この AWS ソリューション実装では、どのようなことが可能ですか?

このソリューションは、アマゾン ウェブ サービス (AWS) のお客様やビジネスパートナーに、メディアアセットを直接転送する一般的な方法を提供します。

このソリューションは、Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケットを使用して、別の安全な AWS アカウントのパブリッシャーとサブスクライバーの間に共有オブジェクトストレージエリアを作成します。パブリッシャーはアセットをこの共有 S3 バケットにコピーし、サブスクライバーが共有リソースからコンテンツをプルできるようにするアクセス許可を作成します。

利点

安全なアセット転送
ブランク

パブリッシャーとサブスクライバーは認証情報を共有しません。アセットは保管中も転送中も暗号化されます。

データ転送費用を削減
ブランク

同じ AWS リージョン内に GB ごとのデータ送信や転送コストはなく、管理するサーバーやライセンス料もありません。

品質の問題を軽減
ブランク

アセットが S3 データプレーンを離れることがないので、同じリージョンで最大 100GB/秒の転送速度を実現できます。さらに、S3 は、転送前、転送中、転送後にアセットの整合性チェックを行います。

アセット追跡と配信受領

アセットに対するすべての操作は、Amazon S3 サーバーのアクセスログを介して追跡されます。パブリッシャーとサブスクライバーは自動通知を受け取ります。

AWS ソリューション実装の概要

下の図は、ソリューションの実装ガイドと、それに付属する AWS CloudFormation テンプレートを使って自動的にデプロイできるアーキテクチャを示しています。

AWS での Media Exchange | アーキテクチャ図
 クリックして拡大

AWS での Media Exchange のソリューション実装アーキテクチャ

AWS CloudFormation テンプレートは、次のインフラストラクチャをデプロイします。

  1. Amazon S3 バケット。パブリッシャーは、アカウントでユーザーが作成したソース S3 バケットからアセットを選択し、それらを S3 バケットにコピーします。サブスクライバーは、共有 S3 バケットから自分のアカウントでユーザーが作成した送信先 S3 バケットにアセットをコピーします。
  2. S3 バケットのデフォルトの暗号化を設定するための Amazon KMS キー。
  3. オブジェクトが S3 バケットに作成されたときに通知を転送する AWS Lambda 関数。
  4. Lambda 関数から通知を受信するための Amazon EventBridge バス。
  5. サブスクライバーおよびパブリッシャーへの通知用の Amazon Simple Notification Service (Amazon SNS) トピックおよび Amazon Simple Queue Service (Amazon SQS) メッセージ。
  6. パブリッシャーとサブスクライバーをオンボードし、新しい転送契約を設定するための AWS Service Catalog 内の一連の製品。

 

AWS での Media Exchange

バージョン 1.0.1
リリース: 2021 年 7 月
作成者: AWS

見積りデプロイ時間: 8 分

予想費用 ソースコード  CloudFormation テンプレート 
このソリューション実装の更新を受け取るには、下のボタンを使用してサブスクライブしてください。
注: RSS 更新を購読するには、ご使用のブラウザで RSS プラグインを有効にする必要があります。
このソリューション実装は役に立ちましたか?
フィードバックを送る 
動画
AWS ソリューションによる解決: AWS での Media Exchange
アイコンを作成する
自分でソリューションをデプロイする

よくみられるアーキテクチャ上の問題に関して答えを知るため、AWS ソリューション実装のライブラリを閲覧する。

詳細はこちら 
APN パートナーを見つける
APN パートナーを見つける

サービスの開始をサポートする AWS 認定コンサルティングパートナーとテクノロジーパートナーを見つけましょう。

詳細はこちら 
アイコンについて調べる
ソリューションコンサルティングサービスについて調べる

ソリューションをデプロイし、AWS により審査済みのサポートを受けるため、コンサルティングサービスのポートフォリオを閲覧する。

詳細はこちら