主な特徴

GraphQL

シンプルになったデータアクセスとクエリ

AWS AppSync では、サーバーにあるデータのフェッチ、変更、サブスクライブをクライアントアプリケーションから実行できるデータ言語、GraphQL が使用されます。GraphQL クエリでは、サーバーから返されたデータをどのように構造化するかをクライアントが指定します。これによって、クライアントは必要なデータのみを必要なフォーマットでクエリできます。GraphQL には "自己観察" という機能があり、バックエンドの知識がなくても、プロジェクトの新しい開発者は利用可能なデータを見つけることができます。

リアルタイムのデータアクセスと更新

クライアントとデバイス両方での即時更新

AWS AppSync では、GraphQL サブスクリプションを使用して、データのどの部分をリアルタイムで利用可能にするかを指定できます。GraphQL サブスクリプションはアプリケーションコードに含まれるシンプルなステートメントで、サービスに対してどのデータをリアルタイムで更新するかを指示します。

オフラインでのデータ同期

オフラインでもデータの操作や更新が可能

AWS AppSync ではオフラインプログラミングモデルがサポートされているため、ユーザーはアプリケーションデータをオフラインでも利用でき、データの追加や更新も実行できます。デバイスがオフラインのとき、アプリケーション UI はオフラインデータによって自動的に更新されます。AppSync では、オフライン時のデータキャッシュ方法や、さまざまなネットワーク条件におけるキャッシュ更新の管理方法を指定します。

アプリケーション内でのデータのクエリ、フィルタリング、および検索

AWS データソースへの事前設定済みアクセス

AWS AppSync を使用することで、クライアントアプリケーションはデータ要件を GraphQL によって指定できるため、必要なデータのみがフェッチされ、サーバー側とクライアント側両方でのフィルタリングが可能です。AWS AppSync では AWS Lambda、Amazon DynamoDB、Amazon Elasticsearch がサポートされているため、GraphQL のオペレーションとして、簡単な検索、複雑なクエリやマッピング、テキストの全文検索、あいまい検索やキーワード検索、位置情報検索などが考えられます。

エンタープライズセキュリティときめ細かなアクセスコントロール

データの制御

AWS AppSync では、アプリケーションのニーズに応じて、データアクセスと許可にいくつかのレベルを設定できます。シンプルなアクセスはキーによって保護できます。AWS Identity and Access Management のロールを使えば、アクセス許可をさらに制限できます。加えて、AWS AppSync はメールとパスワードの機能について Amazon Cognito のユーザープールと統合されており、ソーシャルプロバイダー (Facebook、Google+、Login with Amazon) や、SAML によるエンタープライズフェデレーションとも統合されています。お客様には、ユーザーとロールを論理的に組織化するためのグループ機能、およびアプリケーションへのアクセスのための Oauth 機能をご利用いただけます。

AWS AppSync 料金の詳細情報

料金ページを見る
始める準備はできましたか?
AWS AppSync コンソールを開く
ご不明な点がおありですか?
お問い合わせ