AWS Step Functions

分散アプリケーションのための視覚的なワークフロー

4,000 回/月の状態遷移

仕組み

AWS Step Functions は、デベロッパーが AWS のサービスを利用して分散型アプリケーションを構築し、プロセスを自動化し、マイクロサービスのオーケストレーション、データと機械学習のパイプラインを構築できるようにするビジュアルワークフローサービスです。
図は、AWS Step Functions を使用した店舗レジのワークフローです。各ステップごとに AWS Lambda 関数が呼び出されます。

ユースケース

抽出、変換、ロード (ETL) プロセスを自動化

複数の長時間稼働する ETL ジョブを、手動でオーケストレーションすることなく、順番に実行して正常に完了させることができます。

ETL オーケストレーションの詳細はこちら »

セキュリティと IT 機能の自動化

セキュリティインシデント対応のために、手動承認ステップを含む自動ワークフローを作成します。


セキュリティインシデント対応の詳細はこちら »

マイクロサービスのオーケストレーション

複数の AWS Lambda 関数を組み合わせて、応答性の高いサーバーレスアプリケーションやマイクロサービスにすることができます。


サーバーレスワークフローの作成方法を学習する »

機械学習モデルのトレーニング


データを使ってモデルを学習する ML パイプラインのステップを自動化し、順序付けします。


ドキュメントを読む »

開始方法

AWS Step Functions の詳細はこちら

ワークフローの統合およびAWS のサービスの統合を確認する

特徴を調べる »

AWS Step Functions の実際の事例について調べる

Step Functions の新機能や活用方法を見る

最新のブログ記事を読む »

セルフガイドワークショップに参加する

Step Functions の主な機能をインタラクティブなモジュールで学ぶことができます。

今すぐ開始 »

AWS の詳細を見る