主な特徴

GraphQL

シンプルになったデータアクセスとクエリ

AWS AppSync では、サーバーにあるデータのフェッチ、変更、サブスクライブをクライアントアプリケーションから実行できるデータ言語、GraphQL が使用されます。GraphQL クエリでは、サーバーから返されたデータをどのように構造化するかをクライアントが指定します。これによって、クライアントは必要なデータのみを必要なフォーマットでクエリできます。GraphQL には "自己観察" という機能があり、バックエンドの知識がなくても、プロジェクトの新しい開発者は利用可能なデータを見つけることができます。

リアルタイムのデータアクセスと更新

クライアントとデバイス両方での即時更新

AWS AppSync では、GraphQL サブスクリプションを使用して、データのどの部分をリアルタイムで利用可能にするかを指定できます。GraphQL サブスクリプションはアプリケーションコードに含まれるシンプルなステートメントで、サービスに対してどのデータをリアルタイムで更新するかを指示します。

オフラインでのデータ同期

オフラインでも、Amplify DataStore でデータを操作し、更新する

Amplify DataStore は、ウェブ、モバイル、IoT 開発者向けのクエリ可能なオンデバイス DataStore をローカルファーストの使い慣れたプログラミングモデルで提供し、オンラインでもオフラインでもデータでシームレスにやり取りします。AWS AppSync と組み合わせると、DataStore はクラウドのアドバンストバージョン管理、競合検出、解決を活用して、さまざまなクライアントからのデータを自動的にマージするだけではなく、データの一貫性と整合性を提供できます。

アプリ内でのデータのクエリ、フィルタリング、および検索

AWS データソースへの事前設定済みアクセス

AWS AppSync を使用することで、クライアントアプリケーションはデータ要件を GraphQL によって指定できるため、必要なデータのみがフェッチされ、サーバー側とクライアント側両方でのフィルタリングが可能です。AWS AppSync では AWS Lambda、Amazon DynamoDB、Amazon Elasticsearch がサポートされているため、GraphQL 操作として、簡単な検索、複雑なクエリやマッピング、テキストの全文検索、あいまい検索やキーワード検索、位置情報検索などが考えられます。

キャッシング

頻繁に変更されないデータをキャッシュして、パフォーマンスを向上させます。

AWS AppSync のサーバー側のデータキャッシング機能は、データを高速インメモリ管理キャッシュで利用できるようにし、低レイテンシーでデータを配信することで、データソースに直接アクセスする必要性を減らします。完全マネージド型のため、キャッシュクラスターを管理する運用上のオーバーヘッドがなくなります。 有効期限がカスタマイズ可能な GraphQL スキーマで定義したデータフィールドと操作を、選択的にキャッシュする柔軟性を提供することにより、開発者はビジネスニーズに最適なパフォーマンスを設定できるようになります。

エンタープライズセキュリティと、きめ細かなアクセスコントロール

データの制御

AWS AppSync では、アプリケーションのニーズに応じて、データアクセスと許可にいくつかのレベルを設定できます。シンプルなアクセスはキーによって保護できます。AWS Identity and Access Management のロールを使えば、アクセス許可をさらに制限できます。加えて、AWS AppSync はメールとパスワードの機能について Amazon Cognito のユーザープールと統合されており、ソーシャルプロバイダー (Facebook、Google+、Login with Amazon) や、SAML によるエンタープライズフェデレーションとも統合されています。お客様には、ユーザーとロールを論理的に組織化するためのグループ機能、およびアプリケーションへのアクセスのための Oauth 機能をご利用いただけます。

AWS AppSync 料金の詳細情報

料金ページを見る
始める準備はできましたか?
AWS AppSync コンソールを開く
ご不明な点がおありですか?
お問い合わせ