Repp Health が AWS を使用して、10 cm 単位で医療アセットを追跡

2019 年

どんなにベストな状況においても、待たされることを好む人はいません。ましてや病院に滞在することは、ベストな状況とはとても言えません。それにも関わらず、病院の施設は複雑で、医療行為で使用される機器も多数あるため、病院の従業員が機器や空きベッド、重要な任務の担当者について調べる間、患者は頻繁に待たされることになります。結果的に生じるであろう患者の不満や損害は、病院が人と機器の動きや場所のインテリジェントなモニタリングを追及するのに十分な理由と言えます。

ヘルスケアにおいてインテリジェントなモニタリングが必要とされるのには、別の理由もあります。病院がスタッフの移動パターンを把握している方が、職場の健全性と安全性を向上させ、人員を効率的に管理することができるからです。また、病院の管理者は、組織全体の購入戦略を策定するために、現在所有している機器とその使用状況を正確に把握する必要があります。

Repp Health はこうしたニーズに応えるため、2018 年に設立されました。このスタートアップは、モノのインターネット (IoT) センサーを使用し、超広帯域技術によって 10 cm の精度で医療資産、スタッフ、患者の位置をリアルタイムで特定するクラウドベースの追跡ソリューションである Repp Locate を提供しています。もう 1 つのソリューションである Repp Vision は、病室に配置されたレーダーセンサーを使用して、転倒などの患者の動きやスタッフなどの訪問者の存在を、身体装着型センサーを使用することなくモニタリングし、電子カルテを更新するソリューションです。どちらのソリューションも、サーバーレスのアマゾン ウェブ サービス (AWS) IoT アーキテクチャで運用されています。

「当社はリソースの限られたスタートアップだったので、AWS 上にソリューションを誕生させました」と、Repp Health の CEO 兼共同創設者である David Sachs 氏は言います。「AWS 上で運用することで、国内最多の医療提供者のニーズに対応できる拡張性の高いソリューションを、他のアプローチの 3 分の 1 のコストで市場に投入できたと試算しています。物理的なインフラストラクチャのコストを抑えることに加えて、すぐに利用できる IoT サービスを活用することで、迅速に実行に移すことができるからです」

Python のチュートリアルを開始する
kr_quotemark

AppSync のサブスクリプション機能のおかげで、状況認識をリアルタイムかつ無限の規模で医療提供者に提供できるようになりました」。

Dan Fox 氏
Repp Health、最高技術責任者

クラウドでの次世代のリアルタイムロケーションサービス (RTLS)

医療施設において資産や人を追跡するというアイデアは真新しいものではありませんが、従来のソリューションには限界がありました。「従来の追跡サービスは、あるセンサーが別のセンサーに近いかどうかといった、イエスかノーかといった 2 択の情報が得られるセンサーに依存していました」と、Repp Health の最高技術責任者 (CTO) である Dan Fox 氏は言います。「これらのソリューションはインフラストラクチャの要件が厳しく、あいまいな情報や不正確な情報が提供される可能性があります。当社のソリューションは、従来の RTLS に比べて最大 10 倍の精度で正確な x、y、z 座標を提供するため、オンサイトのフットプリントが軽くなります。当社は、より正確なロケーションインテリジェンスと価値ある新たな種類の情報によって、追跡を次のレベルに引き上げる機会を見据えています」。

Sachs 氏は、その機会の多くはクラウドコンピューティングによってもたらされたと言います。「クラウドの柔軟性と拡張性がなければ、当社のサービスに成功の見込みはなかったでしょう。さまざまなクラウドベンダーを比較しましたが、サービスの幅広さと成熟度、そしてサーバーレスで HIPAA 準拠のアーキテクチャを実行できるという点から、AWS を選びました」。

Repp Health のロケーションインテリジェンスソリューションは、AWS IoT Core を使用して、トラッキングタグや室内のレーダーセンサーをクラウドに接続しています。このソリューションは、Amazon Kinesis Data StreamsAmazon Kinesis Data AnalyticsAmazon Kinesis Data Firehose を使用して、Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) データレイクに保存されたデータの取り込み、モニタリング、分析を処理するものです。

Repp Health の主な差別化要因の 1 つに、Amazon CloudFront でホストされるウェブインターフェイスがあります。これは、Amazon DynamoDB に保存されているリアルタイムの位置情報を使用して、人気のモバイルナビゲーションアプリに似た青い点 (ドット) によるライブエクスペリエンスを病院のスタッフに提供するものです。

このユーザーエクスペリエンスのカギとなるのが、AWS AppSync のサブスクリプション機能です。これは、GraphQL を使用することで、高度にスケーラブルなアプリケーションが複数のソースからのデータに安全にアクセスし、操作、結合できるようにするマネージドサービスです。AppSync のサブスクリプション機能のおかげで、状況認識をリアルタイムかつ無限の規模で医療提供者に提供できるようになりました」と、Fox 氏は言います。

シンプルな HIPAA コンプライアンスと AWS でのフットプリントの軽さ

AWS 上にソリューションを構築することで、Repp Health では少人数のチームによって迅速に製品を市場投入することができました。「当社の非常に小さなチームは、わずか 7 か月で、洗練された本番アプリをゼロから AWS 上に構築しました」と Fox 氏は言います。「3 年前でさえ、このような開発プロセスには 2 倍の人員と非常に多くの時間を必要としました」。

AWS のツールを使用することで、はるかに簡単にコンプライアンスを実現できるようになりました。AWS のツールがなければ、当社の製品がヘルスケア分野で役に立つことはなかったでしょう。「HIPAA コンプライアンスをはじめとするプライバシー保護は、当社とお客様が非常に真剣に取り組んでいる課題です」と、Sachs 氏は言います。「AWS には HIPAA 対応のサーバーレスのサービスが多数あるため、HIPAA コンプライアンスのあらゆる要件を満たすための大規模なチームや多くの時間は必要ありませんでした」。

より一般的であるデータセキュリティについては、AWS が高い評価を獲得している分野だからこそ、お客様に安心感を与えていると Repp Health は評価しています。「病院の CIO が夜間も眠らない理由の 1 つに、全体的なセキュリティの問題があります」と、Fox 氏は言います。「商談中の病院で、当社の製品が AWS で運用されていることを説明すると、セキュリティに関する話し合いが非常にシンプルになることが分かりました」。

また、CIO からは Repp Health のソリューションのフットプリントの軽さも評価されています。「AWS 上で運用することで、サービスとしてのソフトウェアモデルによる非常に洗練されたテクノロジーを提供できるのです」と、Fox 氏は言います。「ただでさえ混雑している施設にさらに機器を追加することなく、病院のロケーションインテリジェンスを次のレベルに引き上げることができることは、強力なセールスポイントになります」。

このソリューションはサーバーレスなので、新規顧客の追加や既存顧客のスケールアップは Repp Health にとって簡単なことです。「AWS のサーバーレスアーキテクチャを使用すれば、事前にサーバーを計画する必要がありません」と、Repp Health のソフトウェアエンジニアである Danny Lovelace 氏は言います。「病院、フロア、建物、さらにはデータソースを新たに追加しても、サービスを管理および設定し、必要に応じてソリューションをスケーリングするだけです」。

また、サーバーレスアーキテクチャは、将来的な統合や成長の基盤にもなります。「今日、結果の改善とコストの削減は、医療提供者と患者のどちらからも非常に重要視されていますが、目に見えないものを改善するのは困難なことです」と、Sachs 氏は言います。「IoT を通じて取得される状況認識のインテリジェンスを使用すれば、ケアプロセス全体を観察することができます。AWS のおかげで、一連の新しいデータソースを統合、測定し、アクションを実行するための柔軟性を手に入れることができました」。

詳細については、aws.amazon.com/health を参照してください。


Repp Healthについて

Repp Health は、医療提供者がインテリジェンスによって患者、人員、資産の位置や移動をリアルタイムかつ高精度で把握することで、患者の安全を確保し、ケアの有効性を向上させるためのソリューションを構築しています。

AWS の利点

  • リアルタイムのロケーションインテリジェンス
  • 従来のサービスと比較して 10 倍の正確性
  • 競合他社のシステムの 3 分の 1 のコスト
  • 高い安全性と HIPAA 準拠
  • 軽量なインフラストラクチャフットプリント
  • 優れたスケーラビリティ
  • 資産、介護者、患者を追跡
  • アプリケーションのアイデアから本番稼働までを 7 か月で実現

利用している AWS のサービス

AWS AppSync

AWS AppSync を使用すると、1 つ以上のデータソースからのデータに安全にアクセス、操作、結合するための柔軟な API を作成でき、アプリケーション開発がシンプルになります。AppSync は、GraphQL を使用してアプリケーションが必要なデータを正確に取得できるようにするマネージド型サービスです。

詳細 »

Amazon Kinesis

Amazon Kinesis でストリーミングデータをリアルタイムで収集、処理、分析することが簡単になるため、インサイトを適時に取得して新しい情報に迅速に対応できます。Amazon Kinesis は、アプリケーションの要件に最適なツールを柔軟に選択できるだけでなく、あらゆる規模のストリーミングデータをコスト効率良く処理するための主要機能を提供します。

詳細 »

Amazon DynamoDB

Amazon DynamoDB は、規模に関係なく数ミリ秒台のパフォーマンスを実現する、key-value およびドキュメントデータベースです。フルマネージド型でマルチリージョン、マルチマスターで耐久性があるデータベースで、セキュリティ、バックアップおよび復元と、インターネット規模のアプリケーション用のメモリ内キャッシュが組み込まれています。

詳細 »

AWS IoT Core

AWS IoT Core は、コネクテッドデバイスから、クラウドアプリケーションやその他のデバイスに簡単かつ安全に通信するためのマネージドクラウドサービスです。AWS IoT Core では数十億個のデバイスと数兆件のメッセージをサポートしており、それらのメッセージを AWS エンドポイントや他のデバイスに確実かつセキュアに処理してルーティングします。

詳細 »


開始方法

あらゆる業界のさまざまな規模のお客様が、AWS を活用してビジネスを日々変革しています。AWS のエキスパートにお問い合わせのうえ、今すぐ AWS クラウドジャーニーを開始しましょう。