AWS AppSync

リアルタイムおよびオフライン機能を備えたデータ駆動型アプリケーションを構築する

AWS AppSync では、ウェブアプリケーションやモバイルアプリケーション内のデータがリアルタイムで自動的に更新されます。また、オフラインユーザーが再接続するとすぐにデータが更新されます。AWS AppSync により、応答性に優れた協働的なユーザーエクスペリエンスを実現できる、共同のモバイルアプリケーションやウェブアプリケーションを簡単に構築できます。

AWS AppSync を使用すると、iOS、Android、JavaScript、React Native を使ってネイティブなモバイルアプリケーションやウェブアプリケーションを構築できます。AWS AppSync コンソールにアクセスし、シンプルなコードステートメントでアプリケーションのデータを指定して、使用を開始してください。アプリケーションのデータの保存、処理、取得に必要なものすべては、AWS AppSync で管理されます。

利点

GraphQL での迅速なプロトタイプ作成と開発

AWS AppSync を使用すると、アプリケーションのデータ要件をシンプルなコードステートメントで指定し、プロトタイプ作成および開発プロセス中に迅速に反復処理を行えます。AWS AppSync では、オープンの標準クエリ言語である GraphQL を使用しているため、アプリケーションでクラウドからのデータを簡単にリクエストできます。

リアルタイムに共同のモバイルアプリケーションとウェブアプリケーションを構築する

AWS AppSync を使用すれば、共有データがリアルタイムに更新される共同アプリケーションを簡単に構築できます。シンプルなコードステートメントでアプリケーションのデータを指定するだけで、アプリケーションのデータをリアルタイムに更新するのに必要なものすべては、AWS AppSync で管理されます。また、AWS AppSync では、オフラインユーザーが再接続するとすぐにデータが自動的に更新されます。必要なデータのみが取得されるため、メッセージのトラフィックが軽減され、アプリケーションのパフォーマンスやバッテリーの寿命が改善されます。

オフラインユーザーのデータを自動的に管理

AWS AppSync では、オフラインユーザーのデータオペレーションがすべて自動的に管理されます。このサービスでは、オフラインユーザーがアプリケーションデータを利用できるだけでなく、ローカルにアプリケーションデータを追加および更新することもできる、オフラインプログラミングモデルがサポートされています。これにより、オフライン使用時に重要なデータをローカルにキャッシュしてから、デバイスの再接続時にクラウドと同期するアプリケーションを簡単に構築できます。

データの安全性を維持

AWS AppSync では、ユーザーデータおよびアプリケーションデータの安全性を維持できます。このサービスは、Amazon Cognito および AWS Identity and Access Management と統合されているため、データにアクセス可能なユーザーを GraphQL で厳密にコントロールして、詳細なアクセス権限を設定できます。

複数のソースのデータを使ってアプリケーションを構築する

AWS AppSync により、さまざまなソースからデータを簡単に組み合わせることができます。例えば、電話およびウェブの使用量、フィットネストラッカーアクティビティ、ソーシャルメディアの投稿からユーザーのアクティビティデータを組み合わせ、これをロケーションデータと組み合わせて 1 日のユーザーのアクティビティとロケーションをまとめる AppSync アプリケーションを構築できます。AppSync を使用すれば、Amazon DynamoDB 内のデータへのアクセス、AWS Lambda 関数のトリガー、Amazon Elasticsearch クエリの実行をアプリケーションで行い、このようなサービスからのデータを組み合わせて、アプリケーションに実際に必要なデータを供給できます。

データ競合を自動的に解決する

AWS AppSync では、複数のユーザーやデバイス間で共有されるデータの競合を自動的に解決できます。競合は、複数のユーザーが同時に更新を行うと発生します。このサービスには、競合を検出し解決されたことを確認するルールがデフォルトで設定されていますが、AWS Lambda 関数を使って競合解決プロセスに独自のビジネスロジックを追加することもできます。

仕組み

Flow_Diagrams_Reinvent_DeepDish_112617_CM_2

AWS AppSync は一般利用可能です。データ駆動型のモバイルアプリケーションおよびウェブアプリケーションの構築を試してみたい方は、re:Invent のセッション動画で詳細をご確認いただき、AWS AppSync コンソールを開いて使用を開始してください。料金詳細については、料金ページを参照してください。AWS AppSync は複数のリージョンで利用可能です。利用可能なリージョンの詳細については、リージョンの詳細ページを参照してください。

AWS AppSync に関する re:Invent セッション

ユースケース

AWS AppSync は、さまざまな業界、垂直市場、カテゴリにわたって、アプリケーションでリアルタイムのデータ更新やオフライン機能が必要な、すべてのタイプのモバイルアプリケーションやウェブアプリケーションに適しています。以下に、AWS AppSync を使った構築を特に活用できるアプリケーションの例をいくつか紹介します。 

コラボレーションアプリケーション

AWS AppSync により、複数のユーザー共有やコンテンツの共同作業が可能になるアプリケーションを簡単に構築できます。AWS AppSync では、ドキュメント、画像、テキストメッセージ、共有ホワイトボードといったさまざまなコンテンツタイプのデータが自動的に更新されます。

ソーシャルメディア、チャット、出会い系アプリケーション

AWS AppSync は、ソーシャルメディア、チャット、出会い系などのアプリケーションを構築するのに最適です。AWS AppSync により、データタイプおよびソースが異なる複数のユーザーによるメッセージングを管理できます。AWS AppSync では、オフライン時でもユーザーはアプリケーションとやりとりできます。AWS AppSync は再接続時にメッセージを自動的に更新します。

拡張現実およびバーチャルリアリティのトレーニングアプリケーション

AWS AppSync では、オブザーバー付きの手術中の医師や学生に授業中の教師といった、トレーニングアプリケーションや指導アプリケーション向けのデータの管理をサポートできます。このようなタイプのアプリケーションでは、拡張現実およびバーチャルリアリティ (AR/VR) によって、データをその他の情報に結合したり組み込んだりする必要があります。さらに、手術中、または授業のようなインタラクティブなセッション中でも、リアルタイムに更新する必要があります。

ブログ記事

 
 
Richard Threlkred
2018 年 2 月 13 日
 
 
Richard Threlkeld
2018 年 2 月 21 日
構築を始めましょう。
AWS AppSync コンソールを開く
ご不明な点がおありですか?
お問い合わせ