メディアサービス

ライブおよびオンデマンドのビデオストリーミングとその収益化に関するさらなるスキルと知識を、AWS メディアエキスパートから学びましょう。

この学習パスは、AWS Media Services を使い、専用のビデオ機器を使う際に必要とされる時間、労力、費用をかけずに、プロフェッショナル品質のメディアエクスペリエンスを作成する方法を学びたい方を対象としています。基本的な動画の概念から技術的な詳細へと進み、AWS クラウドの動画処理、ストレージ、および収益化のワークフローを使用して、組織がライブおよびオンデマンドのビデオを配信できるようにします。この学習過程には、自分のペースで受講できるデジタルトレーニングモジュールが含まれます。

下記の各ワークフローでコースの詳細をご覧ください。

learning-paths_media-services
  • ビデオの基礎 (任意)

    AWS メディアサービスの基礎を受講する前に、動画の基礎をよく理解しておくことをお勧めします。どの順番で受講してもかまいません。

    AWS Elemental Foundations – 動画圧縮の基礎

    動画を視聴者に届けるために、動画技術がどのように発展してきたかを学びます。このコースでは、動画圧縮の主要コンセプトである解像度、フレームレート、ビットレート、色空間、ビット深度、圧縮方法、コーデック、コンテナについて扱います。

    AWS Elemental Foundations – ビデオ配信の基礎

    動画コンテンツがインターネットでどのようにストリーミングされるかについて説明します。このコースでは、オーバーザトップ (OTT) の動画フローについて説明するとともに、適応ビットレート (ABR) のストリーミングとジャストインタイムのパッケージングによってマルチスクリーンコンテンツ配信における課題をどのように解決するかについて説明します。

    AWS Elemental Foundations – ストリーミングライブ動画の課題

    ストリーミングライブ動画とオンデマンド動画の主な違いについて、ライブワークフローの配信と固有の課題に焦点を合わせて説明します。

  • ライブ動画過程

    ライブ動画処理の基本と、AWS メディアサービスがライブストリーミングワークフローを支援する方法について学びます。実際のアプリケーション用セルフペースラボが含まれています。

    AWS メディアサービスの紹介

    クラウドでのビデオ処理、ストレージ、収益化ワークフローを実装することにより、AWS メディアサービスを使用してライブおよびオンデマンドビデオを配信する方法について説明します。

    ライブストリーミングワークフローについて

    他の AWS サービスで AWS Elemental MediaLive と AWS Elemental MediaPackage を使用してライブ動画ストリーミングワークフローを設定する方法について説明します。

    AWS Elemental MediaLive の概要

    ライブ動画処理サービスの AWS Elemental MediaLive について学びます。このサービスを使用すると、ブロードキャストテレビやマルチスクリーンデバイスに配信するための高品質なライブ動画ストリームのエンコードが可能になります。

    AWS Elemental MediaConnect の概要

    AWS Elemental MediaConnect は、信頼性が高く、セキュアで柔軟な、ライブ動画用の転送サービスで、変換ワークフローとグローバル配信ワークフローを迅速かつ費用対効果の高い方法で構築することができます。

    AWS Elemental MediaPackage の概要

    AWS Elemental MediaPackage は、ビデオ制作、パッケージングサービスです。あらゆる規模でストリーミングコンテンツを安全で確実に配信できるようにする方法について説明します。

    AWS Elemental MediaStore の概要

    メディア向けに最適化された AWS ストレージサービス、AWS Elemental MediaStore について説明します。

    MediaLive、MediaPackage、CloudFront を使ってライブ動画チャネルを構築する

    AWS Elemental MediaLive、AWS Elemental MediaPackage、Amazon CloudFront などの AWS メディアサービスを使用してライブストリーミング動画ワークフローを作成する方法を学びます。

    MediaLive、MediaStore、CloudFront を使ってライブ動画チャネルを構築する

    AWS Elemental MediaStore を他の AWS メディアサービスと組み合わせたパススルー動画の作成および保存サービスとして使用し、ライブストリーミングメディアを配信する方法について学びます。

    Amazon CloudWatch を使用したライブストリーミングワークフローのモニタリング

    Amazon CloudWatch を使用して、AWS Elemental MediaLive、AWS Elemental MediaPackage、Amazon CloudFront で構築されたライブストリーミング動画ワークフローのステータスと正常性をモニタリングする方法について学びます。

    AWS Elemental MediaLive を使用したキャプションの操作

    このコースでは、キャプションの目的の概要について説明します。一般的なキャプション形成の主な差別化要因について説明します。エンドユーザーの要件を通して、エンドユーザーのプロファイルに基づいて機能するライブキャプションワークフローの機能を決定します。

    コンパニオンセルフペースラボであるキャプション付きのライブビデオワークフローを完了して、AWS マネジメントコンソール内でライブキャプション付きのライブストリーミングチャネルを作成できます。

    キャプション付きのライブビデオワークフロー

    このラボでは、サポートされているすべての出力ストリームのクローズドキャプションを含むライブストリーミングチャネルを作成します。このセルフペースラボは、AWS Elemental MediaLive を使用したキャプションの操作の関連コースです。

    ビデオワークフローにおけるデジタル著作権管理と SPEKE プロトコル

    このコースでは、デジタル著作権管理 (DRM) およびセキュアなパッケージャとエンコーダのキー交換 (DRM) プロトコルの概要を示し、これらが AWS Elemental サービスおよびアプリケーションでどのように使用されるかをお見せします。

  • 動画の収益化過程

    AWS メディアサービスを使用して、クラウド内でマルチスクリーンの動画コンテンツをパーソナライズして収益化する方法を学びます。実際のアプリケーション用セルフペースラボが含まれています。

    AWS メディアサービスの紹介

    クラウド上でのビデオ処理、ストレージ、収益化ワークフローを実装することにより、AWS メディアサービスを使用してライブおよびオンデマンドビデオを配信する方法について説明します。

    収益化ワークフローを理解する

    AWS Elemental MediaLive、AWS Elemental MediaPackage、AWS Elemental MediaTailor、および Amazon CloudFront を使用してサーバー側の広告挿入を設定することで、ライブ動画コンテンツを収益化する方法を学びます。

    AWS Elemental MediaTailor の概要

    コンテンツのパーソナライズと収益化のためのサービスである AWS Elemental MediaTailor について説明します。このサービスを使用すると、ブロードキャストレベルのサービス品質を維持しつつ、ターゲット広告付きの動画をビューワーに提供できます。

    AWS Elemental MediaTailor を使用してライブ動画ストリームを収益化する

    サーバー側の広告挿入を実装することで、AWS Elemental MediaTailor を使用してライブ動画配信ワークフローを収益化する方法を学びます。

    ビデオワークフローにおけるデジタル著作権管理と SPEKE プロトコル

    このコースでは、デジタル著作権管理 (DRM) およびセキュアなパッケージャとエンコーダのキー交換 (DRM) プロトコルの概要を示し、これらが AWS Elemental サービスおよびアプリケーションでどのように使用されるかをお見せします。

  • ビデオオンデマンド過程

    大規模なブロードキャストやマルチスクリーン配信向けのビデオオンデマンド (VOD) コンテンツについて説明します。便利なチュートリアルとセルフペースラボが含まれています。

    AWS メディアサービスの紹介

    クラウド上でのビデオ処理、ストレージ、収益化ワークフローを実装することにより、AWS メディアサービスを使用してライブおよびオンデマンドビデオを配信する方法について説明します。

    ビデオオンデマンド (VOD) ワークフローについて

    AWS Elemental MediaConvert、Amazon Simple Storage Service (Amazon S3)、AWS Lambda などの AWS のサービスを使用したビデオオンデマンド (VOD) ストリーミングワークフローのセットアップについて説明します。

    AWS Elemental MediaConvert の概要

    AWS Elemental MediaConvert について学びましょう。AWS Elemental MediaConvert は、ブロードキャストおよびマルチスクリーン配信向けに、オンデマンドコンテンツを誰でも簡単かつ信頼性の高い方法で変換できるファイルベースの動画処理サービスです。 

    AWS Elemental MediaConvert のセットアップと設定

    IAM で AWS Elemental MediaConvert のロールを作成する方法を学びます。また、Amazon S3 を使用して入力バケットと出力バケットを作成および設定する方法についても学びます。

    入力スティッチと入力クリップの実行

    AWS Elemental MediaConvert を使用して複数のビデオ入力を 1 つのファイルにまとめるか、スティッチする方法を学びます。また、MediaConvert を使用して、ファイル全体ではなく特定のセクションを変換する入力クリップを実行する方法についても学びます。

    画像挿入の操作

    AWS Elemental MediaConvert を使用して、動画出力でウォーターマークやロゴなどの画像を別のレイヤーとして挿入する方法を学びます。 

    適応ビットレート (ABR) 出力の作成

    AWS Elemental MediaConvert を使用して、ソース動画をファイルベースと適応ビットレートの両方のストリーミング再生に適した出力グループに変換する方法について学びます。

    マルチトラックキャプション付き出力の作成

    AWS Elemental MediaConvert を使用してマルチトラックキャプション付き出力を作成する方法を学びます。 

    AWS Elemental MediaConvert とビデオオンデマンド

    AWS Elemental MediaConvert を使用して、Amazon S3 に保存されているビデオコンテンツを保存、再利用、配信するための新しいフォーマットに変換するビデオオンデマンド (VOD) ワークフローを開発する方法について説明します。

    MediaConvert 用のサーバーレス動画変換ウォッチフォルダワークフローの作成

    AWS Elemental MediaConvert で動画の取り込みと配信を自動化するウォッチフォルダを作成するために AWS Lambda と Amazon S3 の使用方法を学びます。

    ビデオワークフローにおけるデジタル著作権管理と SPEKE プロトコル

    このコースでは、デジタル著作権管理 (DRM) およびセキュアなパッケージャとエンコーダのキー交換 (DRM) プロトコルの概要を示し、これらが AWS Elemental サービスおよびアプリケーションでどのように使用されるかをお見せします。