWS Toolkit for Microsoft Visual Studio 2013 と 2015 版および AWS Tools for Windows PowerShell も含まれています。

AWS SDK for .NET は、NuGet で複数の特定サービス向けパッケージとして配布されるようになりました。パッケージ名の例として、AWSSDK.EC2、AWSSDK.S3、AWSSDK.DynamoDB などがあります。各パッケージは AWSSDK.Core に依存しています。これは NuGet Package Manager でサービスパッケージのいずれかにリファレンスした場合、自動的にプロジェクトへインストールされます。

NuGet でインストール »

AWS SDK for .NET パッケージのインストールには、NuGet の利用を推奨します。NuGet Package Manager は、プロジェクトタイプに合わせて適切なアセンブリ(NET 3.5、4.5、または Portable Class Library)をインストールします。

MSI Installer をダウンロードする »

MSI インストーラの使用を希望される場合、上のボタンをクリックしてダウンロードできます。インストーラには AWS Toolkit for Visual Studio および AWS Tools for Windows PowerShell も含まれます。インストーラには .NET 3.5 および 4.5. のアセンブリが含まれます。

Twitter で @awsfornet をフォローしてください

サーバーレスアプリケーション開発のサポートを含む .NET Core のサポート

.NET Core のサポートにより、.NET standard 1.3 以上の非同期プログラミングモデルを使用することで、AWS LambdaAmazon API Gateway を利用したサーバーレス C# アプリケーションの開発が可能です。

Amazon S3 TransferUtility

Amazon S3 TransferUtility は、シンプルな API により、マルチスレッド化された Amazon S3 マルチパートアップロードを広範に使用することで、スループット、パフォーマンス、および信頼性を向上させます。

Amazon S3 クライアント側暗号化

AmazonS3EncryptionClient は Amazon S3 にアップロードする前にクライアント側でデータを暗号化し、回収時に復号します。どちらの機能もローカルに保存されたユーザー自身の暗号化マスターキーを使用します。

Amazon DynamoDB オブジェクト永続フレームワーク

オブジェクト永続フレームワークは、.NET クラスを Amazon DB 項目にマッピングしてデータを格納および取得します。これにより、アプリケーションレベルのデータ変換とカスタムミドルウェアソリューションが不要になります。

Amazon Glacier ArchiveTransferManager

Glacier ArchiveTransferManager は、高レベル API によって、大きなファイルを自動的にパーツに分割し、チェックサムを計算します。これにより、Amazon Glacier との間のデータ転送が容易になります。

Portable Class Library と Xamarin Project のサポート

AWS SDK for .NET には、.NET 3.5 Framework と .NET 4.5 Framework 向けのアセンブリに加え、モバイル .NET プロジェクトで使用する Portable Class Library も用意されています。SDK は Windows Store、Windows Phone 8.1、Xamarin on iOS および Android を含む環境で構築され、テストされています。必要な NuGet パッケージをプロジェクト参照に追加するだけで、使い始めることができます。

Amazon DynamoDB Session State Provider

ASP.NET セッション状態を DynamoDB に簡単に格納することで、セッション状態の拡大/縮小のボトルネックを取り除きます。


他の開発者とのコミュニケーションを図る: .NET コミュニティフォーラム »

AWS での .NET の使用に関する詳細を確認する: .NET 開発者センター »

コードをすばやく記述する: AWS Toolkit for Microsoft Visual Studio »

最新の SDK に関する詳細を確認する: Change Log »

ソースコードの詳細を確認する: GitHub リポジトリ »


Microsoft Windows Server または Microsoft SQL や Microsoft SharePoint などの Windows Server アプリケーションを AWS で実行にすることに関心をお持ちの場合や、IT プロジェクトに関して AWS 営業担当者のフォローアップをお求めの場合は、ぜひお問い合わせください