数クリックで開始する方法を学びましょう。

フローの設定

フローに名前を付け、直感的な説明を追加して開始しましょう。

 

b Step 2 - select source and destination
 クリックして拡大する
b Step 2 - select source and destination

データソースと宛先を接続する

統合されたアプリケーションのソースと宛先から選択し、認証情報を入力します。

 

a Get started
 クリックして拡大する
a Get started

データフロートリガーを選択する

オンデマンドフローはすぐに 1 回実行され、スケジュールされたフローは指定された間隔で実行され、そしてイベントベースのフローは、販売機会の作成やサポートチケットのステータス変更などのビジネスイベントに応じて実行されます。

c Step 3 - Select Flow Trigger
 クリックして拡大する
c Step 3 - Select Flow Trigger

ソースフィールドを宛先にマッピングする

AppFlow 内でフィールドマッピングを設定するか、フィールドが多数あるデータセットの場合は、バルクフィールドマッピングを含む csv ファイルをアップロードします。必要に応じて、機密財務情報のマスキングや姓と名の組み合わせなど、データフィールドの変換を追加します。

d Step 4 - Map Data fields
 クリックして拡大する
d Step 4 - Map Data fields

データフィルターと検証を追加する

フローに新しいまたは選択したデータフィールドのみを含めるといったオプションのデータフィルターを追加し、さらに数値フィールドに数値が含まれていることを確認するといった検証を追加します。

 

e Step 5 - Set filters and validations
 クリックして拡大する
e Step 5 - Set filters and validations

これでできました!

[Create Flow] をクリックすると、設定したトリガーに基づいてデータのフローが開始されます。ダッシュボードを見直して、いつでもデータフローを確認してトラブルシューティングできます。

 

f - finish
 クリックして拡大する
f - finish
Product-Page_Standard-Icons_01_Product-Features_SqInk
料金の詳細

Amazon AppFlow 製品ページにアクセスする

詳細 
Product-Page_Standard-Icons_02_Sign-Up_SqInk
ドキュメントを見る

デベロッパーガイドで Amazon AppFlow の理解をさらに深めましょう。

詳細 
Product-Page_Standard-Icons_03_Start-Building_SqInk
コンソールで構築を開始する

AWS マネジメントコンソールで Amazon AppFlow の構築を始めましょう。

サインイン