クラウドコンセプト、AWS サービス、セキュリティ、アーキテクチャ、料金、サポートの概要については、この無料デジタルトレーニングを受講しましょう。AWS 認定クラウドプラクティショナー試験の準備をしましょう。

AWS Cloud Practitioner Essentials は、AWS クラウドについて、具体的な技術的役割ではなく全体的に理解したい方を対象としています。クラウドコンセプト、AWS サービス、セキュリティ、アーキテクチャ、料金、サポートの概要を詳しくご説明します。

レベル

基礎コース

形態

デジタル、自分のペース

期間

6 時間

このコースを修了すると、次のことができるようになります。

  • AWS クラウドとは何かということ、および基本的なグローバルインフラストラクチャについて定義する。
  • AWS プラットフォームの主なサービスと一般的なユースケース (例: コンピューティング、分析など) について説明する。
  • AWS クラウドの基本的なアーキテクチャ原理を説明する。
  • AWS プラットフォームのセキュリティとコンプライアンスの基本的な側面、および共有セキュリティモデルについて説明する。
  • 請求、アカウントマネジメント、料金モデルを明確に理解する。
  • ドキュメントまたは技術サポート (例: ホワイトペーパー、サポートチケットなど) のソースを特定する。
  • AWS クラウドの価値提案について説明する。
  • AWS クラウドにおけるデプロイと運用の基本的で重要な特徴を説明する。
     

このコースは次のような方を対象としています。

  • 営業担当窓口
  • 法務関連
  • マーケティング担当
  • ビジネスアナリスト
  • プロジェクトマネージャー
  • チーフエクスペリエンスオフィサー
  • AWS Academy の学生
  • その他 IT 関連の専門家

これは入門レベルのトレーニングですが、以下を前提としています。

  • IT 技術の一般知識
  • IT ビジネスの一般知識

このコースでは以下のテーマを取り上げます。

セクション 1: AWS クラウドの概要

  • クラウドのご紹介
  • AWS クラウドのご紹介

セクション 2: AWS テクノロジーの概要

  • サービスおよびカテゴリの概要
  • AWS グローバルインフラストラクチャのご紹介
  • Amazon VPC のご紹介
  • セキュリティグループのご紹介
  • Amazon EC2 のご紹介
  • Amazon EBS のご紹介
  • Amazon S3 のご紹介
  • AWS データベースソリューションのご紹介

セクション 3: AWS セキュリティの概要

  • AWS セキュリティのご紹介
  • AWS の責任共有モデル
  • AWS アクセスコントロールと管理
  • AWS セキュリティコンプライアンスプログラム
  • AWS セキュリティリソース

セクション 4: AWS のアーキテクチャの設計の概要

  • 優れたアーキテクチャのフレームワークのご紹介
  • リファレンスアーキテクチャ: 耐障害性と高可用性
  • リファレンスアーキテクチャ: ウェブホスティング

セクション 5: AWS の料金とサポートの概要

  • 料金の基本
  • 料金詳細
  • TCO 計算ツールの概要
  • AWS サポートプランの概要
aws.training で今すぐ登録